【2017最新版】女子オススメの”女子ウケする”男の手料理6選ー簡単レシピ付

女性に料理を振る舞おうと思っても、何を振る舞えば良いのかわからないという方は多いのではないでしょうか。

女性に料理を振る舞う際には、見栄えが良い、ヘルシー、臭いが残らないということを踏まえて、メニューの選定・調理を行うことで喜んでもらえることが多いです。逆に自分の料理と比較する、ダメ出しをする、こだわりが強すぎて、時間もお金もかけすぎる、後片付けをしないということがあれば、女性を不快にさせてしまうので、気をつける必要があります。

そこで今回はモテる男の料理をテーマに、どんなポイントを押さえて料理をするべきなのか、実際にどのメニューが女子にモテるのか、そのレシピをご紹介します。

ぜひこの記事を読んで、女性にモテる料理とは何かを理解し、喜ばれる料理を振る舞ってみてください。

0.モテる男の料理とは?

数々の〇〇男子という言葉がありますが、料理男子はご存知でしょうか?その名の通り、料理を趣味とする男性のことです。多くの女性から「その生活力が魅力的、美味しい料理を振る舞ってくれる・教えてくれる、バーベキューなどのイベントで頼りになる」と人気があり、昨今ではモテる男の条件の1つとされています。

このように女性に高く評価をされている料理男子ですが、具体的に女性はどんな料理を振る舞われたら喜ぶのでしょうか?この章では具体的なメニューの前に心得ておきたい「女性が喜ぶポイント」をご紹介します。

① 見栄えが良い
料理は味だけではなく、その見栄えも大事なポイントです。さらに女性は、SNS映えなんて言葉もある通り、見栄えをかなり重要視します。その点を踏まえて盛り付けをしましょう。
見栄えが良くなるコツは料理とお皿の余白、上に高くを意識して盛り付けることです。同じ料理でも皿に目一杯盛り付けるとボリューム感が出て豪勢に、お皿の余白を多くすることで洗練された落ち着いた印象になります。さらに通常の盛り付けでは平らになってしまいがちですが、高く盛り付けることで、おしゃれにまとめることができます。

 

② ヘルシー
普段からダイエットや美容に気をつかっている女性は、栄養価やカロリーも気にしていることが多いです。いくら美味しくてもただカロリーが高いものには手が出しにくいので、女性に料理を振る舞う際には「ヘルシー」であることを心がけましょう。

栄養価が高く、ヘルシーな主な食材一覧

穀物

玄米、胚芽米、蕎麦

主菜

魚(トロより赤身・白身魚、腹側より背側は脂肪分が少ない)、
鶏むね肉・ささみ(皮を取り除くと尚良し)、卵白、大豆

野菜

生野菜;レタス、トマト、にんじん、ほうれん草、旬の野菜
温野菜;キャベツ、ブロッコリー、ごぼう、アスパラガス

果物

りんご、いちご、アボカド、桃、梨、グレープフルーツ、バナナ(生で食べるのがベター、果糖は砂糖よりも脂肪として体内に蓄積されやすいため摂取過多に注意)

きのこ類

しいたけ、しめじ、まいたけ、マッシュルーム

海藻類

ワカメ、昆布、ひじき

ナッツ類

アーモンド、マカダミアナッツ、カシューナッツ、くるみ

脂肪分

エキストラバージンオイル、グレープシードオイル、アボカド
(油は酸化しやすいため、古いものは使わないのがベター)

③ 臭いが残らない
女性は臭いに敏感です。身だしなみやエチケットの一環として相手に不快感を与えないよう、体臭や口臭など臭いに気を使います。臭いは女性にとってのマイナス要素です。臭いが強いもの、残りやすいものは敬遠される可能性があるので注意しましょう。
▶ 臭いが残りやすい主な食材…にんにく、ニラ、納豆、コーヒー、アルコール

 

1.【30分以内で】女子が喜ぶ!モテる男の料理6選 

前項では女性が男性に作って欲しい料理とはどういうものかについてご紹介しました。
では実際のメニューとしてはどんなものがいいのか?この章で女性が喜ぶメニューを簡単なレシピと料理の際に心得ておきたいポイントをご紹介します。
※各メニューに必要な調理器具・必要な料理用語が記載してあります。分からないものは3章を確認してみてください。

1-1.チャーハン(調理時間10分 難易度★☆☆☆)

チャーハンは女性が男性に作ってほしい料理として人気です。

強火で手早く炒めなければならないチャーハンは、炒めている姿が男らしいといった印象を女性に与えます。チャーハンは工程が少なく、簡単にできる料理ですので、ぜひ作ってみてください。

おすすめのチャーハンレシピ◆牛肉とトマトのチャーハン

1人あたり430kcal 調理時間10
 

難易度 ★☆☆☆  見栄え ★★☆☆  ヘルシー ★★☆☆  臭いが残らない ★★★☆

必要な調理器具;まな板、包丁、木べら、計量スプーン
必要な料理用語;くし切り、大さじ・小さじ

材料(2人分)
牛小間切れ肉…100g
塩こしょう…少々
レタス…1/4
トマト…小1個~2
ご飯…300g
サラダ油…大さじ1
醤油…大さじ1
こしょう…少々

作り方
1.牛肉は塩こしょうで下味をつける。レタスは大きめにちぎり、トマトはくし形切りにする。
2.フライパンにサラダ油を熱し、中火で炒めながら牛肉をほぐしたら、ご飯を加えてさらに炒める。
3.レタス、トマトを加えて、強火で1~2分炒める。レタスがしんなりしたら、醤油とこしょうを加えて味を調える。全体に混ざったら火を止め、皿に盛り付けて完成。

1-2.丼もの(調理時間15分 難易度★☆☆☆)

丼ものはボリュームがあり、男性が作る料理として女性の中ではとてもイメージがつきやすいです。そのため、男らしさをアピールするには丼ものをおすすめします。ただ、女性に提供する際はご飯の量やのせる具材には気を配りましょう。

今回は簡単で短時間でできる鶏そぼろ丼を紹介します。お好みの具をのせてさらに彩りを鮮やかにすることも可能です。

おすすめの丼ものレシピ◆鶏そぼろ丼

1人あたり551kcal 調理時間15
 

難易度 ★☆☆☆  見栄え ★★★☆  ヘルシー ★☆☆☆  臭いが残らない ★★★★

必要な調理器具;鍋、菜箸、計量スプーン
必要な料理用語;大さじ・小さじ

材料(2人分)
◆鶏そぼろ
鶏ひき肉…100g
醤油…大さじ1
みりん…大さじ1/2
酒…大さじ1/2
砂糖…大さじ1

◆卵そぼろ
卵…2
砂糖…大さじ1
みりん…小さじ2
酒…小さじ2
塩…少々

ご飯…適量(200250g

作り方
1.鍋に鶏そぼろの材料全てを入れ、全体になじませるように混ぜる
2.中火にかけて、菜箸2膳(4本)を使って鶏肉がダマにならないように混ぜ、火を通す。
3.鶏肉に火が通ってぽろぽろの状態になったら、鍋底の煮汁がなくなるまで煮詰めて、鶏そぼろは完成。
4.鍋に卵そぼろの材料全てを入れ、混ぜ合わせる。
5.弱火にかけて、鶏そぼろと同じく菜箸2膳を使って混ぜる。ぽろぽろの状態になったら卵そぼろの完成。
6.ご飯に鶏そぼろと卵そぼろを盛り付けて完成。

※卵でチキンライスを包む形が一般的ですが、難しい場合には皿の上で形を整えたチキンライスに半熟状の卵(4の工程)をのせるだけでもOKです。

1-3.パスタ (調理時間15分 難易度 ★☆☆☆)

女性が好きな食べ物として人気の高いイタリアンの中でもパスタは外せません。

パスタといえばナポリタンやペペロンチーノ、ボロネーゼなど様々にメニューがありますが、その中でもおすすめは和風パスタです。ヘルシーで見栄えが良い、さらにアレンジのしやすいメニューでもあります。

おすすめのパスタレシピ◆豚しゃぶと水菜の柚子こしょうパスタ

1人あたり314kcal 調理時間15分 ※パスタを茹でる時間は除く
 

難易度 ★☆☆☆  見栄え ★★★★  ヘルシー ★★★☆  臭いが残らない ★★★☆

必要な調理器具;まな板、包丁、トング(菜箸でも可)、計量スプーン、フライパン
必要な料理用語;ざく切り、大さじ・小さじ

材料(2人分)
パスタ 100g
しゃぶしゃぶ用豚肉…50g
水菜…1/2
オリーブオイル…大さじ1
柚子こしょう…小さじ1/2

作り方
1.豚肉を3~4cm幅に切り、水菜はざく切りにする。
2.パスタを茹でる。茹で汁はおたま1杯分(約50ml)を取っておく。 ※別途パスタの茹で方参照
3.フライパンにオリーブオイルを熱し、豚肉を入れて中火で炒める。火が通ったら、2の茹で汁と柚子こしょうを加えて混ぜ、2のパスタと水菜を加えて再度混ぜ、皿に盛り付けて完成。

※パスタの茹で方

パスタを茹でる際は鍋よりもフライパンを使用することをおすすめします。フライパンを使用することで、水の量が減らせ、沸騰するまでの時間短縮にもなります。

1.フライパンで乾燥パスタの重さ2.5倍の水を沸かす。(パスタ100gであれば水250ml程度)
2.沸騰したら乾燥パスタとパスタの重さの1%の塩を入れ、ふたをして、袋の表示時間通りに中火で茹でる。パスタが焦げたりくっついたりしないよう、軽くかき混ぜ、ほぐしながら行う。
3.茹で上がったら、ザルでお湯を切る。

1-4.しょうが焼き (調理時間25分 難易度 ★☆☆☆)

男性が好きなメニューによく挙げられるしょうが焼きは、スタミナ料理として夏にぴったりです。これをマスターすることで男らしさをアピールするポイントにもなりえます。

さらにしょうが焼きは漬け込むだけでとても簡単に作ることが可能です。

おすすめのしょうが焼きレシピ◆定番のしょうが焼き

1人あたり 279kcal 調理時間25
 

難易度 ★☆☆☆  見栄え ★★☆☆  ヘルシー ★★☆☆  臭いが残らない ★★★☆

必要な調理器具;まな板、包丁、菜箸、計量スプーン、フライパン
必要な料理用語;薄切り、大さじ・小さじ

材料(2人分)
豚ロース薄切り…150200g
玉ねぎ…1/2
醤油…大さじ2
みりん…大さじ1と1/2
酒…大さじ1/2
ごま油…大さじ1/2
しょうが…ひとかけ
※チューブの場合は、大さじ115g

作り方
1.豚肉は半分に(食べやすい大きさでOK)、玉ねぎは薄切りにする。
2.しょうがをすりおろし、豚肉以外の材料全て混ぜ合わせる。
3.混ぜ合わせたタレに豚肉と玉ねぎを20分~30分漬け込む。(適当な容器がなければポリ袋でOK
4.漬け込んだ豚肉を1枚ずつ広げて焼き、両面に十分火が通ったら、皿に盛り付けて完成。

※豚肉は小間切れ肉やバラ肉などでも代用可能です。

1-5.カレー(調理時間30分 難易度 ★☆☆☆)

カレーは男女ともに人気の高いメニューです。

市販のカレールウを使用し、記載通りの作り方であれば確実に失敗しないで、美味しく作ることが可能です。今回は市販のカレールウを活用して、豚肉・牛肉よりもヘルシーなチキンカレーに栄養価たっぷりのきのこも使用したレシピをご紹介します。

おすすめのカレーレシピ◆きのこのチキンカレー

1人あたり572kcal 調理時間30
 

難易度 ★☆☆☆  見栄え ★★★☆  ヘルシー ★☆☆☆  臭いが残らない ★★☆☆

必要な調理器具;まな板、包丁、フライパン2つ、計量カップ、計量スプーン、おたま
必要な料理用語;薄切り、大さじ・小さじ、石づき

材料(4皿分)
鶏もも肉…400g
玉ねぎ…1
しめじ…1パック
エリンギ…2
カレールウ…120g
サラダ油…大さじ2

ご飯…適量

作り方
1.鶏肉は皮を取って筋を切った後、大きめのひと口大に、玉ねぎは1cm幅に切る。きのこ類は石づきを取り、しめじは小房に分け、エリンギは縦を半分に切って薄切りにする。
2.フライパンにサラダ油大さじ1を熱したら、中火で鶏肉の両面に焼き色がつくまで焼き、玉ねぎも加えて炒める。玉ねぎがしんなりしたら、水4カップを加え、ふたをして5分中火で煮る。
3.火を止めてカレールウを溶かし、再び煮立てる。
4.別のフライパンにサラダ油大さじ1を熱し、1のしめじとエリンギを強火で炒め、3に加えてさっと煮る。
5.煮立ったら、ご飯にかけて完成。

※市販のカレールウは脂質と塩分が多く、カロリーは高めです。難易度は上がりますが、よりカロリーを抑えたカレーを作りたい場合には「カレー粉」の使用をおすすめします。

1-6.オムライス(調理時間30分 難易度 ★★★☆)

オムライスも男女ともに人気の高いメニューです。

形が多少崩れていたとしても、それはそれで味が出るのもオムライスの魅力です。
ソースも多種多様ですが、今回は基本のトマトケチャップを使用したオムライスのレシピをご紹介します。

おすすめのオムライスレシピ◆基本のトマトケチャップオムライス

1人あたり578kcal 調理時間30
 

難易度 ★★★☆  見栄え ★★★☆  ヘルシー ★★☆☆  臭いが残らない ★★★☆

必要な調理器具;まな板、包丁、ボウル、フライパン、フライ返し、計量スプーン、菜箸
必要な料理用語;みじん切り、大さじ・小さじ

材料(2人分)
鶏むね肉…100g
玉ねぎ…1/2
バター…大さじ2
トマトケチャップ…大さじ4
塩こしょう…少々
卵…4

ご飯…300g

作り方
1.鶏肉は皮を取って筋を切った後、細切りにして塩こしょうをふり、玉ねぎはみじん切りにする。
2.フライパンでバター大さじ1を溶かし、中火で鶏肉を炒める。焼き色がついたら玉ねぎも加え、しんなりしたらトマトケチャップ大さじ2を加え、全体になじませるように炒める。
3.ご飯を加えてトマトケチャップが全体になじんだら残りの大さじ2を加え、全体が均一な色になるようにさらに炒める。ここで塩こしょうを加えて味を調え、チキンライスは完成。
4.ボウルに卵2個を溶きほぐし、塩こしょうで味を調える。
5.フライパンに残りのバター大さじ1を溶かし、溶き卵を一気に流し入れて数回大きく円を描くように混ぜ、卵をふんわりさせる。半熟状になったら、中央にチキンライスの半量を楕円形にのせ、卵を両端からヘラで折り曲げる。
6.フライパンの片側に寄せて皿に返して盛り付ける。トマトケチャップを少々かけて完成。3~は繰り返し。

※卵でチキンライスを包む形が一般的ですが、難しい場合には皿の上で形を整えたチキンライスに半熟状の卵(4の工程)をのせるだけでもOKです。

 

2.女子ウケ抜群!フライパン1つで簡単「トマトのピザ風チキン」のレシピ-調理時間20分(1人あたり177kcal

それでもやはり何を作っていいのか分からないという方のために、20分で簡単に作れる料理をご紹介します。生地の代わりに鶏むね肉を使ったピザです。ボリュームがありつつ、0章で紹介した食材も使用したヘルシーで見栄えが良い女子に喜ばれる要素が詰まったメニューです。ご飯としてもおつまみとしても代用することができ、さらにフライパン1つでできるため、洗い物も少なく済みます。

必要な調理器具;まな板、包丁、キッチンばさみ、フライパン、フライ返し、麺棒
必要な料理用語;そぎ切り、薄切り、くし切り、輪切り、大さじ・小さじ、石づき
※分からない調理器具・料理用語は3章を確認してみてください。

材料(1枚 直径25㎝)
鶏むね肉…1枚(350400g
玉ねぎ…1/2個 トマト…小2
ビーマン…1個 しいたけ…2
オリーブオイル…大さじ1
ピザ用チーズ…50g
塩こしょう…少々

Ⓐトマトケチャップ…大さじ4
 中濃ソース…大さじ1
 粒マスタード…小さじ2

1.鶏肉は皮を取り、筋を切る。

2.大きめのひと口大にそぎ切りにする。

3.まな板にラップを敷き、鶏肉を並べて、さらにその上からラップをかぶせる。

4.麺棒で鶏肉の厚さが5㎜程度になるまで叩いて伸ばす。ラップを外して塩こしょうをふる。

5.玉ねぎは薄切り、しいたけも石づきを取って薄切り、トマトはくし形切り、ピーマンはヘタと種を取り除いて輪切りにする。

6.Ⓐトマトケチャップ、中濃ソース、粒マスタードを混ぜ合わせる。

7.フライパンにオリーブオイル大さじ1/2を入れてキッチンペーパーなどで全体に広げる。
鶏肉の端を重ねながらフライパンに敷き詰める。

8.ふたをして中火にかけ、5分を目安に焼く。

9.鶏肉を裏返し、オリーブオイル大さじ1/2を周囲から回し入れ、火を止める。
Ⓐを塗る。

10.玉ねぎ、トマト、ピーマン、しいたけをのせてチーズをふりかける。
再度ふたをして、弱めの中火にかけ、5分程度蒸し焼きにする。

11.皿に盛り付け、お好みのサイズに切る。

お好みでバジルやパセリをかけてもOK

 

3.事前に知っておきたい料理の基本

料理を行う上でまずは、事前に知っておきたい料理の基本知識をご紹介します。
どんな調理器具が必要なのか、よくレシピに出てくる料理用語の意味をここで押さえましょう。

3-1.まずは揃えておきたい調理器具一覧

優先度別に取り急ぎ揃えた方が良いもの、料理をするなら後々あった方が便利なものを確認しましょう。  
赤字…必需品 青字…あると便利なもの

計量カップ
1カップ200ml
耐熱ガラスのものであれば、見やすく、電子レンジで加熱もできるので便利。
※炊飯器に付随のカップは1180mlなので注意。

計量スプーン
大さじ115ml、小さじ15ml2本を準備すること。

包丁
さびにくいステンレス製のものが1本用意。

まな板
ポリプロピレン製の白いまな板は手入れがしやすく便利。

皮むき器(ピーラー)
野菜の皮をむく時必要。
横にじゃがいもの芽取りがついていると便利。

フライ返し
フッ素加工の合成樹脂はフライパンを傷つけないので、おすすめ。

木べら
炒めものなど料理を混ぜる時に使用する。

菜箸
30~36cmの長さ、木製のものを用意する。
箸の上に糸がついているものは使いにくいので切っておく。

おたま
煮物や汁物には必需品。

ボウル
直径約23cmと直径約15cm2個を揃える。電子レンジで加熱できる耐熱ガラス製があると便利。

ざる
野菜の水気を切ったり、お米を洗う時に使用する。ふちにボウルに引っ掛けらる突起や持ち手がついているものを選ぶと便利。

フライパン
直径25cm前後のものを用意する。
フッ素加工のものであれば焼きもの、炒めもの、揚げものが可能。

フライパンのふた
蒸し焼き、煮物を作る時に使用する。
フライパンのサイズに合ったものを選ぶこと。


野菜や麺類が茹でられる直径約20cmのものを用意する。
汁物には直径約15cmのものがあると良い。

キッチンばさみ
野菜の根元や肉の筋を切ったり、食材の袋を開ける時に便利。

スライサー
野菜をスライドさせるだけで薄切りや千切りが作れる。

おろし器
大根やしょうがをおろす時に使用する。

3-2.〇〇切り?知っておきたい料理用語

必要な調理器具を揃えたら、実際に料理!とは意気込んではみたものの、レシピを見ても知らない切り方や調理法ばかりでどうしたら良いのか分からないということはありませんか?料理をスムーズに美味しく作るために、下記を押さえておきましょう。

薄切り
1~2mmを目安に端から薄く切る。

輪切り
大根やきゅうりなど切り口が輪になるものをそのまま円形に一定の幅で切る。
※幅は料理によって変わる。

半月切り
輪切りを半分に切った半月形の状態。
食材を縦半分に切り、端から一定の幅で切る。
※幅は料理によって変わる。

いちょう切り
半月切りしたものを半分に切る。
もしくは縦に1/4に切ったものを、端から切る。
※幅は料理によって変わる。

くし形切り
玉ねぎやトマトなどの丸いものを放射線状に均等に切る。

斜め切り
斜めに包丁を入れて端から一定の幅で切る。

そぎ切り
包丁を斜めに入れて手前に引きながら切る。角度によって面の広さを加減する。

乱切り
包丁を斜めに入れて材料を手前に90°回し、再度包丁を斜めに入れる。これを繰り返す。
※大きさは揃える。

短冊切り
長さ45cm、厚さ12mmの板状にし、端から幅1cmに切る。

拍子木切り
長さ5~6cm、厚さ78mmの板状にし、端から幅78mmに切る。

角切り(さいの目切り、あられ切り)
拍子木切りのように棒状に切ったら、90°回転させもう1辺を同じ長さにし、さいころのような立方体に切る。
cm角と記載されることが多い。
1辺が1cmのものをさいの目切り、5mmのものをあられ切りという。

ぶつ切り
形や大きさにこだわらず、端から適当な長さに切る。

ざく切り
3~5cm幅に大雑把に切る。
※葉ものを切る際に主に用いる。

細切り
長さ約46mm、幅約24mmに切る。

千切り
端から幅12mmに切る。
※大根やにんじんなどは厚さ12mmの板状にしてから重ねて千切りする。

みじん切り
1~2mm角に細かく切り刻む。
3~4mm角は粗みじんといいう。

小口切り
ネギなどの細長いものを端から直角に一定の幅に切る。

ささがき
ごぼうやにんじんなど細長いものを、野菜を回転させながら包丁を寝かせて削るように薄く切る。

【砂糖・塩など粉もの、粒状のものの量り方】

計量スプーンに多めすくい、ナイフやスプーンの柄、へらなどで表面ぎりぎりを平らにならす(=すりきり)と誤差が出ない。指で押しつけないこと。

大さじ1・小さじ1…計量スプーンに多めにすくい、スプーンのふちをなぞって平らにする。
大さじ1/2・小さじ1/2…大さじ1・小さじ1を量った後、ナイフの先を中央に入れ、片側の1/2を取り除く。
大さじ1/4・小さじ1/4…大さじ1/2・小さじ1/2を量った後、ナイフの先でさらに半分に分けて1/2を取り除く。
大さじ〇/3・小さじ〇/3…大さじ1・小さじ1を量った後、ピザやケーキの要領で3等分に分けて不要な分を取り除く。
少々…計量スプーンは使用せず、親指と人差し指でつまんだ量。(約小さじ1/8
ひとつまみ…計量スプーンは使用せず、親指・人差し指・中指でつまんだ量。(約小さじ1/5

※計量カップを使って量る際は、計量スプーンで計量カップに入れ、トントン叩かずにスプーンで表面をざっとならして、目盛りに合わせる。

【醤油など液体の量り方】

計量スプーンを平らにして、計量する。

大さじ1・小さじ1…液体が溢れないように、ふちぎりぎりのところまで入れる。
大さじ1/2・小さじ1/2…計量スプーンの約2/3のところまで入れる。

【調味料の重量(g)】
調味料 小さじ1 大さじ1 1カップ
砂糖 3g 9g 130g
6g 18g 240g
醤油 6g 18g 230g
5g 15g 200g
味噌 6g 18g 230g
バター 4g 12g 180g
小麦粉 3g 9g 110g
【火加減】

弱火…炎がフライパンの底に届くか届かない程度。(中火の半分以下)
中火…消火の状態と炎を全開にした状態の中間。炎の先端がフライパンの底に届くくらい。
強火…炎の加減が最大の状態。炎がフライパンの底に勢いよく当たる。

【水加減】

ひたひた…材料の1/31/4が浸っていない状態。煮物の際に用いられる。
かぶるくらい…材料が水面から出るか出ないかの状態。イモ類や根菜を茹でる際に用いられる。
たっぷり…材料が全て浸っている状態。青菜やパスタを茹でる際に用いられる。

【野菜・きのこ類について】

菜は料理をする前に必ず水洗いをして、ふきんやペーパータオルで軽く水気を拭き取ってから使う。きのこ類の水洗いは不要。

また、きのこ類のレシピに出てくる石づきとは、きのこ類の根元の硬い部分で、収穫前の地面や原木についていた部分のこと。硬く食感が悪いため、基本的に料理の際には取り除く。

料理前に揃えておきたい調理器具・押さえておきたい料理用語は以上です。料理前や料理中、分からない時にはここで振り返ってみてください。

 

4.モテない男子がやりがちな料理の失敗

ここまで「モテる料理」をご紹介しましたが、モテる要素の詰まった料理を振る舞ったとしても、女性から敬遠されてしまう場合もあります。その原因はもしかするとメニュー以外にあるかもしれません。

① 自分の料理と比較する、ダメ出しをする

料理を振る舞う際、また振る舞われる際にも絶対にやってはいけないこと作ってもらった料理と自分の作る料理を比較することです。さらに優劣をつけることは「もう料理を作りたくない」対象になってしまいます。

② こだわりが強すぎて、時間もお金もかけすぎる

より美味しい料理を作りたいと思うあまりに時間をかけすぎたり、食材にこだわりすぎたりするのはマイナスポイントとなります。必要以上に手をかければかけるほど「面倒な男」になってしまう可能性があるので、時間もお金もかけすぎない、さっと作れる料理を心がけましょう。

③ 後片付けをしない

料理の終わりは後片付けまでです。どんなに美味しい料理でも、キッチンが散らかった状態では、せっかく美味しく良い気分で食事を終えても台無しです。そういった状態にならないよう、料理をしながら少しずつお皿洗いなどの片付けも並行して行いましょう。
手際や効率の良さ、清潔な面を見せられることで女性から喜ばれ、支持もさらに上がります。

 

5.まとめ

この記事ではモテる男の料理についてご紹介しました。
女性に料理を振る舞う際には以下を心がける必要があります。

・見栄えが良い
・ヘルシー
・臭いが残らない
・自分の料理と比較する、ダメ出しは禁止
・こだわりが強すぎて、時間もお金もかけすぎに注意
・後片付けまで行う

上記を踏まえた上で、今回ご紹介したメニューを参考に、ぜひ女性に気持ちを込めた料理を振る舞ってみてください。