【ニーズ別】自宅で行うヒゲ脱毛3選!初心者の疑問を分かりやすく解説

「自宅で手軽にヒゲ脱毛がしたい」「自宅でできるヒゲ脱毛の方法を知りたい」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
確かに、自宅でヒゲ脱毛が行えると謳っている商品や広告は多く存在しています。

しかし、残念ながら自宅で行うヒゲ脱毛には永久的な脱毛効果はありません。

そもそも永久脱毛とは、体内の細胞を破壊する医療行為にあたるので、医療機関でしか受けることができない決まりとなっています。

ですので、医療機関で行うヒゲ脱毛以外は、すべて抑毛・除毛・減毛効果にとどまります。
とはいっても、仕事が忙しく、脱毛クリニックやエステサロンに通うことが難しい方もいるでしょう。

そういった方のために、ここでは自宅でできるヒゲ脱毛(抑毛・除毛・減毛)3選をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。


1.【ニーズ別】自宅でできるヒゲ脱毛(抑毛・除毛・減毛)3選

自宅で行うヒゲ脱毛(抑毛・除毛・減毛)には、3つの方法が挙げられます。

・抑毛ローション
・ワックス脱毛
・家庭用脱毛器

自分がどこまでの効果を求めるのか、何を重視するかで、方法が異なります。

その他にも、費用や肌へのダメージなどを考慮しながら、自分のライフスタイルに合ったものを探すことをおすすめします。

“注意”

除毛クリームでヒゲ脱毛をすることはおすすめできません。

顔周りは皮膚がデリケートな部位ですので、赤くなったり、ヒリヒリしたり、肌荒れや色素沈着の原因になるリスクが高いようです。

きちんとした商品には、裏に顔への使用を禁止する説明文が記載されています。

効果
抑毛ローション一時的な抑毛効果
ワックス脱毛一時的な除毛効果
家庭用脱毛器一時的な減毛効果
平均費用
抑毛ローション約4,550円
(10社の平均)
ワックス脱毛約2,930円
(10社の平均)
家庭用脱毛器約30,980円
(8社の平均)
回数
抑毛ローション終わりが無い
ワックス脱毛終わりが無い
家庭用脱毛器15~18回
※減毛効果を実感できるまで
期間
抑毛ローション終わりが無い
ワックス脱毛終わりが無い
家庭用脱毛器2~3年
※減毛効果が実感できるまで
痛み
抑毛ローション個人差はあるが、無痛
ワックス脱毛一瞬だけ強い痛みが伴う
家庭用脱毛器出力が低いため、痛みは少ない
注意点
抑毛ローション■効果に即効性が無いため、効果を実感できるまでに時間がかかる
ワックス脱毛■毛が5mm以上の長さになっていないと脱毛できないため、毛抜きやカミソリでの自己処理はNG
家庭用脱毛器■強い光が失明の原因になる可能性があるため、サングラスの着用が必須
■小麦色の肌やほくろ、タトゥーがある箇所には火傷のリスクが高まるため、照射できない
■脱毛前に毛を抜いてしまうと、減毛効果が得られなくなる

1-1.周りにきづかれたくない人=抑毛ローション

抑毛ローション:女性ホルモンに似た成分を持つ大豆イソフラボンや、抗酸化作用が高くメラニン色素の生成を抑制するパイナップルエキスなどが配合されており、ヒゲが濃い部分に塗ることでヒゲの成長を遅らせる方法です。

即効性がないため、周りに気づかれにくく、お試しでヒゲを薄くしたい人におすすめです。

効果:一時的な抑毛効果
平均費用:4,550 (10社の平均)
購入できる場所:薬局やオンラインショップなど
回数:使い続ける必要があるので、終わりがない
期間:終わりがない
痛み:個人差はあるが無痛 

【注意点】
■効果に即効性がないため、効果を実感できるまでに時間がかかる

【使用方法】
1.洗顔をし、タオルで顔の水分を拭き取ります。
 ↓
2.100円玉大ほどのローションを手のひらにとり、肌になじませるように塗り込んだら終了です。

★ワンポイントアドバイス★
お風呂上りに使用すると、毛穴が開いているので、抑毛ローションがより浸透しやすくなります。 

【筆者おすすめの抑毛ローション】

【鈴木ハーブ研究所】パイナップル豆乳ローション 100ml
価格:3,400

1-2.即効性が欲しい人=ワックス脱毛

ワックス脱毛:ワックスと呼ばれる液体をヒゲに直接塗り、毛とワックスとが接着する性質を利用し、毛を引きはがす方法です。

カミソリなどの刃物を肌に当てることに抵抗はあるが、見た目の即効性が欲しいという人におすすめです。

効果:一時的な除毛効果
平均費用:2,930円 (10社の平均)
購入できる場所: 薬局、オンラインショップ
回数:使い続ける必要があるので、終わりがない
期間:終わりがない
痛み:一瞬の強い痛みを伴う 

【注意点】
■毛が5㎜以上生え揃っていないと脱毛できないため、毛抜きやカミソリでの自己処理はNG

【使用方法】
1.使用前に、ヒゲをタオルで拭き、乾いた状態にします。
 
2.乾いたことを確認したら、専用のヘラでワックスを取り、ヒゲが生えている部分に塗っていきます。
 ↓
3.ワックスを塗った上にシートを乗せ、しっかりと押さえます。
※シート張らないものもあります。
 ↓
4.ワックスが固まったらシートを勢いよく剥がします。乾燥を防ぐためにお手持ちの化粧水や保湿クリームで保湿をして終了です。

(https://www.youtube.com/watch?v=y-r4s74BEUI)

★ワンポイントアドバイス★
毛の流れに沿ってワックスを塗ることで、きれいにヒゲが剥がれやすくなります。

【筆者おすすめのワックス脱毛】

Nuonve】脱毛ワックスセット
価格:1,899


※この商品は別途、ワックスと溶かすヒーターが必要です。

Youkiking】 セルフ脱毛セット ワックスウォーマー
価格:2,899

1-3.お金に余裕がある人=家庭用脱毛器

家庭用脱毛器:皮膚に特殊な光をあて、毛が生えてくるスピード遅らせる方法です。

3つの方法より、コストがかかるので、金銭的に余裕がある人におすすめです。

効果:一時的な減毛効果
平均費用:30,980 (8社の平均)
購入できる場所: 電気屋、オンラインショップなど
回数: 1518回 ※減毛効果を実感できるまで
期間:2~3年 ※減毛効果を実感できるまで
痛み:出力が弱いため、痛みは少ない 

【注意点】
■強い光が失明の原因になる可能性があるため、サングラスの着用が必須
■小麦色の肌やほくろ、タトゥーがある箇所には火傷のリスクが高まるため、照射できない
■脱毛前の毛抜きでの処理は脱毛効果が得られなくなるためNG

【使用方法】
1.使用する前に、光をあてる部位をしっかりと冷やします。
 ↓
2.家庭用脱毛器を使用中は、光から目を保護するためにサングラスを着用します。
 ↓
3.ほくろや濃い色素沈着を起こしている箇所は避けて照射します。
 ↓
4.乾燥を防ぐためにお手持ちの化粧水や保湿クリームで保湿をして終了です。

(https://www.youtube.com/watch?v=SB9NKwoXsXs)

★ワンポイントアドバイス★
化粧用のペンシルや水性ペンなどを使って、照射する箇所を細かくマーキングをしていくと、照射済みの箇所が分かりやすくおすすめです。
ただし、黒や茶色など色の濃いものでマーキングすると、光の熱が反応して火傷のリスクがあるので、白などの色が薄いものがよいでしょう。

【筆者おすすめの家庭用脱毛器】

YA-MAN(ヤーマン)】 家庭用 脱毛器 メンズ レイボーテ EX STA-200B
価格:33,000


2.自宅で行うヒゲ脱毛のメリット・デメリット

自宅でヒゲ脱毛をすることの具体的なメリットやデメリットをまとめてみました。

2-1.メリット

自宅行うヒゲ脱毛(抑毛・除毛・減毛)のメリットについてご紹介します。

2-1-1.衛生面で安心

クリニックやエステサロンで使用している脱毛器はその都度消毒されていますが、直接他人の肌に触れるものなので、抵抗を感じる人も多くいます。

他人が使っている機器を使用することが気になる人は、自分専用だと衛生面を気にすることなく安心してヒゲ脱毛を行うことができます。

2-1-2.自分の好きなタイミングで行える

自宅で行うヒゲ脱毛は、自宅に居ながら自分の好きなタイミングでヒゲ脱毛を行うことができます。
クリニックやエステサロンでヒゲ脱毛を行う際は、必ず予約が必要となり、仕事が休みの日や行きたいタイミングで予約が取れないということが多いそうです。

また、急な仕事で当日行けなくなってしまった場合にキャンセル料が発生してしまうところも多いのですが、自宅で行う場合はこういった心配がありません。

2-1-3.周囲の目を気にする必要がない

男性専用の脱毛クリニックやエステサロンも増えてきていますが、まだまだ男性が脱毛を行うことに恥ずかしさを感じている人も多くいます。

また、近くに男性専門のクリニックやエステサロンがない場合は、入り口や待合室で女性と顔を合わせることになるため、通いづらいという人もいるそうです。

その点、自宅でヒゲ脱毛を行う場合は、通う手間も省け、周囲の目を気にすることなくヒゲ脱毛が行えます。

2-2.デメリット

自宅行うヒゲ脱毛(抑毛・除毛・減毛)のデメリットについてご紹介します。

2-2-1.永久的な脱毛効果は得られない

冒頭でもお伝えした通り、自宅で行うヒゲ脱毛は一時的な抑毛・除毛・減毛効果にとどまるため、永久的な脱毛効果はありません。
定期的にお手入れをしないとまた生えてきてしまいます。

「ヒゲを永久的に無くしたい」という人には、自宅で行うヒゲ脱毛(抑毛・除毛・減毛)は向いていません。

2-2-2.仕上がりにムラが出る可能性がある

特に家庭用脱毛器でのヒゲ脱毛になりますが、あご下など見えづらい箇所の手入れが難しいため、自分で行う場合は打ち漏れが起こりやすいです。
この打ち漏れが原因で、仕上がりにムラが出てしまう場合があります。

一方、クリニックやエステサロンでは脱毛のプロが行うので、こういったリスクは低いとされています。

また、自宅で行うヒゲ脱毛に関しては、打ち漏れ以外の肌トラブルも全て自己責任となっていますので、注意が必要です。

2-2-3.肌を痛めてしまうリスクが高い

自宅でのヒゲ脱毛は肌荒れなどのリスクが高いため、おすすめできません。
抑毛ローションやワックス脱毛は、人によって乾燥やかゆみを伴い、肌を痛めてしまうことがあります。

家庭用脱毛器の場合は、きちんと自分の肌に合った光の設定ができていないと、火傷してしまう可能性があります。
自宅で行うヒゲ脱毛には、こういったリスクがあるということを理解した上で、判断することをおすすめします。

2-2-4.脱毛する頻度が多い

ワックス脱毛の場合、脱毛クリニックやエステサロンに通う手間は解消されるものの、永久的な脱毛効果がないため、710日に1回のペースで手入れを行う必要があります。

また、抑毛ローションと家庭用脱毛器に関しては、平行して13日置きにヒゲ剃りを行う必要があります。
自宅でのヒゲ脱毛は、肌にも負担がかかる場合がありますので、脱毛後のケアも重要になります。

2-2-5.ランニングコストが高い

自宅で行うヒゲ脱毛は、一回の出費を抑えることができますが、長い目で見た時にかなりのコストがかかります。

先ほどもお伝えしましたが、自宅で行うヒゲ脱毛には、永久的な脱毛効果がないため、お金を払い続けなければなりません。
このことを考えると、脱毛クリニックで永久脱毛をしてしまう方が安くつく場合もあります。


3.ヒゲを無くしたいなら、自宅でのヒゲ脱毛よりも医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、医療機関でしか使用することのできないレーザーを使用した脱毛法です。
皮膚にレーザーを照射することで、毛を作り出す細胞を熱によって変質させ、毛が抜けるという仕組みです。

自宅で行うヒゲ脱毛よりも、医療レーザー脱毛がおすすめの理由5つをご紹介します。

3-1.永久脱毛効果がある

医療レーザー脱毛は、毛を作り出す細胞を破壊することができ、レーザーを浴びた毛根は毛が再生しにくく、永久的な脱毛効果を得ることができます。

ヒゲを無くしたいという人にとっては、自宅で終わりのないヒゲの手入れを続けるよりも、医療レーザー脱毛を選択する方が最も効率よくヒゲを無くすことができます。

3-2.短い回数で満足のいく効果が得られる

自宅で行うヒゲ脱毛には終わりがないのに対し、医療レーザー脱毛はたった58回で永久脱毛の効果を実感できるとされています。

回数にばらつきがあるのは、ヒゲの濃さや毛量に個人差があるためですが、自宅で行うヒゲ脱毛よりも圧倒的に少ない回数で済むことがわかります。

3-3.医師が常駐しているため安心して受けられる

医療レーザー脱毛は、医師が常駐する医療機関でしか行うことができません。
そのため、医師がカウンセリングを行い、医師または看護師が施術を行います。

ヒゲ脱毛初心者にとって、医療従事者が最初から最後まで担当してくれることは、安心感に繋がることでしょう。

3-4.アフターケアが充実している

レーザー脱毛直後は肌が敏感になっているため、アフターケアが重要とされています。
レーザー脱毛を扱う医療機関では、無料で炎症止めの薬を処方してくれたり、万が一肌トラブルが起こってしまった場合の処置料が無料としているクリニックもあります。

医療機関でのヒゲ脱毛は、アフターケアが充実しているため、安心してヒゲ脱毛を受けることができます。

3-5.トータル的にリーズナブル

自宅で行う脱毛は、ほとんどコストがかからないと思っている人が多いと思いますが、長期的に見た場合、時間的なコストや金銭的なコストはかさみやすくなります。

医療レーザーで脱毛してしまえば、普段の自己処理による時間的なコストや継続的にかかる金銭的コストも削減することができます。

実際に、全国5医療機関のヒゲ脱毛5回コースを申し込んだ場合にかかる平均費用を算出してみた結果、約87,500円で受けることができます。

まとまったお金がない人でも、クレジットカードや医療ローン、定額プランといった様々な支払方法に対応しているクリニックもあるので、カウンセリング時に確認してみるとよいでしょう。


4.まとめ

いかがでしたでしょうか?
自宅でできるヒゲ脱毛(抑毛・除毛・減毛)3選をご紹介しました。

・抑毛ローション
・ワックス脱毛
・家庭用脱毛器

自宅での脱毛は、自分の好きなタイミングで行うことができるので、忙しい男性にとっては始めやすい方法です。

一方で、ヒゲを無くしたいという人にとっては、永久的な脱毛効果がないので、効果を重視している人には向いていません。
確実にヒゲを無くしたいという人には、医療レーザー脱毛がおすすめです。

それぞれの方法の特徴を理解して、ご自分に合った方法をチョイスしてください。

メンズリゼなら低価格で始めやすい

ヒゲ脱毛を検討していて、「脱毛したくない部位が含まれている」「自分のしたい部位だけで脱毛すると高くなる」といったことを感じたことはありませんか?
人それぞれヒゲの生え方は大きく違います。
そのため、脱毛したいヒゲや残したいヒゲなど、求めることは千差万別です。

求めている脱毛プランが見当たらない場合は、メンズリゼのセレクトヒゲ脱毛」というプランがオススメです。
セレクトヒゲ脱毛」であれば、自分の好きな部位だけを選んで、自分だけのプランを組むことができます。
自分にとって無駄な部位が組み込まれていないため、無駄な費用がなくお得に脱毛を始めることができます。

このプランであれば、分割払いを活用することで、月々3,000円ほどでヒゲ脱毛を受けることができます。

男性にとってヒゲにまつわる悩みは大きいものでしょう。
ヒゲ脱毛をすれば、日々のヒゲ剃りにかかる時間や費用を削減できるだけでなく、肌荒れやニキビなどの肌トラブルについても悩まされなくなるでしょう。

ヒゲ脱毛を考えているのであれば、一度メンズリゼに行ってみるのが良いでしょう。
医師によるカウンセリングは無料です。
ヒゲ脱毛を検討しているのであれば、男性脱毛専門のメンズリゼがオススメです。