ヒゲを薄くして爽やかに!ヒゲを薄くするための全8方法を大公開!

「もっとヒゲを薄くしたい!」「まだ夕方なのにもうジョリジョリする……。」「ヒゲを剃ってもイマイチすっきりしない。」
ヒゲについてこういったお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

清潔感の足りないヒゲは、女性はもちろんビジネスの場においても毛嫌いされています。
そんなヒゲをどうにか薄くできれば、相手に与える印象は変わってくるのではないでしょうか。

そこで今回は、ヒゲを薄くする方法についてご紹介します。
ヒゲを薄くするメリットもあわせてご紹介いたしますので、ヒゲを薄くすることでどんな未来が待っているか、イメージする材料にしてみてください。

1.ヒゲを薄くする方法

ヒゲを薄くするには、目立たなくさせるもの、量を減らすもの、覆い隠すもの、毛根から無くすものなど、様々な方法があります。

ここではそういった、ヒゲを薄くするための方法についてご紹介いたします。

1-1.正しい方法でのヒゲ剃り

毎日行っているヒゲ剃り。寝起きであっても朝の短い時間で滞りなく済ませることができるかと思います。
ヒゲを少しでも薄く見せたい場合、ヒゲの剃り方を見直すだけでも効果的でしょう。

「ヒゲの正しい剃り方」について考えたことはあるでしょうか。
剃り方についてはあまり考えず、自己流の剃り方でヒゲを処理しているケースが多いかと思います。

実は、ヒゲを正しい手順で剃ろうとすると、T字カミソリと電気シェーバーのどちらを使用するかで手順が少し変わってきます。
簡単にまとめると以下のような違いです。

T字カミソリの場合
・ヒゲを剃る前にヒゲを蒸らす
・まずはヒゲの流れに合わせて剃り、その後流れに逆らって剃る

電気シェーバーの場合
・ヒゲは蒸らさない方が良い
・最初からヒゲの流れに逆らって剃る

手順の他にも、シェービング剤も道具に合わせたものを選ぶ必要があります。

このように、ヒゲを剃る方法には気にすべき事柄がいくつもあり、これらを見直すだけでもヒゲを薄くすることができるかもしれません。

ヒゲの剃り方について詳しく知りたい方はこちら。
【ヒゲを剃る正しい手順】肌トラブルを避けて清潔感を手に入れろ!

1-2.日焼け

剃り残しや青ヒゲが、色白だと余計に目立つと感じたことはありませんか?
白い肌の場合、黒いヒゲはどうしても目立ってしまうものです。
肌を焼き、肌の白さとヒゲの黒さのギャップを減らすことで、ヒゲの存在感を軽減することができます。

時間が経てば日焼けが抜けていくことから、誰でも手軽に試すことができます。
また、日中に活動していれば自然と肌を焼くことが可能ですし、日中に時間が無ければ日焼けサロンを利用するという手段もあります。

ただ、日焼けをすると将来シミになる可能性や、肌の弱い方は日焼けで肌荒れを起こしてしまう懸念があります。
お肌の保湿を心掛けることでシミなどのリスクを軽減することができますので、もし日焼けを試す場合は、お肌のケアにも気をつかうことをおすすめいたします。

1-3.抑毛ローション

抑毛ローションは、皮膚に塗ることで毛穴に浸透し、ヒゲやムダ毛を生やす細胞(毛乳頭や毛母細胞)の働きを抑制することで、ヒゲやムダ毛を細くしたり生えにくくしたりするものです。
ローションの中に、イソフラボンなどの女性ホルモンと似た成分を入れることで、ヒゲの発毛を遅らせます。
洗顔後やシェービング後に塗るだけで済むので、忙しいメンズにも使いやすいでしょう。

塗り続けることで効果を発揮するものなので、効果が出るまでにある程度の期間が必要なことや、人によってはお肌に合わないなどのデメリットがあります。
しかし、保湿や毛穴の引き締めなど、お肌のケアにも良い成分を含んでいることが多いため、ヒゲを薄くすることだけでなくスキンケアにも役立つというメリットもありますので、ゆっくりヒゲを薄くしたい場合には適しているでしょう。

1-4.サプリメント

ヒゲを生やす原因のひとつとして、男性ホルモンが挙げられます。
この男性ホルモンは、骨格や筋肉などをたくましくすることなど、男性らしさを得るために必要なものです。
しかし、男性ホルモンが必要以上に増加するとヒゲを始めとする体毛が濃くなっていきます。

では、男性ホルモンの分泌が抑制されればヒゲも薄くなっていくのではないでしょうか。
男性ホルモンの分泌を抑制するためには、女性ホルモンの働きを活発化させなければなりません。

女性ホルモンを分泌させるものとして、イソフラボンという成分が有名です。
このサプリメントを摂取することで、女性ホルモンを活性化させ、相対的に男性ホルモンの働きを抑制します。

ただ、効果が出るまでには時間を必要とし、効果の具合も個人によって様々です。
また、ホルモンバランスを大きく崩してしまうと、太りやすい体質になったり性欲の減衰などを引き起こす場合もあります。

しかしながら、サプリメントはインターネットで購入できることや、ただ摂取するだけで済むことを考えると、お手軽で非常に始めやすい手段ではあります。
自分にどれほどの効果があるのかを試してみるのも良いかもしれません。

1-5.ヒゲ用コンシーラー

何よりも即効性がある対処法として、コンシーラーでヒゲを隠してしまうというものがあります。
コンシーラーを使うことでヒゲを肌色に塗り、薄く見せようとする方法です。

そもそもコンシーラーとは、ニキビ跡や目の下のクマなどを隠すための女性用コスメです。
メンズ用のコンシーラーの場合はニキビ跡の他に、濃いヒゲや青ヒゲを薄く見せるために使用します。
塗ってすぐに効果があるものなので、忙しいビジネスマンにとって非常にありがたいアイテムとなります。

しかし、あくまで一時的な対処にすぎません。
また、肌に合わない色を購入してしまったり、不慣れなうちは厚塗りしてしまう可能性があったりと、懸念点は多い方法と言えます。

コンシーラーを選ぶ際は、肌の色より少しだけ薄い色を選ぶのがポイントとなります。
また、照明の明かりと太陽光では見え方が変わることが多いので、使用する際はしっかりと太陽光で塗り具合を確認するようにすると良いでしょう。

1-6.家庭用脱毛器

ヒゲやムダ毛に光を当てることで黒いメラニン色素に光を吸収させ、その熱を使ってヒゲを薄くする方法です。
クリニックやエステとは違い、家庭で好きな時に気楽に脱毛を行うことができます。

しかし、家庭で扱えるようになっているため、その照射出力は非常に低いものです。
そのため、永久脱毛効果は見込めず一時的な減毛効果にとどまり、照射をしない期間が長くなると、またヒゲは生えてきます。
また、光の熱で万が一火傷を負ってしまっても自己責任となってしまうので、扱いには注意や慣れが必要となります。

1-7.エステ脱毛(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛)

エステサロンなどで行っている脱毛方法です。
家庭用脱毛機を同じように、黒色のメラニンに反応する光を使いヒゲやムダ毛を弱らせるものです。

エステティシャンでも扱えるよう、照射出力は低いものに設定されているため、こちらも基本的に永久脱毛効果はありません。
照射出力が低いために、医療レーザー脱毛よりも痛みは少ないようですが、脱毛効果も薄いため、施術を続けなければヒゲはまた生えてきてしまいます。

1-8.医療レーザー脱毛

家庭用脱毛器、エステ脱毛と同じように、黒色のメラニンに反応するレーザーを使ってヒゲにダメージを与えるものです。
本来の「脱毛」とは、毛穴の奥にある発毛をつかさどる細胞(毛母細胞、毛乳頭)を破壊することを指します。
細胞を破壊することから脱毛は医療行為とされており、医師の常駐する医療機関でしか行えないと法的に定められています。

細胞を破壊するだけの出力があるため、痛みは強いことが多いようですが、医療機関であれば麻酔の使用が可能です。

医療レーザー脱毛であれば永久脱毛効果を期待できるので、一度施術してしまえばその後はヒゲに悩まされることはなくなります。

2.ヒゲが薄くなることで得られるメリット

「ヒゲの評判は悪いもの」という漠然としたイメージはあるかと思いますが、では実際はどういった評判なのでしょうか。

まず、女性からの評判を見てみましょう。
あるアンケートで男性のヒゲについて聞いてみると、実に85%の女性が男性のヒゲに対して悪い印象を持っていると回答しました。(※1
理由として多くみられたのが「清潔感」に関するものでした。

・汁物を飲んだ時に口ヒゲが濡れて光ってたりすると気持ち悪い

・無精ヒゲは貧乏くさいし汚い
・不衛生な感じがするから
・清潔感がなく汚く見えるので
・よっぽどのイケメンじゃないと不潔っぽい

ヒゲに対してとにかく不潔で汚い印象があり、それが気になって仕方ないようです。

では同性である男性は、ヒゲについてどのように考えているのでうでしょうか。

各企業の現役人事担当者にアンケートを取り、「整っていないと印象が悪くなるポイント」を聞いたところ、70.2%の方がヒゲを挙げました。(※2
また、採用の判断基準として「身だしなみ」や「清潔感」を挙げた方は99.4%にまでのぼりました。
「能力が同程度なら身だしなみに気を使える方を採用する」という意見が見られるほどに重要な項目であるようです。

ヒゲの嫌われ方についてもっと知りたい人はこちら
「ヒゲが嫌い」女性にもビジネスにも嫌われる理由とその対処法を大公開!

 これを見ただけでもヒゲを薄くするメリットが十分にあることがお分かりいただけるかと思います。

ヒゲが薄くなれば、85%の女性から批判されることは無くなるでしょうし、99.4%の人事担当者からも今までより良い印象を持たれるでしょう。

ヒゲひとつでこれだけ大きな効果が見込めるのですから、ヒゲを薄くすることを迷う必要は無いでしょう。

1:https://woman.mynavi.jp/article/150709-47/
2:https://www.mens-rize.com/topics/student.html

3.ヒゲを薄くしづらくしてしまうこと

ここまでヒゲを薄くすることについてお伝えしてきました。
しかし、せっかくヒゲを薄くしようと何かしらの行動を起こしているのに、無自覚にその効果を阻害しているとしたらどうでしょう。

ここではそういった、ヒゲを薄くするためには適さない行動についてお伝えいたします。

3-1.ヒゲを抜く

剃っても剃っても生えてくるヒゲが煩わしいがために、ついヒゲを抜いてしまう方もいらっしゃるでしょう。
中には手癖で無意識に抜いている方もいるかもしれません。
実は、そういったヒゲを抜いたときの刺激が、ヒゲを薄くすることを阻害している可能性があるのです。

ヒゲをはじめとする体毛は、そもそも身体を保護するために生えてきます。
そのため、強い力で引き抜かれたりすると、以前より太く丈夫になって再び生えてくることがあります。
また、ヒゲを抜くことでお肌にも強い刺激が伴い、肌荒れを起こすリスクも高まります。
お肌が荒れてしまうと、普段のヒゲの処理もうまくいかなくなり、肌荒れと剃り残しで印象を悪くしてしまうこともあるかもしれません。

ヒゲを抜く習慣がある人はなるべく控えるようにしましょう。

ヒゲを抜くことのリスクはこちら
【癖になっていたら要注意】ヒゲを抜くことで招きうるリスクの代表例と改善方法一覧

一度剃ると濃くなる?

始めてヒゲやムダ毛を剃った後、その部位の毛が濃くなったと感じたことはないでしょうか。

これは、ヒゲ自体が濃くなったのではなく、細かった毛先が剃り落とされ根本近くの太い断面が見えるようになったために、濃くなったと錯覚するのです。

3-2.筋トレ

男性ホルモンが発毛に関係していることは良く知られたことかと思います。
この男性ホルモンは、実は筋肉の肥大化にも関係しています。

そのため、筋トレをすることで男性ホルモンの分泌が促進されてしまい、それに伴って発毛細胞の動きも活発になってしまいます。

ただ、ジョギングや水泳などの有酸素運動であれば、男性ホルモンの作用は比較的小さいので、少しでもヒゲを薄くしたいと考えている方は、こういったトレーニングの方法を選ぶと良いでしょう。

3-3.偏った食生活

実は、ヒゲを薄くすることを阻害する食べ物が存在します。
肉類やネギ類、卵などがそれです。

タンパク質を多く含む食材やそれらとの食べ合わせで、男性ホルモンの一種であるテストステロンを増加させてしまいます。
男性ホルモンが活発になれば、必然的に発毛を促す作用も活発になります。

ヒゲを少しでも薄くしたい場合は、牛肉や豚肉などの赤身や鳥のモモ肉、玉ねぎなどの摂取をなるべく控え、野菜中心の食生活にすることを意識すると良いかもしれません。

3-4.乱れた生活習慣

睡眠不足や不規則な生活習慣はホルモンバランスを崩してしまう可能性があります。
ホルモンバランスが崩れることで、男性ホルモンが過剰分泌されることもあり、これがヒゲや体毛を薄くしづらくする原因となる場合があります。

アメリカの国立心肺血液研究所のガイドライン(※)では、成人の睡眠時間として78時間は必要だとしています。
この時間を目安に生活リズムを見直すことで、ヒゲを薄くしやすくすることができるかもしれません。

National Institutes of Health How Much Sleep Is Enough?
出典:https://www.nhlbi.nih.gov/health/health-topics/topics/sdd/howmuch 

4.まとめ

ヒゲを薄くするためには以下の方法が考えられます。

・ヒゲ剃りの方法を見直す

・日焼けをする

・抑毛ローションを塗る

・イソフラボンのサプリメントを飲む

・ヒゲ用コンシーラーを使う

・家庭用脱毛機を使う

・エステ脱毛(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛)に通う

・医療レーザー脱毛で永久脱毛する

また、ヒゲを薄くすることで、女性からの印象を良くすることができるだけでなく、ビジネスの場においても与える印象に差が出ます。

しかし、ヒゲを薄くするには適さない行動もあります。
それは、筋トレや乱れた生活習慣などのホルモンの分泌に関わるものと、ヒゲを抜くなどの毛穴や肌に刺激を与えるものです。
これらはヒゲやムダ毛を薄くすることを阻害する可能性があるので、なるべくなら避けるようにしましょう。

ヒゲを薄くすることで悩みが解消されるだけでなく、多くのメリットも得られることが分かったかと思います。

良いことばかりですので、是非とも思い切ってヒゲを薄くしてみてください。