後悔しないための青髭(ヒゲ)脱毛!経験者による経過写真を大公開

「あれ?ヒゲ青くなってない?」
ヒゲが濃い方は、この一言を言われたことがあるかもしれません。
青ヒゲは、カミソリやシェーバーでいくら剃っても解消されることはありません。

「青ヒゲを無くすことは出来ないの?」
今まで青ヒゲを無くすためにカミソリで角度を変えて剃ってみたり、色々な方法を試した方もいると思います。

安心して下さい。「脱毛」を行うことで青ヒゲを解消することができます。
この記事では、青ヒゲ解消の効果が期待できる「3つの脱毛方法」をご紹介します。

・エステ脱毛
・ニードル脱毛
・医療レーザー脱毛

※脱毛クリームやワックス脱毛など、ご自身で行える脱毛方法もございますが、安全で根本的に青ヒゲが解消できる脱毛方法のみご紹介します。

また、実際に脱毛を行った場合に、青ヒゲがどのように変化していくのか、脱毛の経過を体験者の写真とともにご紹介していきます。

脱毛は、最低でも数万円かかる青ヒゲ解消法ですので、脱毛で後悔しないためにも、ぜひご覧頂ければと思います。

0.まずは青髭(ヒゲ)の原因をご紹介します。

青ヒゲは、ヒゲを「剃る」だけでは解消することはできません。

なぜなら、青ヒゲは皮膚の中で成長しているヒゲが透けて見えているからです。
お肌の表面に見えているヒゲをいくら剃っても、皮膚の中に成長しているヒゲを剃ることはできません。

ヒゲは、約4~5mmの深さまで生えており、毛根部分が太く、毛先にいくにつれ細くなっていきます。
カミソリや電気シェーバーで剃る場合、上図のように毛先よりも太い部分を剃ることになるので、剃った後にヒゲの断面となります。

どんなに深剃りしても皮膚の中に埋まっているヒゲは剃れないので、皮膚の中に断面として残っているヒゲが透けてしまい、肌が青く見えるのです。

1.青髭(ヒゲ)を根本的に解消する方法は「脱毛」のみ

青ヒゲを根本的に解消する方法は「脱毛」を行うしかありません。

青ヒゲの解消方法は、実にわかりやすく、上図のように毛穴からヒゲを毛根から抜き去ってしまえば、
ヒゲが肌から透けて見えることはなくなります。

1-1 3種類の脱毛方法をご紹介

ここでは、3種類の脱毛方法をご紹介いたします。
「青ヒゲの効果」や「平均価格」、「期間」を比較してみて下さい。

エステ脱毛 ニードル脱毛 医療レーザー脱毛
青ヒゲの効果 低い(一時的な減毛) 高い(永久脱毛) 高い(永久脱毛
平均価格 122,360円 410,160円 81,500円
期間(回数) 2年~(15回~) 3年(1530回) 1年半(58回)
安全性 低い 高い 高い
痛み 痛みは少ない 痛い 痛い

1-1-1 エステ脱毛(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛)

エステ脱毛は通称で、光脱毛やフラッシュ脱毛、IPL脱毛と言われる方法で脱毛を行います。
特殊な光を照射し、毛根に直接刺激を与えることができます。

毛の成長を遅らせたり、弱らせたりすることができますが、脱毛効果は一時的な減毛となります。
青ヒゲに対しても脱毛効果は一時的となり、永久的に青ヒゲを解消することはできません。
光を照射した際の痛みが少ないのが特徴で、1回だけの照射であれば、数千円から始めることができます。
「今だけ青ヒゲを無くしたい!」など、一時的に青ヒゲを解消したい方にオススメの脱毛方法です。

1-1-2 ニードル脱毛(針脱毛)

ニードル脱毛(針脱毛)は、毛穴ひとつひとつに針を挿入し、毛穴深くある毛乳頭に直接電気を流すことで毛根を破壊する脱毛方法です。発毛をつかさどる細胞(幹細胞)を破壊するため永久脱毛の効果があります。
ただ毛穴ひとつひとつに針を刺して行うので施術に時間はかかります。

青ヒゲに対しても効果は高く、永久的に青ヒゲを解消することができます。
医療レーザーでは脱毛できない白髪や日焼け、色素沈着した肌に対しても脱毛することができます。
職業柄どうしても日焼けをしてしまう方や、色素沈着が気になる方にオススメの脱毛方法です。

1-1-3 医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、黒色に反応するレーザーを照射して脱毛を行います。
レーザーを照射すると、ヒゲの黒いメラニン色素に反応し、ヒゲのみが熱を溜め込み毛根と毛根周辺の毛包を破壊します。その際に発毛をつかさどる細胞(幹細胞)が破壊されるので、永久脱毛の効果があります。

青ヒゲに対しても効果は高く、永久的に青ヒゲを解消することができます。
永久脱毛の手段として、一般的になりつつある脱毛方法で、全国で取り扱っているクリニックは数多くあります。
照射の際に、痛みは伴いますが、医療機関ですので麻酔を使用して痛みを軽減することができます。
「青ヒゲを永久的に解消したい」という方は、医療レーザー脱毛から始めても良いかもしれません。

2.青髭(ヒゲ)の解消は医療レーザー脱毛がオススメ

2-1 医療レーザー脱毛をオススメする3つの理由

1.青ヒゲの悩みを永久的に解消できる

エステ脱毛 ニードル脱毛 医療レーザー脱毛
青ヒゲの効果 低い(一時的な減毛) 高い(永久脱毛) 高い(永久脱毛)
施術が受けられる場所 エステサロン 医療機関 医療機関

医療レーザー脱毛は、医療機関でしか扱えいないレーザー脱毛機を使用して脱毛を行います。
発毛をつかさどる細胞(幹細胞)を破壊することができるので、永久脱毛の効果があります。

2.効果を実感するまでの期間が短い

エステ脱毛 ニードル脱毛 医療レーザー脱毛
期間(回数) 2年~(15回~) 3年(1530回) 1年半(58回)
施術が受けられる場所 エステサロン 医療機関 医療機関

エステ脱毛は、医療機関ではないエステサロンが行うので永久脱毛の効果はありません。
ニードル脱毛も永久脱毛の効果はありますが、全国で取り扱っているクリニックは多くありません。
また、施術時間も長く、費用もかかるので、医療レーザー脱毛のほうが始めやすいです。

3.肌トラブルの際も適切に対応してもらえる

エステ脱毛 ニードル脱毛 医療レーザー脱毛
安全性 低い 高い 高い
施術が受けられる場所 エステサロン 医療機関 医療機関

エステサロンでは、医療従事者がいないため、肌トラブルに対して診断することができません。

2-2 医療レーザー脱毛のリスクと保証について

医療レーザー脱毛にはリスクや副作用があります。
ただし、医師や看護師が常駐している医療機関で行えば、万が一肌トラブルが起きた場合でも、適切な処置を受けることができます。

2-2-1 医療レーザー脱毛の起こりうるリスク

照射後の赤みやヒリヒリ感、むくみ(炎症性浮腫) 皮膚の炎症反応です。
レーザー照射後に起きることがあります。
数日間ヒリヒリが残る場合があります。
毛嚢炎 毛穴に雑菌が入り炎症を起こすことで白いブツブツができるものです。
火傷(やけど) 皮膚表面が赤くなったり痒み覚えたりします。
一般的な火傷と違いはありません。
打ち漏れ レーザーにヒゲが反応しなかったり、施術者のミスで脱毛効果を得られていない状態です。
泥棒ヒゲ レーザー照射後、ヒゲが熱により一時的に膨張し、ヒゲが濃く見える症状です。
増毛化・硬毛化 照射の影響でヒゲが増えたり、固くなる可能性があります。

2-2-2 医療レーザー脱毛のリスクの予防

医療レーザー脱毛を安全に、また十分な効果を発揮するためには、肌をお手入れしておく必要があります。
脱毛中に行っておきたいお肌のケア方法をご紹介します。

◯照射した当日は入浴・激しい運動・過度なアルコール摂取は控える
照射後レーザーにより皮膚がダメージを受けることで若干の熱を帯びた状態になっております。
そのため、さらに体温を上げてしまうと、照射による赤みやヒリヒリ感を増加させる危険性があります。

◯日焼けに注意する
黒色に反応するレーザーのため、日焼けをしてしまうと、次回の照射ができなくなる可能性があります。
脱毛期間中は日焼け止め等でしっかりと対策を行うことが大切です。

◯保湿をこころがける
照射を行うことで、照射部位の水分が奪われ、肌が乾燥状態となります。
乾燥している期間は皮膚の表面が硬くなり、毛が抜け落ちるのを妨げてしまう可能性があります。

2-2-3 医療レーザー脱毛の保証について

医療レーザー脱毛は、医療機関で行っているので保証制度を利用すれば、万が一肌トラブルが起きてしまっても、医師の診断やお薬の処方などを無料で受けられる場所もあります。

カウンセリング時に、肌トラブルについてどのような対応をとってくれるかは、よく確認しておく必要がございます。

3.医療レーザー脱毛の効果を経過とともにご紹介(全5回)

施術内容:熱破壊式YAGレーザー 副作用(リスク):毛嚢炎など

青ヒゲに対する医療レーザー脱毛の効果は、個人差があります。
ここでは、医療レーザーでヒゲ脱毛を行った場合の効果が現れるまでの流れを回数毎(全5回)にご紹介していきます。

照射前に、必ず医師によるカウンセリングを行います。
その際に、ヒゲを全て無くすのか?それとも部分的に残すのか?相談しながら進めて行きます。

3-1 ヒゲ脱毛1回目

◯画像は照射2日後の口周り
◯照射前とあまり変化なし

照射を行ってもいきなりヒゲが無くなる訳ではなく、2~3週間程でヒゲがポロポロと抜け落ち始めます。
そのため、照射しても数日間は、脱毛する前とほとんど変わらないと思われる方が多いです。

医療レーザー脱毛は、1回の照射で全体の10%~20%のヒゲに対して脱毛効果が見込めます。
1回目の照射で脱毛できていないヒゲが生え揃うまで間隔をおいてから脱毛を行います。
2回目の照射は、1回目の照射から6~8週間後に行います。

3-2 ヒゲ脱毛2回目

◯画像は照射2日後の口周り
◯鼻下とアゴ毛量が少なくなった、青ヒゲもところどころ薄くなってきた

1回目と同じように、2~3週間程でヒゲが抜け始めます。
早い方だと2回目から「ヒゲが薄くなった」と感じる方や、「ヒゲ剃りが楽になった」と感じる方もおります。
鼻下やアゴは、元々ヒゲが濃い方も多いので、「あまり変わらなかった」という方もおります。

3回目の照射は、2回目の照射から6~8週間後に行います。

3-3 ヒゲ脱毛3回目

◯画像は照射2日後の口周り
◯鼻下は、毛量が減り、青ヒゲも大分薄くなってきた

3回目照射が終了し、今まで通り2~3週間でヒゲが抜け始めます。

3回目ぐらいから「ヒゲ剃りの回数が減少」、「ヒゲが薄くなった」と実感される方が増えてきます。
毛周期のタイミングによりますが、鼻下やアゴの毛量が多いヒゲも、減っていることがわかるようになります。

4回目以降からは、個人の毛周期がありますので、照射のタイミングは、
毛量を確認し、ヒゲが生え揃ったタイミングで予約を行って下さい。

3-4 ヒゲ脱毛4回目

◯画像は照射2日後の口周り
◯ヒゲ全体の毛量が減り、青ヒゲも目立たなくなってきた

4回目照射が終了し、今まで通り2~3週間でヒゲが抜け始めます。

ここからは「ヒゲが薄くなっている」と実感されるかたがかなり増えてきます。
また、ヒゲの状態は部位によって差が出るようになります。
アゴの部分はまだ濃いのですが、鼻下は剃らなくても問題ないくらい目立たなくなっております。

5回目も照射も、毛量を確認し、生え揃ったタイミングで予約を行って下さい。

3-5 ヒゲ脱毛5回目

◯画像は照射2日後の口周り、4回目から1年間期間が空いている

5回目の照射を終えて、脱毛効果を実感される方が多いです。
ヒゲが生え揃うスピードが遅くなり、毛量も減り青ヒゲの悩みからも解消されます。

4.青髭(ヒゲ)を脱毛するメリットを紹介

ここでは、青ヒゲに対して医療レーザー脱毛を行うメリットをご紹介します。

・毎朝の煩わしいヒゲ剃りを短縮できる
・清潔感を手にいれ、面接やビジネス面で有利になる
・女性からの反応が変わる

4-1 毎朝の煩わしいヒゲ剃りを短縮できる

ヒゲ剃りにかかる生涯時間を知っていますか?
なんと、最大で「2ヶ月」ヒゲ剃りに時間がつかわれております!

青ヒゲを気にして、カミソリで角度を変えて何回も剃っている方は、
5分以上ヒゲ剃りに時間をかけているかもしれませんね。

医療レーザー脱毛を行い、朝の煩わしいヒゲ剃り時間がなくなれば、「5分だけ寝坊ができる」「余裕を持って支度ができる」「出勤前にカフェによれる」などゆとりある朝を過ごすことが出来るようになります。

4-2 清潔感を手にいれ、面接やビジネス面で有利になる

他人と関わりの中でマナーの一つといっても過言ではないのが清潔感や見出しなみです。
ビジネスシーンにおいても、身だしなみが損なわれていることで実際に損をしてしまった方も少ないと思います。

就活生においても清潔感と身だしなみが重要と言えます。
人事部309名に面接において身だしなみが整っていない(清潔感がない)と印象が悪くなるポイントを聞いたところ、70.2%の人事担当者が「ヒゲ(青ヒゲ・剃り残し)」と回答しました。

実施期間:2017年2月21日~2017年2月22日
調査方法:インターネット調査
調査対象者:現役人事担当者
有効回答数:309

このように、ヒゲのお手入れに気を使っていないと、様々なシーンで悪い印象を与えてしまう可能性があります。医療レーザー脱毛を行うことで、相手に好印象をもたせることが出来るかもしれません。

4-3 女性からの反応が変わる

実は、女性は、男性のムダ毛を気にしているというデータがございます。

実施期間:2017年10月25日~実施期間:2017年10月26日
調査方法:インターネット調査
対象者:現役大学生
有効回答数:女性132

Q.男性のムダ毛は気になりますか?(もしくは気になったことはありますか?)
A.65.2%の女性が「ある」という結果になりました。

このデータからも分かるように、あらゆるシーンでムダ毛を気にしている女性が多いことわかります。
女性が男性のムダ毛を気にしてしまうシチュエーションを紹介します。

「微妙にヒゲが伸びている時」
「青ヒゲが生えている時」
「ちらっと見えるギャランドゥ」
「腕まくりで腕毛がとても濃かった時」
「海水浴時にの胸毛・背中の毛」
など

青ヒゲも女性が気になるムダ毛の要素として挙げられております。
医療レーザー脱毛を行い、青ヒゲを解消することができれば、女性から好印象をもたれやすいかもしれません。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか?

青ヒゲを解消するためには、脱毛を行うしかありません。
青ヒゲに対して効果のある脱毛方法は3つです。

・エステ脱毛
・ニードル脱毛
・医療レーザー脱毛

その中でも特にオススメするのが「医療レーザー脱毛」です。

・青ヒゲの悩みを永久的に解消できる
・効果を実感するまでの期間が短い
・肌トラブルの際も適切に対応してもらえる

青ヒゲにお悩みの方には、こういった3つの理由から医療レーザー脱毛をオススメします。

青ヒゲにコンプレックスを感じていて、脱毛を検討しているが一歩が踏み出せない方は、まずは医療レーザー脱毛を行っているクリニックでカウンセリングを受けてみるのも良いかもしれません。カウンセリングだけでも親身に相談に乗ってくれると思います。

これを参考に青ヒゲの脱毛に踏み出して頂れば幸いです。