ヒゲ(髭)脱毛にもリスクはある!リスクの軽減方法を完全網羅

「ヒゲ脱毛を検討しているけど火傷とか怖い」「ヒゲ脱毛のリスクを軽減する方法はないの?」
ヒゲ脱毛をしてみたいけど、リスクについて懸念している方も多いのではないでしょうか。

実は、ヒゲ脱毛のリスクには色々なものがあります。

・泥棒髭
・ニキビ、毛嚢炎
・火傷
・打ち漏れ
・肌荒れ、乾燥
・内出血
・感染症

しかし、これらのリスクは必ず起こるものではありませんし、ヒゲ脱毛の種類によっては引き起こされないものもあります。

そこで今回は、ヒゲ脱毛で懸念されるリスクと、ヒゲ脱毛の種類の関係について取り上げます。
リスクへの懸念を少しでも解消していただき、ヒゲ脱毛への理解を深めてください。

0.ヒゲ脱毛の種類

「ヒゲ脱毛」とひとことに言っても、それには様々な種類があります。
色々な分け方がありますが、効果について考えた場合、「医療脱毛」と「その他の脱毛」の2つに分けることが出来ます。 

医療脱毛は「永久脱毛効果」を見込める脱毛方法です。
それに対してその他の脱毛は「一時的な減毛・抑毛効果」に留まります。

医療脱毛 医療レーザー脱毛
ニードル脱毛
その他の脱毛 エステ脱毛
ワックス脱毛
家庭用脱毛器

これらヒゲ脱毛の種類について少しでも知っておかなければ、ヒゲ脱毛のリスクへの理解は得られないでしょう。

ここではヒゲ脱毛の種類について少しご紹介いたします。

医療レーザー脱毛

黒色(メラニン色素)に反応するレーザーを使用し、発毛に関わる細胞(毛母細胞)を破壊するものです。
ヒゲにレーザーが吸収され、それが熱に変換されることで毛母細胞にダメージを与えます。

施術者は医療従事者ですが、熱を扱う方法なので、それ相応のリスクが伴います。

ニードル脱毛(針脱毛)

毛穴に針を挿入し、電気を流すことで毛母細胞を破壊します。
白髪にも脱毛効果を与えられる、100年以上の歴史がある脱毛方法です。
毛穴11つに施術をすることから、施術時間や費用がかさみやすいので、医療レーザー脱毛後の仕上げとして活用すると良いかもしれません。

脱毛効果は高いですが、毛穴に直接針を挿入するので、その分特有のリスクもはらんでいます。

エステ脱毛(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛)

メラニン色素に反応する光を使用している点で、仕組みについては医療レーザー脱毛と似ています。
しかし、与えられる効果としては「一時的な減毛・抑毛効果」です。
本来の「脱毛」は、細胞を破壊することから医療行為であると定められています。

エステサロンで行われるエステ脱毛では、脱毛効果を与えられず、ヒゲの密度を一時的に薄くしたり、成長を遅らせる程度の効果に留まります。
出力は低いとはいえ、医療レーザー脱毛同様、熱を扱うので注意が必要です。

ワックス脱毛

温めたワックスを脱毛したい部位に塗り、ワックスがヒゲを絡めた状態で冷えてきたら、専用のシートを使い、ワックスごとヒゲを引き抜く方法です。
ヒゲを毛根から引く抜くことができますが、毛母細胞は毛穴内に残るため、脱毛効果は得られません。

瞬間的にヒゲを無くすことはメリットですが、普通の体毛よりも太くて根深いヒゲを無理矢理引き抜くのはお肌や毛穴にストレスを与えます。

家庭用脱毛器

メラニン色素に反応する光を利用しているので、エステ脱毛と仕組みはほぼ同じです。
しかし、家庭で扱えるよう、照射出力はエステ脱毛よりさらに低くなっています。
照射出力はかなり低いとはいえ、熱を扱うので注意すべきことはあります。

1.ヒゲ脱毛のリスク

ここまで、リスクとヒゲ脱毛には様々な種類があることをお伝えしてきました。
では、これらはどのような関係性にあるのでしょうか。 

考えられるリスクと脱毛方法を一覧にすると、下記のようなものになります。

医療レーザー脱毛 ニードル脱毛 エステ脱毛 ワックス脱毛 家庭用脱毛器
泥棒髭 リスク有り リスク無し リスク有り リスク無し リスク有り
ニキビ、毛嚢炎 リスク有り リスク有り リスク有り リスク有り リスク有り
火傷 リスク有り  リスク有り リスク有り リスク無し リスク有り
打ち漏れ リスク有り リスク無し リスク有り リスク無し リスク有り
肌荒れ、乾燥 リスク有り リスク有り リスク有り リスク有り リスク有り
内出血 リスク無し リスク有り リスク無し リスク有り リスク無し
感染症 リスク無し リスク有り リスク無し リスク無し リスク無し

懸念されるリスクが違うのは、ヒゲ脱毛の方法の仕組みが違うためです。
脱毛の仕組みが違えば、ヒゲや毛穴への作用もかわってくるために、懸念されるリスクも変わってきます。

これらのリスクがどのようなものなのか、詳しくお伝えしましょう。

1-1.泥棒髭

医療レーザー脱毛やエステ脱毛、家庭用脱毛器など、レーザーや光を使用するもので懸念されるリスクです。

症状

脱毛後、一時的にヒゲが濃く見えます。
実際にヒゲが濃くなったわけではなく、毛穴の中に残っているヒゲが、レーザーや光の熱により膨張し、それが皮膚から透けて見えているものです。

注意点・対策 

医療レーザー脱毛などを受けたあと、多くの場合に引き起こされるリスクです。
見た目に気を遣う予定があったり、そういった職業の場合、施術を受けるタイミングを考える必要があります。

個人差はありますが、早ければ2,3日で泥棒髭は解消されます。

泥棒髭のリスクがあるヒゲ脱毛 

・医療レーザー脱毛
・エステ脱毛
・家庭用脱毛器

1-2.ニキビ、毛嚢炎

ヒゲ脱毛をする上で、どの方法でもリスクとして考えられるものです。

 症状

毛穴に雑菌が入り炎症を起こすことで、お肌にブツブツができるものです。
ニキビも毛嚢炎も、毛穴に細菌が侵入して炎症を起こしているものですが、原因となる細菌は別のものです。

ニキビはアクネ菌、毛嚢炎はブドウ球菌がそれぞれ原因となります。
ニキビの場合は白い芯のようなものありますが、毛嚢炎の場合は芯がありません。

注意点・対策 

ヒゲ脱毛後はお肌のバリア機能が一時的に弱まっているため、ニキビや毛嚢炎を引き起こしやすい状態になっています。
スキンケアをすることでリスクを軽減することができます。

また、発症してしまっても、お肌が代謝(ターンオーバー)することで解消されます。

ニキビ、毛嚢炎のリスクがある脱毛 

・医療レーザー脱毛
・ニードル脱毛
・エステ脱毛
・ワックス脱毛
・家庭用脱毛器

1-3.火傷(やけど)

熱を利用するヒゲ脱毛の場合に懸念されるリスクです。
脱毛に利用する熱量が多くなりすぎてしまうと、お肌は火傷をしてしまいます。

症状

皮膚表面が赤くなったり痒みを覚えたりします。(熱傷深度1度)
一般的な火傷と違いはありません。

注意点・対策 

熱量の設定は施術者や自分が行います。
医療レーザー脱毛やニードル脱毛の場合、医師や看護師が施術を行いますが、それであってもごく稀に火傷を起こしてしまうケースがあるようです。

しかし、医療機関で施術を行っているので、万が一の際にも適切な処置を行ってもらえます。 

また、使用できる熱量が比較的少ないエステ脱毛や家庭用脱毛器であっても、火傷のリスクは伴うものです。
エステサロンではすぐに適切な処置はできませんし、家庭で行っている場合も同様です。

特に家庭用脱毛器の場合は保証も何も無く、自己責任ともなるので注意が必要です。

火傷のリスクがあるヒゲ脱毛 

・医療レーザー脱毛
・ニードル脱毛
・エステ脱毛
・家庭用脱毛器

1-4.打ち漏れ

医療レーザー脱毛やエステ脱毛、家庭用脱毛器など、レーザーや光を照射する方法で懸念されるリスクです。

家庭で照射を行う場合はもちろんですが、プロであるエステティシャンや医療従事者が照射する場合でも起こる可能性があるものです。
人間が照射しているので、どうしても漏れが出てしまう場合があります。

 症状

打ち漏れとは、施術範囲の一部が適切に処置されなかったことを指します。
レーザーや光が適切にヒゲに反応しかなかったり、施術者のミスにより、一部のヒゲが脱毛効果を得られないことで引き起こされます。 

脱毛効果はすぐに出るものではありませんが、施術後2週間ほどしても、部分的にヒゲが残っている場合は打ち漏れの可能性があります。

注意点・対策

自分で行う場合は、脱毛箇所をよく見ながら行うしかありません。
クリニックやエステサロンで照射を任せる場合は、打ち漏れについての保証があるかを確認しておくと良いでしょう。

2週間ほどしても塊やライン状にヒゲが残っている場合は、打ち漏れの可能性が高いと言えるでしょう。

 打ち漏れのリスクがあるヒゲ脱毛

・医療レーザー脱毛
・エステ脱毛
・家庭用脱毛器

1-5.肌荒れ、乾燥

ヒゲ脱毛を受ける場合、お肌も強い刺激を受けることになります。
お肌は刺激などのストレスを受けると、荒れるなどしてしまいます。 

症状

お肌は水分と油分のバランスによって健康な状態を保っています。
しかしお肌がストレスを受けることで、角質が乱れ、水分と油分を正常に保てなくなります。
これが肌荒れの原因です。

また、お肌が荒れると、水分や油分を保持できなくなり、お肌が乾燥し、カサツキや痒みに繋がります。

注意点・対策 

お肌のターンオーバーが正常に行われれば、お肌は健康な状態を保つことができます。
健康な状態に必須なのが、水分と油分です。
化粧水や乳液を使って、スキンケアしてあげましょう。

また、加齢とともにお肌のターンオーバーは乱れやすくなるので、年齢を重ねている方はより注意が必要でしょう。

肌荒れ、乾燥のリスクがあるヒゲ脱毛 

・医療レーザー脱毛
・ニードル脱毛
・エステ脱毛
・ワックス脱毛
・家庭用脱毛器

1-6.赤み、ヒリヒリ感、むくみ

ヒゲ脱毛後、刺激を受けたお肌に見られる症状です。
どの方法においても、多少はお肌にダメージを与えているので、ほとんどの方に起こるものです。 

症状

脱毛の熱や刺激により、お肌に違和感を覚えたり、赤みやむくみが出たりします。
我慢できないほどの痛みや痒みを覚えることがなければ、基本的には問題ありません。

注意点・対策

多くの場合は翌日には収まるものですが、お肌が弱い方などは症状が数日間続く場合があります。
また、お肌が白い方は、軽度な症状であっても赤みなどが視覚的に目立ってしまうこともあります。
ヒゲ脱毛後はクーリングや軟膏を塗るなど、スキンケアを行うことで早めに解消できることが多いです。

赤み、ヒリヒリ感、むくみのリスクがあるヒゲ脱毛 

・医療レーザー脱毛
・ニードル脱毛
・エステ脱毛
・ワックス脱毛
・家庭用脱毛器

1-7.内出血

ニードル脱毛やワックス脱毛など、お肌への刺激が比較的強い方法に伴うリスクです。

症状

施術の刺激によって、お肌の中で毛細血管が破けてしまった状態です。
施術部位の一部が痣のようになってしまう場合があります。

注意点・対策

一般的な内出血のように、1週間ほどで治ることがほとんどです。
万が一の場合に備えて、クリニックやサロンでどういった対応を取ってくれるのかを確認しておくと良いでしょう。

また、施術中に思わぬ痛みを感じたら、すぐに術者に伝えることも重要です。
(家庭で行う場合は自己責任となることがほとんどです。)

内出血のリスクがあるヒゲ脱毛 

・ニードル脱毛
・ワックス脱毛

1-8.感染症

皮膚の毛穴に施術を行う、ニードル脱毛に伴うリスクです。

症状

毛穴に針を挿入する施術方法ですが、針が深くまで入りすぎてしまうと毛穴を過剰に傷つけてしまいます。
そこから細菌が侵入してしまうと、酷い場合は膿が溜まることもあり、皮膚科での治療が必要になります。

また、血液感染など起こすと、内蔵にもダメージを与える場合もあります。

注意点・対策

感染症予防のために自分専用のニードルを購入する場合もありますが、それでもリスクの可能性がゼロになるわけではありません。
そのクリニックではどのように対策をしているか、カウンセリングなどで事前に確認しておくと良いでしょう。

また、術者の技術による部分が大きいので、担当してくれるスタッフの技術力についても調べてみたり、聞いてみると良いでしょう。

感染症のリスクがあるヒゲ脱毛 

・ニードル脱毛

“その他のリスク”

  • ●増毛化・硬毛化

    施術を受けた範囲の体毛が、増えたり硬くなったりする症状です。
    比較的、体毛の密度が少ない部位で起こることが多いと言われています
    ヒゲの場合、そもそも太くて根深いため、増毛化・硬毛化することは、ほぼありません。

 

  • ●ヒゲが2度と生えてこない

  • ヒゲを永久脱毛する場合、発毛に関わる細胞を破壊するため、ヒゲは2度と生えてきません。

    今はヒゲが不要だと思い、ヒゲ脱毛をしたものの、将来やはりヒゲを蓄えたいと思っても、伸ばすことができなくなります。

    医療レーザー脱毛とニードル脱毛を選択する場合は、このリスクについても考える必要があります。

2.脱毛期間中に注意すること

ここまでヒゲ脱毛におけるリスクについてご説明してきました。
これらのリスクは必ず起こるとは限りませんが、適切なケアを行っていなければ、リスクの可能性を増大させてしまいます。 

ヒゲ脱毛期間中に注意することは主に以下の3つです。
・保湿、スキンケア
・日焼け対策
・施術直後の入浴、激しい運動、飲酒

これらの注意点がどのリスクに対して効果があるのかをまとめると、以下の表のようになります。

保湿、スキンケア 日焼け対策 入浴、激しい運動、飲酒
ニキビ、毛嚢炎 × ×
火傷 ×
肌荒れ
赤み、ヒリヒリ感、むくみ

全てのリスクの可能性を軽減することはできませんが、いくつかのことに注意を払うことで、いくつかのリスクの可能性を軽減することができます。

ここではそれぞれの注意点について詳しくお伝えいたします。

2-1.保湿、スキンケア

すべてのヒゲ脱毛は、ヒゲだけでなくお肌にも少なからず負担をかけています。
そのため、脱毛前のお肌の状態は重要です。

仮に、お肌の水分量が少ないままヒゲ脱毛を行った場合、火傷や赤みなどのリスクは高まってしまいます。

また施術後も、レーザーや光、電気の熱によりお肌の水分が奪われたり、お肌の角質が乱れていることがあります。
お肌の水分量が少なくなると角質が乱れるので、お肌のバリア機能が弱まり肌トラブルを誘発しやすくなります。 

施術前も後も、お肌の保湿やスキンケアは必要です。

2-2.日焼け対策

医療レーザー脱毛やエステ脱毛、家庭用脱毛器などは、メラニン色素に反応する特殊なレーザーや光を利用し、ヒゲに的確に反応させる仕組みとなっています。
日焼けの具合によっては、レーザーや光がお肌にまで反応してしまい、火傷を引き起こす原因となってしまいます。 

そのため、医療レーザー脱毛やエステ脱毛、家庭用脱毛器で施術を行う場合、日焼けの具合によっては照射を控えた方が良いでしょう。

また、ニードル脱毛やワックス脱毛の場合、お肌が強い刺激を受けるので、お肌にストレスを与える日焼けは、やはり肌トラブルの原因となります。

脱毛期間中は、日焼け止めを塗るなど、日焼け対策をしっかりと行いましょう。

2-3.施術直後は入浴、激しい運動、飲酒を控える

ヒゲ脱毛を行うとお肌が刺激を受け、炎症を起こすことがほとんどです。
そのため、ヒゲ脱毛後に血行を良くさせるのはあまりおすすめできません。
赤みやヒリヒリ感など、お肌の炎症を助長させてしまうためです。

施術後の当日は、入浴を避けシャワー程度で済ませましょう。
タオルで拭う際も、あまり強く拭かないように気を付けましょう。 

運動や飲酒なども、血を巡らせてしまうので、施術後当日は安静にするようにしましょう。

3.ヒゲ(髭)脱毛を始める前に知っておきたいこと

ヒゲ脱毛には様々なリスクがあることをお伝えしてきました。

では、実際にリスクが起きてしまった時のこと想定した場合、どのようにヒゲ脱毛の方法を選べば良いのでしょうか。

3-1.クリニック(医療機関)であるかどうか

様々なリスクが考えられるヒゲ脱毛ですが、医師や看護師が常駐している医療機関で行ってもらえれば、万が一の場合でも適切な処置を受けられることが期待できます。
エステサロンや自宅では、リスクが起こってしまっても、適切な対処ができません。

しかし、クリニックで行われている脱毛であれば、医師や看護師に施術をしてもらえるので、何かあっても適切な対応を受けられるでしょう。 

そもそも「脱毛」とは、発毛に関わる細胞に働きかけるため、医療行為であると法令で定められています。
そのため、本来の脱毛を行えるのは医師が常駐する医療機関だけとなります。 

効果の面で見ても、クリニックでヒゲ脱毛を受けることをおすすめいたします。

3-2.リスクへの対応や保証制度

ヒゲ脱毛をクリニックで行えば、リスクが起こっても安心ですし、効果的にも優れているとお伝えしました。

ただ、医療機関でヒゲ脱毛を行うにしても、様々なリスクに対して、そのクリニックがどのような対応を行っているかは知る必要があるでしょう。
そのクリニックでの対応に不安があっては、安心してヒゲ脱毛を進めることは難しいでしょう。
まずはそのクリニックで、各リスクに対してどのような対応を行ってくれるのかを確認しましょう。 

しかし、リスクへの対応に安心感があっても、それに多額の料金を払うのは経済的に負担でしょう。

クリニックによっては様々なリスクに対して無料保証を設けていることもあるので、どういった保証制度があるのか、事前に確認するようにしましょう。

4.まとめ

ヒゲ脱毛には様々な方法があります。
それらの方法の中で、考えられるリスクは以下のものです。 

・泥棒髭
・ニキビ、毛嚢炎
・火傷(やけど)
・打ち漏れ
・肌荒れ、乾燥
・赤み、ヒリヒリ感、むくみ
・内出血
・感染症

これらのリスクの可能性を軽減するには、保湿やスキンケア、日焼け対策、施術直後の入浴や飲酒を控えることなど、気遣いが必要です。

 これらのリスクを懸念した場合、下記の2点は確認するようにしましょう。

・クリニックであるか
・リスクへの対応や保証制度はどうなっているか 

これらを確認すれば、ヒゲ脱毛のリスクについて、どのように対応すれば良いかわかるでしょう。

不安を解消して、ぜひともヒゲ脱毛にチャレンジしてみてください。