そのニキビはヒゲ剃りが原因?ニキビを治す近道は正しいヒゲ剃りと簡単ケアにあり

「ヒゲを剃った後にニキビができてしまう」
「ヒゲ剃りでニキビを傷つけて出血してしまう」 

このように、ヒゲ剃りが原因でできてしまうニキビや、ヒゲ剃りでニキビを傷つけてしまうことはありませんか?
ヒゲ剃りが原因で、なかなかニキビが治らなくなってしまうという悪循環に陥ってしまうこともあるでしょう。 

実はヒゲ剃りでニキビができてしまうのは、あなたのヒゲ剃りに間違いがあるからかもしれません。

そんなあなたには、ニキビができないための正しいヒゲ剃りを知っていただき、是非ニキビの悩みを解消していただきたいです。

ヒゲ剃りによるニキビの悩みを解決するために、以下の4点を知っておくと良いでしょう。

・間違ったヒゲそりはニキビのもとになる可能性がある
・ニキビを傷つけない正しいヒゲ剃りをする
・正しいスキンケアでニキビを予防・改善する
・ニキビが改善されないならヒゲ脱毛がおすすめ 

これらは、ヒゲ剃りでニキビができ悩んでいる男性も、ヒゲ剃りでニキビを作りたくないと考えている男性にも知っておいて欲しい事柄です。

この記事では、ヒゲ剃りによるニキビで知っておくべき上記4点をご紹介します。
これらの事柄を抑えれば、少しでもヒゲ剃りによるニキビの悩みを解消することができるでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。

0.ニキビの原因とニキビに似た皮膚炎

ヒゲ剃りとニキビの関係を知るには、ニキビができる原因について理解しておく必要があります。

そもそもニキビができる原因は、アクネ菌という常に皮膚の中に存在している菌が増殖するからです。
肌が何らかの影響で乾燥したり、ダメージを受けると、肌のバリア機能を保つために皮脂が過剰に分泌されます。
過剰に分泌された皮脂は、古い角質と混ざり合い皮脂が毛穴に詰まりやすくなります。

そこで、皮脂を栄養とするアクネ菌が増殖しニキビとなります。

また、ニキビと似ている症状として、毛嚢炎というものがあります。

毛嚢炎は、膿を持ったニキビに似ていますが、痛みや痒みは感じず、下の画像のように膿が真ん中にあり周囲は赤みをもっています。

毛嚢炎ができる原因は、ダメージを負った肌や、傷ついた肌に原因菌であるブドウ球菌が入り込むことで発症します。
不衛生にしていると、雑菌が繁殖して炎症を起こします。

ニキビと毛嚢炎の原因菌は異なるだけで、どちらも対処法や予防法・改善法は同じです。

1.当てはまったらニキビのもと?間違ったヒゲ剃りチェックリスト

冒頭でも触れましたが、間違ったヒゲ剃りはニキビの原因になっている恐れがあります。
間違ったヒゲ剃りがニキビの原因になるのは、間違ったヒゲ剃りにより肌にダメージを与えてしまうからです。 

ヒゲ剃りでニキビが出来てしまう原因は、以下の6つがあげられます。
間違ったヒゲ剃りをしているかセルフチェックをしてみましょう。

シェービングフォームを使用していない(空剃りをしている)
毎日深剃りをしている
37℃以上のお湯で洗い流している
ヒゲ剃り後、化粧水や乳液をつけていない
ヒゲ剃り前に洗顔をしていない
カミソリや電気シェーバーの手入れをしていない

各項目の内容については以下でお伝えいたしますので、チェックがついた項目についてはしっかり確認してみてください。

シェービングフォームを使用していない(空剃りをしている

シェービングフォームを使用せず、空剃りをすることがニキビの原因になっている可能性があります。

シェービングフォームは肌を傷つけない働きや、ヒゲ剃り後の肌の乾燥を緩和させる働きを持っています。
そのため、シェービングフォームを使用せずに空剃りをしてしまうと、ヒゲ剃りの際にカミソリや電気シェーバーの刃が肌に触れやすくなり、肌が傷つきやすくなってしまいます。

肌へのダメージや乾燥は、ニキビが発生してしまう恐れがあります。
そのため、シェービングフォームを使用しない空剃りが、ニキビの原因となっている場合があります。

毎日深剃りしている

ニキビの原因は、毎日深剃りをしているからかもしれません。

深剃りで刃を強く肌にあてたり、何度も刃を往復させることで、雑菌など外部刺激から肌を守るバリア機能がダメージを受けます。
ダメージを受けることで皮脂が分泌されると、皮脂で栄養を摂取するアクネ菌が増殖します。

アクネ菌が増殖するとニキビが出来てしまうことがあります。
そのため、深剃りがニキビの原因となっている場合があります。

37℃以上のお湯で洗い流している

ヒゲ剃り前やヒゲ剃り後に、37℃を超える熱いお湯で顔を洗い流すと、肌に必要な皮脂まで落とすことになり肌が乾燥します。

肌が乾燥することで、人間の体は無理に皮脂を作りだし皮脂が過剰分泌します。
そのため、皮脂を好むアクネ菌が集まり、ニキビが出来てしまいやすくなります。

ヒゲ剃り後、化粧水や乳液をつけていない

ヒゲ剃りの後にアフターケアとして化粧水や乳液を使って保湿をしていないと、ニキビができてしまいます。
ヒゲ剃りの後は肌が乾燥しやすくなります。

肌が乾燥することで、肌のうるおいを戻すために皮脂の分泌が増加し、皮脂を好むアクネ菌が増殖しやすくなります。
そのため、ヒゲ剃り後に化粧水や乳液を使った保湿を怠っていると、肌が乾燥し、ニキビの原因となることがあります。

ヒゲ剃り前後に洗顔をしていない

肌には、皮脂汚れや角質、花粉や塵、汗などが多く付着しています。
これらの肌の汚れは刃の滑りを悪くし、肌にダメージを与え、ニキビの原因となってしまいます。

また洗顔をする際は、洗顔料を泡立てて使用しましょう。
泡で洗顔することで、きめ細かい泡が毛穴の奥まで浸透し、毛穴深くの汚れを取り除きます。

カミソリや電気シェーバーの手入れをしていない

ヒゲ剃りで使用したアイテムはこまめに手入れをしていないと、ニキビのもととなってしまうことがあります。
カミソリや電気シェーバーは刃の切れ味が悪くなると、肌に与えるダメージが大きくなるでしょう。

それだけでなく、手入れのされていないアイテムは皮脂汚れや雑菌が付着しています。
それらの雑菌が、ニキビを悪化させてしまう・毛嚢炎を引き起こす恐れがあります。

2.ニキビがある時の正しいヒゲ剃り

ニキビができている方はニキビを悪化させないために、ヒゲ剃りでのニキビを懸念する方はニキビができにくくするために正しい方法でヒゲを剃りましょう。

肌にニキビがある状態でヒゲを剃ると、ニキビにもダメージを与えてしまうことがあります。

特に赤くなっている赤ニキビ(※1)や、膿が見えている膿ニキビ(※2)など、炎症を起こしたニキビの上からヒゲを剃ってしまうと、ニキビが悪化したり、傷つけ出血してしまうことがあるでしょう。


※1赤ニキビ 


※2膿ニキビ

そこでニキビがある肌のヒゲ剃りをする際に、ニキビを悪化させないヒゲ剃りの方法とその方法に適したおすすめアイテムをご紹介します。

是非、ひげ剃りの際にニキビで悩む方は以下の手順を参考にしてみてください。

  1. シェービング前は泡で洗顔
  2. 電気シェーバーで剃る
  3. 肌のアフターケアを必ず行う
手順1.シェービング前は泡で洗顔

シェービングを行う前は、ヒゲを剃る部分を洗いましょう。
皮脂汚れや角質を、洗顔料を使って洗い流すことで、刃を滑りやすくします。

洗顔をする際は、洗顔料を泡立てて使用しましょう
泡で洗顔することで、きめ細かい泡が毛穴の奥まで浸透し、毛穴深くの汚れを取り除きます。

洗顔後は、ぬるま湯で洗顔料をしっかり落としましょう。
ぬるま湯は、余計な皮脂を落とす働きがあります。
熱すぎるお湯は必要な皮脂まで落としてしまう可能性があるので、35度〜37度のお湯を目安にしましょう。

●泡洗顔おすすめ商品

オキシー (Oxy) パーフェクトウォッシュ(価格:594円)

ニキビ予防泡洗顔です。

ワンプッシュの泡タイプの洗顔料で手軽に洗顔をすることが可能です。

Amazonで購入する

手順2.電気シェーバーで剃る

ニキビがある肌には、T字カミソリではなく電気シェーバーでヒゲを剃りましょう。
T字カミソリは、刃が直接肌に当たるため肌やニキビを傷つけてしまいやすいですが、電気シェーバーは、直接刃が肌に触れない構造になっているため、肌を傷つけにくいです。 

手入れのされていない電気シェーバーは、刃の切れ味が悪いと肌にダメージを与えてしまうので、定期的にオイルを塗りましょう。
電気シェーバーによって、推奨されているオイルの塗り方が異なるため、オイルを塗る際は説明書に従ってください。 

電気シェーバーを肌に当てる前に、刃の滑りをよくするためのシェービングフォームを塗布しましょう。
お風呂シェーブが可能な商品は、シェービングフォームを使用することが可能です。
シェービングフォームの泡が良質であれば、肌への負担が少なく肌にダメージを与えることも減ります。 

シェービングフォームを塗ったら、電気シェーバーを肌に垂直に軽く当て、シェービングをしましょう。
垂直に当てることで、肌への負担を減らすことができます。
赤くなっているニキビや、膿を持っているニキビはできるだけ避けるようにしましょう。

●電気シェーバーおすすめ商品

フィリップス 9000シリーズ (価格:18,279円)

主要メーカーモデルのわずか1/5のチカラで肌に密着するため、余分な加圧や摩擦を最小限に留め、肌へのダメージを抑えます。

お風呂での使用も可能なため、シェービングフォームを使用したヒゲ剃りが可能です。

Amazonで買う

●シェービングフォームおすすめ商品

フェザー 薬用ハイシェーブフォーム(価格:702円)

グリチルリチン酸ジカリウムというニキビの炎症を和らげる効果のある有効成分が入っています。

使い続けることでニキビの炎症が収まるのを実感できるでしょう。

Amazonで買う

手順3.肌のアフターケアを必ず行う

シェービング後は、必ず肌の保湿をしましょう
シェービングによって傷つけられた肌は、乾燥しやすくなります。
ニキビが治りにくくなってしまうだけでなく、ニキビが増える原因にもなるので保湿は必ず行いましょう。 

保湿の仕方は化粧水を塗った後に、乳液または保湿クリームを塗るだけです。
化粧水の塗り方や乳液の塗り方については、3章で詳しくご説明します。 

ヒゲ剃り後に使用する保湿効果があるアフターシェーブローションという商品もあります。
ヒゲ剃り後は、アフターシェーブローションでのアフターケアでも構いません。 

アフターシェーブローションを使用する場合、注意していただきたいのは配合されている成分です。
アフターシェーブローションの成分によっては、かえってニキビが悪化してしまうものもあります。 

避けた方がよい成分
・アルコール
・合成界面活性剤
・防腐剤

など、これらが配合されていない商品を選びましょう。

●アフターシェーブローションおすすめ商品

ギャツビー アフターシェーブウォーター(価格:311円)

ニキビの炎症を和らげる効果のあるグリチルリチン酸ジカリウムという有効成分が入っています。さっぱりとした使い心地で、べたつきません。

Amazonで買う

3.ニキビを予防・改善するスキンケア

ヒゲ剃りにおいて、ニキビで悩まないようにするためには、ニキビを予防・改善することも大切です。
朝晩2回の洗顔とスキンケアを正しく行うことで、ニキビの予防や、出来てしまったニキビの改善に繋がります。
ニキビが予防・改善されることで、ヒゲ剃りの時にニキビを傷つけることはなくなるでしょう。

また、日々のスキンケアは肌の質を向上させ強い肌を作り、ヒゲ剃りによるかゆみや痛み、赤みなどを防ぐことが出来ます。 

1日2回のスキンケアを推奨する理由は、肌に不要な皮脂汚れを取り除くためには、2回が適切な回数されているからです。
不要な皮脂汚れを落とすことで、スキンケア用品が浸透しやすくなります。

正しいスキンケアの方法をご紹介します。

  1. 洗顔料を泡立てて優しく洗顔する
  2. ぬるま湯でしっかり洗い流す
  3. 化粧水を塗る
  4. 乳液またはクリームを塗る

1.洗顔料を泡立て優しく洗顔する

手順1でも説明しましたが、泡で洗顔することで、きめ細かい泡が毛穴の奥まで浸透し、毛穴深くの汚れを取り除きます。

洗う時は、強い力で擦らず優しく撫でるように洗顔をしましょう。
洗顔料でしっかり汚れを落とすことで、ニキビの悪化を防ぐことができます。

2.ぬるま湯でしっかり洗い流す

人の体温に近い温度のぬるま湯で洗顔料を洗い流しましょう。
冷水では、皮脂汚れを落としきることができず毛穴が詰まりやすくなります。

逆に熱すぎるお湯は、肌が必要とする皮脂を落としすぎてしまい、乾燥しやすくなります。
どちらもニキビができる原因となってしまうので、洗い流すお湯の温度はぬるま湯にしましょう。

洗い流す際は、ゴシゴシと擦りすぎてしまうと肌を傷つけてしまうので、強くこすらないようにしましょう。

3.化粧水を塗る

洗顔後は肌に不要な皮脂だけでなく、肌が必要とする皮脂まで取りすぎてしまい、乾燥しやすくなります。

そこで、洗顔後に化粧水を塗って肌に水分を補うことで、肌を整えます
ニキビがある肌の場合、肌にダメージを与えない摩擦の少ない手で塗る方法と、ミスト化粧水で吹きかける方法がよいでしょう。

とにかく摩擦を与えないことがポイントです。

化粧水を塗る方法は2種類
●手で塗る方法(ハンドプレス)

清潔にした手のひらに化粧水を出して塗る方法です。
手が不潔だと肌に雑菌などがついてしまい、 肌荒れのリスクを高める恐れがあります。
化粧水は、500円硬貨よりやや大きめの量がおすすめです。
手のひらの化粧水を肌に広げ、510秒おさえるようにしてください。

●ミスト化粧水で吹きかける方法

スプレータイプの化粧水です。
顔の外側から内側に円を描くように、顔全体にスプレーをするだけで簡単に化粧水を塗ることができます。

ミスト化粧水は、ドラッグストアなどでなかなか見かけませんが、100円ショップなどで詰め替え用のスプレーボトルを購入し、市販の化粧水を詰め替えると自分でミスト化粧水を用意することができます。

●化粧水おすすめ商品

オルビス(ORBIS) 薬用クリアローション (価格:1620)

乾燥からくるニキビも、過剰な皮脂からくるニキビもしっかりケアをする100%オイルフリーの化粧水です。

Amazonで買う

4.乳液またはクリームを塗る

手の平に乳液やクリームをとり、顔の中心から外側に向かって伸ばします。
乳液やクリームを塗ることで、洗顔で失われた皮脂膜に代わって乳液やクリームの油分で肌を保護することができます。
それだけではなく、化粧水の水分や成分が失われるのを防ぐ仕上げの役割があります。

注意していただきたいのは、乳液やクリームを塗りすぎないことです。
塗りすぎることで油分を与えすぎてしまい、逆にニキビができやすくなってしまいます。
パッケージに使用量の目安が記載されているので、使用量を守りましょう。

●乳液おすすめ商品

キュレル 乳液(価格:1680)

肌を外部刺激から守る働きの必須成分である「セラミド」が配合されているため、肌荒れしにくい肌になります。

Amazonで買う

4.ニキビが改善されないなら医療機関でヒゲ脱毛がおすすめ!

ここまで正しいヒゲ剃りの方法やスキンケアについてお伝えしましたが、正直毎日のスキンケアやヒゲ剃りを丁寧に行うのは面倒だと感じる方もいるでしょう。

また、今まで正しいヒゲ剃りやスキンケアを行ったが、なかなかニキビのような炎症が改善されなくて困っている方もいるのではないでしょうか。

そのような方に、おすすめできるのが医療機関での「ヒゲ脱毛」です。

ヒゲ剃りによるニキビが改善されない方に、ヒゲ脱毛がおすすめできる理由は2つあります。

・ヒゲ脱毛でニキビの原因であるヒゲ剃りが減少できることがある
・医療機関でのヒゲ脱毛であれば、医師が常駐しているので安心感が持てる

これらについてご紹介します。

4-1.ヒゲ脱毛でニキビの原因であるヒゲ剃りが減少できることがある

ヒゲ脱毛をすることで、直接ニキビが治るわけではありませんが、長い将来までヒゲ剃りをしてニキビができてしまうことを考えると、ニキビの原因であるヒゲ剃りを減少できる可能性があるヒゲ脱毛は効果的でしょう。 

今までのヒゲ剃りを改善し、正しいヒゲ剃りをしても、ヒゲ剃りの刃で肌を傷つけているのは変わりません。
ニキビの発生を軽減することはできるかもしれませんが、完全に決別することは難しいでしょう。 

ヒゲ剃りによるニキビを無くしたいのであれば、医療機関での「ヒゲ脱毛」がおすすめです。

医療脱毛でヒゲ脱毛をしてしまえば、安全にヒゲを無くすことができ、ヒゲ剃りの手間を省くことができるでしょう。
ヒゲ剃りの手間を省くことが出来るということは、ヒゲ剃りで肌に負担をかけることがなくなり、ヒゲ剃りによるニキビが軽減される可能性があリます。 

また、ヒゲ脱毛を行っている医療機関は皮膚科や美容外科のため、ニキビのケア方法などもアドバイスしてくれるかもしれません。

4-2.医療機関でのヒゲ脱毛であれば医師が常駐しているので安心感が持てる

医療機関でのヒゲ脱毛であれば、医師が常駐しています。

ヒゲ脱毛には、稀に火傷などの肌トラブルのリスクがあります。
ヒゲ脱毛における肌トラブルのリスクの中に、ニキビと似た症状である毛嚢炎(もうのうえん)があります。
ヒゲ脱毛の直後は、ヒゲ脱毛のダメージにより毛嚢炎が起こるリスクがあります。

多くの場合、自然治癒しますが、毛嚢炎が悪化してしまった時に医療脱毛であれば医師が適切な処置をします。
万が一の肌トラブルも、医療脱毛であれば安心して受けることができるでしょう。

5.まとめ

ヒゲ剃りで間違った剃り方をすると、肌が傷ついてしまったり、乾燥することで、ニキビになってしまいます。 

ニキビの原因となるヒゲ剃りは以下の6点です。

・シェービングフォームを使用していない(空剃りをしている)
・毎日深剃りをしている
・熱すぎるお湯で洗い流している
・ヒゲ剃り後、化粧水や乳液をつけていない
・ヒゲ剃り前に洗顔をしていない
・カミソリや電気シェーバーの手入れをしていない 

また、ニキビがある時のヒゲ剃りは以下の正しい手順で行いましょう。

  1. シェービング前は泡で洗顔
  2. 電気シェーバーで剃る
  3. アフターケアを必ず行う

この剃り方を継続することで、ニキビの悪化を防ぐことができるでしょう。

また、ニキビを予防・改善するためのスキンケアも大切です。
毎日スキンケアをすることで、ヒゲ剃りに強い肌を作ることができます。 

正しい剃り方や、スキンケアを行ってもニキビが改善されないならヒゲ脱毛がおすすめです。
ヒゲ脱毛をすることで、ニキビの原因となっているヒゲ剃りによるニキビを防ぐことができるでしょう

またヒゲ脱毛では、毛嚢炎ができてしまうリスクがありますが、医師の居る医療脱毛であれば適切な処置をしてもらうことができます。

ぜひ、ここでご紹介したことを実践して、ヒゲ剃りによるニキビや毛嚢炎を解消してください。

参考

https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/34_nikibi/ ❙ 第一三共ヘルスケア
https://www.kobayashi.co.jp/brand/bifnight/ ❙ 小林製薬株式会社
https://proactiv.jp/about-acne/faq/015 ❙ プロアクティブ+
https://gillette.jp/ja-jp/shaving-tips/how-to-shave/oily-acne-prone-skin ❙ Gillette
https://gillette.jp/ja-jp/shaving-tips/shaving-science/why-use-shaving-cream ❙ Gillette
heeps://www.tachikawa-derma.biz/blog/ひげ剃りとニキビについて/ ❙ 立川皮膚科クリニック
https://www.femmy-c.com/nikibi/column/1702/column03/ ❙ フェミークリニック美容皮膚科
https://www.chocola.com/nikibi/symptom03/ ❙ チョコラBB
https://www.shiseido.co.jp/sw/c/dp/special/8.html ❙ 資生堂

 

メンズリゼなら低価格で始めやすい

ヒゲ脱毛を検討していて、「脱毛したくない部位が含まれている」「自分のしたい部位だけで脱毛すると高くなる」といったことを感じたことはありませんか?
人それぞれヒゲの生え方は大きく違います。
そのため、脱毛したいヒゲや残したいヒゲなど、求めることは千差万別です。

求めている脱毛プランが見当たらない場合は、メンズリゼのセレクトヒゲ脱毛」というプランがオススメです。
セレクトヒゲ脱毛」であれば、自分の好きな部位だけを選んで、自分だけのプランを組むことができます。
自分にとって無駄な部位が組み込まれていないため、無駄な費用がなくお得に脱毛を始めることができます。

このプランであれば、分割払いを活用することで、月々3,000円ほどでヒゲ脱毛を受けることができます。

男性にとってヒゲにまつわる悩みは大きいものでしょう。
ヒゲ脱毛をすれば、日々のヒゲ剃りにかかる時間や費用を削減できるだけでなく、肌荒れやニキビなどの肌トラブルについても悩まされなくなるでしょう。

ヒゲ脱毛を考えているのであれば、一度メンズリゼに行ってみるのが良いでしょう。
医師によるカウンセリングは無料です。
ヒゲ脱毛を検討しているのであれば、男性脱毛専門のメンズリゼがオススメです。