ヒゲのお悩み解消!医療レーザーが叶える理想的なヒゲ脱毛を徹底解説

毎日のヒゲの処理にお悩みではないですか?
もっと楽になればいいのに、上手く決まらない、肌が荒れてしまう等、ヒゲに対する悩みは様々あります。

ヒゲの悩みを解消する手立てとして「医療レーザー脱毛」があります。
一般的にレーザー脱毛や医療脱毛と呼ばれることが多いこの脱毛方法は、特殊なレーザーが毛根にダメージを与える事で永続的な脱毛効果を得ます。
実はこの医療レーザー脱毛は2種類しかない永久脱毛の方法の1つであり、さらには照射回数や照射方法を工夫することで希望の薄さ、様々なデザインを作り上げることができまるのです。

そこで今回は医療レーザー脱毛によるヒゲ脱毛の有用性、どのようにしたら希望のヒゲを手に入れられるのかをまとめました。
ぜひこの記事を参考に、ヒゲのお悩みを解消し、理想的なヒゲを手に入れてください。

1.レーザーによるヒゲ脱毛の有用性

脱毛であれば発揮する効果は全て同じだと思っている方も多いですが、実は脱毛方法によって効果には大きな差が生じます。
ヒゲ脱毛を考えている場合、医療機関での脱毛のように痛みは伴うが永続的な効果を期待できる方法と、エステや家庭用脱毛器のように痛みはないが一時的な減毛効果しか期待できない方法があることをしっかりと理解した上で、その中で最適な方法を選ぶ必要があります。

1-1.ヒゲ脱毛をするならレーザーが1番

様々なヒゲの処理方法はありますが、根本的にヒゲ脱毛ができるのは永久脱毛が可能な医療レーザー脱毛かニードル脱毛(針脱毛)のみです。
医療レーザー脱毛は黒い色素(メラニン)にのみ反応するというーザーの特性を利用し毛根にダメージを与える事で永続的に脱毛効果を持続させる方法です。
医療レーザーは出力エネルギーが強力な分、強い痛みを伴いますが、技術は日々進歩しており、現在では、従来とは比べものにならない程、高い効果と照射スピードで効果を実感することが可能です。

ニードル脱毛(針脱毛)は毛穴ひとつひとつに対して針を差し込み、毛穴奥深くある毛乳頭に電気を与えることで、毛根を死滅させる脱毛方法です。
脱毛効果は非常に高く、医療レーザーでは脱毛できない部位(目の下や乳首)も脱毛が可能で、ヒゲのような毛穴が深い体毛にも圧倒的な効果を発揮します。
しかし、毛穴1つ1つに手作業で針を差し込み、電気を流す事から強い痛みを伴い、処置にかかる時間や料金も高額になります。スタッフへの技術的要求も高く問われます。
男性のヒゲは2万本~3万本と言われており、計算をすると毛穴1つに対して平均4.5秒=31.25時間、35本で平均2,500円のため計150万円以上かかることになります。

一方、医療レーザー脱毛はヒゲ全体(鼻下・ほほ・アゴ・アゴ下)への照射を行っても計12万円前後が相場です。
料金や痛み、リスクの面から考えて、ヒゲ脱毛を行う場合は「医療レーザー脱毛」がおすすめできます。

ヒゲ全体(鼻下、ほほ、アゴ、アゴ下)を医療レーザー脱毛した方の効果


※脱毛前から髭を整えていたため、少し分かりにくいですが、以前はのど仏周辺まで髭の剃り跡(毛根)がありました。

※以前はほほまで髭の剃り跡がありましたが、脱毛後はフェイスライン以外、ほぼ剃り跡はありません。

12.ヒゲ脱毛を医療レーザーで行った人たちの体験談

前述のように医療レーザーは出力エネルギーが強力な分、強い痛みを伴います。

さらにヒゲは濃く太い毛がしっかり生えているため、レーザーの反応も強く出ることが多く、他の部位よりも強い痛みを感じます。

https://www.mens-rize.com/monitor_blog/5775.html
麻酔無しで行いましたが、予想より痛かった・・・レーザーあてる際に、何度か途中で待ってもらいながら施術していただきました。 輪ゴムをあてる感覚だと他の方のモニターブログから情報得ていたのですが、アゴや鼻下部分はとても痛かったなぁ・・・我慢できない範囲ではないけど、麻酔も選択肢に入れた方が良さそうでした。

https://www.mens-rize.com/monitor_blog/5160.html いざやってみると……場所によるけどやはりめちゃくちゃ痛い(笑)
アゴの際など毛が濃くてなおかつ骨が近いとこは笑える痛さです。 鼻下もやばかったです。
ヒゲやったあとはOラインをやらなきゃなのに背中やお尻が汗でびしょびしょになってしまいました


しかし、強い痛み=レーザーが反応していることでもあり、十分な効果を感じられることも確かです。

手入れがかなり楽になりましたし、あっという間に剃れるので苦にならなくなってきました。
https://www.mens-rize.com/monitor_blog/5243.html

ヒゲ剃り後の肌のヒリヒリがなくなったので、それだけでも脱毛してよかったと思いました。
https://www.mens-rize.com/monitor_blog/5740.html

今までは朝に剃ったヒゲが夕方には、チクチク生えてきておりましたが、脱毛後は夕方でもヒゲが気にならなくなりました。
毎朝のヒゲ剃り時間も圧倒的に時短となり、肌荒れも減ったと個人的には感じています。
https://www.mens-rize.com/monitor_blog/5972.html

髭剃りを2,3日おきにしかしなくなったので、肌の調子が良くなり、しかも青髭も解消されて、脱毛するなら最終的にこの状態までもっていきたいなと思いました(笑)
https://www.mens-rize.com/monitor_blog/5728.html

やっぱり周りの女友達とかもヒゲは本当苦手な子が多くて脱毛した方が良いって行っていたのでもっと早くに脱毛すればよかったと少し後悔気味ですがするとしないとじゃあ全然違うので地道に通って行こうと開き直りました!!笑 
https://www.mens-rize.com/monitor_blog/5731.html

ヒゲ脱毛を行うことの様々なメリット

  • ・ヒゲ剃り時間や手間の短縮

    ・ヒゲ処理にかかる費用の節約

    ・夕方には伸びてくるヒゲに悩まない

    ・シェーバー・カミソリ負けによる肌荒れからの解消

    ・青ヒゲがなくなる

    ・整えたヒゲがずっと維持できる

    ・清潔感のある印象を手に入れられる

    ・コンプレックスの解消で自信を持てる

 

2.医療レ―ザー脱毛ならツルツルも薄くもデザインも可能

医療レ―ザー脱毛を行うことで「ツルツル」「適度に薄く」「好みのデザイン」などどんな希望も叶えることが可能です。
しかしながら医療レーザー脱毛は毛周期の関係により、1回の施術で見込める脱毛は全体の10%、多くて20%ですので、希望に合わせて照射回数を決める必要があります。

21.ツルツルにするなら810回照射

毛周期の関係で3回目の照射までは6~8週間の間隔で照射を行っていき、4回目以降はご自身の毛量・毛質を確認し、個人の毛周期に合わせて生え揃ったタイミングで照射を行います。ツルツルにするのであれば8回~10の照射を行うことが一般的で、期間としては1年~2年程度必要となります。

22.適度に薄くするなら5回~8回照射

適度に薄くする場合も同様、毛周期の関係で3回目の照射までは6~8週間の間隔で照射を行っていき、4回目以降はご自身の毛量・毛質を確認し、個人の毛周期に合わせて生え揃ったタイミングで照射を行います。この場合、5回~8回の照射を行う方が多く、期間としては半年~1年半が一般的です。

23.どんなデザインも医療レーザー脱毛なら可能

女性と違い、男性は全てのヒゲをなくすのではなく「全体的に薄くしたい」「一部分は残しておきたい」といった要望を持つ人も多くいます。毎日決まったデザインに整えることはなかなか手間がかかりますが、医療レーザー脱毛を行うことでそういった手間を省き、さらには剃りすぎなどの失敗をも防ぐことができます。

それぞれに似合うヒゲのデザインは、伸ばす場所や顔の形によって変わってきます。今回はデザインヒゲを楽しむにあたり、参考になる様々なデザインヒゲを8パターンご紹介します。

アゴヒゲタイプ

アゴだけを残したシンプルなスタイルです。輪郭に沿ってラインをデザインすることでキレイな形になります。芸人のオリラジ中田敦彦さんもこのタイプです。

くち&アゴタイプ

鼻下とアゴヒゲを残したシンプルで男らしいスタイルです。それなりに清潔感を出すことができる人気のスタイルです。

無精ヒゲ風タイプ

シンプルな無精ヒゲだからこそ毛量と形が大事です。ただし、ビジネスシーンにおいてはあまりふさわしくないかもしれません。

くちヒゲタイプ

鼻下だけを残した定番スタイルです。ビジネスシーンでもよく見かけるデザインですが、若い人には不向きかもしれません。

ワイルドタイプ1

ワイルドながらも清潔感のある玉山鉄二さんスタイルです。全体の毛量を薄めにすることがポイントです。

ワイルドタイプ2

男らしくかっちりしたスタイル。
アゴ下の形を整えることでワイルドながらも清潔感をキープできます。

ワイルドタイプ3

アゴ下を広めに残した野性味あふれるスタイルです。アゴがシャープな人におすすめです。

ワイルドタイプ4

意外と誰にでも似合うワイルドな竹野内豊さんのスタイルです。ビジネスシーンにおいてはあまりおすすめできません。

 

3.ヒゲを医療レーザー脱毛する時の費用

ヒゲを医療レーザー脱毛する場合、多くの医療期間が5回以上でコースを設けています。
この章では全国26医療機関の5回コースの場合にかかる価格の最低額・平均額・最高額をご紹介します。
※5回を超えるコースの場合、均等割り×5で計算

ヒゲ全体(鼻下・ほほ・アゴ・アゴ下)

最低額 平均額 最高額
52,000円 約120,000円 180,000円

鼻下

最低額 平均額 最高額
12,960円 約34,900円 118,750円

ほほ

最低額 平均額 最高額
21,600円 約59,340円 185,700円

アゴ

最低額 平均額 最高額
12,960円 約32,200円 85,700円

アゴ下

最低額 平均額 最高額
15,000円 約44,900円 100,000円

 

4.ヒゲを医療レーザー脱毛する時のリスク

医療レーザー脱毛は医療行為です。
医療行為には必ず副作用やトラブルが起こるリスクがあります。
ただし、医療機関であれば医師が常駐しており早急な対応が可能なため、何かトラブルがあった際も安心して脱毛を行うことができます。

照射直後の赤みやヒリヒリ感、むくみ(炎症性浮腫)

レーザーを照射した後によって見られる皮膚の炎症反応です。大抵は時間の経過と共にすぐに治まりますが、肌の弱い方は数日ヒリヒリ感が残る可能性があります。

毛嚢炎

脱毛した箇所に白いニキビのようなものや赤いブツブツができる症状です。レーザーの熱によって毛穴が傷つき、そこから細菌感染を起こすことで炎症を起こすことがあります。この炎症が毛嚢炎です。

泥棒ヒゲ

照射後に、一時的にヒゲが濃く見える症状です。実際に濃くなったわけではなく、皮膚表面に出てきていない毛がレーザー照射の熱により膨張して、皮膚表面が黒く見えています。毛にハリやコシがなく、照射後は皮膚もむくんでいるためヒゲ剃りでなかなか剃れません。個人差はあるものの、基本的に一定期間を過ぎると抜け落ち解消されます。

打ち漏れ

医療レーザー脱毛において照射ミスにより部分的にヒゲが残ってしまうことですが、レーザー照射後、すぐにヒゲが抜けなければ打ち漏れというわけではありません。一か所に集中してヒゲが残っていたり、1列ヒゲが残っていたりすると打ち漏れということなります。

火傷

体毛の個人差やその日の肌の状態などを見極めた上でそれぞれにあったレーザーの照射出力を行わなければ火傷を引き起こす可能性があります。

増毛化・硬毛化

増毛化・硬毛化とは、医療レーザー脱毛において照射を受けた部位の産毛が逆に濃くなったり、太くなったりする症状です。ヒゲは太く、濃い毛が生えているので、起こる可能性は他の部位と比べると低いですが、0%ではありません。増毛化・硬毛化の原因には諸説ありますが、はっきりとした原因は未だ解明されておりません。

 

5.まとめ

今回の記事では理想的なヒゲ脱毛を行うには「医療レーザー脱毛」が最適だという事をご紹介しました。

医療レーザー脱毛は2種類しかない永久脱毛の方法の1つであり、特殊なレーザーが毛根にダメージを与える事で永続的な脱毛効果を得ます。

その医療レーザー脱毛で理想的なヒゲを手に入れるためには

ツルツルにするなら8回~10回照射(期間:半年~1年半程度)
適度に薄くするなら5回~8回照射(期間:半年~1年半程度)

を目安に照射を進めていく必要があります。

さらに医療レーザー脱毛なら希望のデザインに仕上げることも可能なので、ぜひこの記事を参考に自分に似合う理想のヒゲを手に入れ、ヒゲのお悩みを解決してみてください。