ヒゲの永久脱毛は痛い…最も痛い部位は○○!その理由と緩和方法をご紹介

脱毛したい部位と言えば何だと思いますか?
メンズリゼで集計したアンケートや実際の申し込みでも不動の人気を誇るのは「ヒゲ」です。

実際にヒゲの煩わしさに悩まされている方は多いのではないでしょうか?
ヒゲの煩わしさを解消する手段として選択する人が増えた「永久脱毛」ですが、そもそも「永久的に脱毛」できるとされているのはニードル脱毛(針脱毛)医療レーザー脱毛のみで、エステサロンで行える脱毛は減毛程度の効果にとどまります。

どうせなら「永久脱毛」したいと考えた時、1番懸念されるのは【痛い】ということです。
永久脱毛はその名の通り脱毛効果が高い分、痛みを強く感じやすく、その中でもヒゲは全身の部位の中でも強く痛みを感じるとされています。
しかし、その痛みを緩和させることも可能です。

そこで今回は、ヒゲの永久脱毛についてどれほどの痛みなのか、鼻下やあごなど部位ごとの痛さの違い、ヒゲの永久脱毛が痛いと感じる理由についてご紹介します。
痛みを抑える方法、緩和させる方法も紹介しますので、痛みを抑えた快適なヒゲ脱毛を行うための参考としてみてください。

メンズ脱毛専門のメンズリゼ
メンズ脱毛専門のメンズリゼ

1.ヒゲの永久脱毛は痛みを伴う


ヒゲの永久脱毛は全身の中でも特に強い痛みを伴います。
一言でヒゲと言っても実際に部位によって変わる痛みとヒゲの永久脱毛が痛みを伴う理由をご紹介します。

1-1.【ヒゲの永久脱毛】痛い部位ランキング

鼻下やアゴなど部位によってその痛みの具合は変わってきます
ここでは具体的にヒゲのどこの部位がどういった痛みを感じるのか、実際の体験者の声と合わせてランキング形式でご紹介します。

 1位 鼻下(上唇周辺) ★★★★★


ヒゲの中でも特にヒゲが密集しているため、痛みを強く感じやすい部位です。
ただし、施術範囲が狭い分、施術時間も短くて済みます。

【鼻下脱毛の体験談】

最初はヒゲが密集しているところはとても痛いと聞いていました。 

確かに実際やってみるととても痛かったです。 

麻酔はせずにしましたが終わってもヒリヒリした感じは残りとても痛みがありました。

続きはこちら

鼻下は相変わらず痛いです。

麻酔なしですとどれほど痛いのか受けてみたいくらいです。

今回もテンポよくやっていただいたので痛みに耐える時間は短くて済みました。

続きはこちら

人にもよりますが、特に顎先、鼻下は麻酔を行なっても激痛が走るので、これからも目に涙を浮かべながら照射しなければならないと思うと、正直辛いですね。。。

今回も麻酔を行いました。

続きはこちら

顔全体のヒゲの脱毛でしたがやはり一番痛いと思うところは鼻下でした。

ヒゲが一番密集しているところだと思うので今回も覚悟していましたがやっぱり痛かったです。

それでも、我慢できる痛みなので初めて受ける方も緊張するとは思いますがそこまで構える必要はないと思います。

続きはこちら

バチッバチッと一発一発の重みのある照射。

手際よく照射してもらいましたが、やっぱり痛いですね(笑)

頬やアゴ下など、比較的毛が薄い場所はあまり痛みは感じませんが、鼻下の特に鼻筋あたりはとても痛いです(笑)

続きはこちら

何処から照射するか聞かれますので、今回は麻酔無しで一番痛いという鼻の下からお願いしました。

その痛さですが…輪ゴム当てられる程度の痛みとかウッソだろお前!?って位に痛いです。

若干焦げ臭い匂いがしたので、火花が飛び散る位に爆発してるんじゃないかと思った位です。

(※実際は髭が焦げたり皮膚が火傷した訳でもなく、熱さも一切感じません。)

続きはこちら

 2位 あご(下唇周辺) ★★★★☆


鼻下よりも若干痛みは和らぎますが、それでもヒゲの密集具合で鼻下同等の痛みを感じる人が多くいます。
鼻下よりも少し範囲が広くなることがネックかもしれません。

【あご脱毛の体験談】

鼻下、顎先の痛みはかなり強く、少し休憩を挟みつつ照射を続けていきました。

なかなかの激痛ではありましたが、照射タイミングを教えていただけること、レーザーの照射有効範囲が広く、思ったより照射回数が少なかったことから、麻酔なしでもなんとか乗り切れました。

続きはこちら

毛が密集しているというアゴと鼻下はテンポよく照射するとうっすら涙が出る程度には痛かったです笑

続きはこちら

照射するタイミングでの声かけもして頂けますし、手際よく素早くやってもらえるので我慢するのもちょっとの間ですが、痛みに弱い方は無理をせずに麻酔をしたほうが良いと思います。

続きはこちら

問題の鼻下と顎は…変わらずすごく痛かったです。

それでもこちらの痛みに反してテンポ良く照射してくれたので時間はかからずに終わった様に感じます。

まだこの痛みが残り3回あると思うと気が重いですが、髭を剃るわずらわしさから開放される事を夢見て耐えるしかありません。

続きはこちら

1回目と同様に麻酔クリームを塗り、約1時間待機してから照射しましたが、前回と変わらずかなり痛かったです。

特に鼻下とアゴはかなり痛く、針を刺すような痛みでした。

続きはこちら

アゴ周りの痛みに関しては正直麻酔をしていても非常に痛かったです。

何回しても痛みに慣れるイメージが湧きません。

続きはこちら

狭い範囲とは言えどこを照射しても鋭い痛みが走ります。

特に顎に近い部位は毛が密集しているので、余計に強い痛みを感じます。

続きはこちら

いざやってみると……場所によるけどやはりめちゃくちゃ痛い()

アゴの際など毛が濃くてなおかつ骨が近いとこは笑える痛さです。

ヒゲやったあとはOラインをやらなきゃなのに背中やお尻が汗でびしょびしょになってしまいました。

(看護師のお兄さんごめんなさい…)

続きはこちら

 3位 ほほ・もみあげ ★★★☆☆


鼻下やあごに比べると比較的に痛みのレベルは下がりますが、エラ部分等の骨ばっているところや、ほほの毛が濃いという方はまずまずの痛みを感じる部位でもあります。


【ほほ・もみあげ脱毛の体験談】

ほほの痛みは毛穴と毛が少ないせいか痛みを我慢することが出来ました。

痛いのには変わりありませんが‥。少しピリッとする感じです。

続きはこちら

毛の濃いところで、反応が強いところは、結構チクチクっとしました。

痛みで耐えられないというほどではなかったですが。

時間的に短時間なので何とか大丈夫でした。

続きはこちら

最初にスタッフの方から、「輪ゴムでパチンと叩かれた痛み」と言われましたが、毛が濃い部分は黒い部分にレーザーのエネルギーが集中するため、結構な痛みはあります。

私は麻酔なしでも我慢できる程度でしたが、痛みの耐性が少ない人には麻酔を服用することをオススメします。

続きはこちら

やっぱりけっこう痛かったですが、歯を食いしばり乗り切りました。笑

(痛みを表現するなら、ゴムぱっちんされたような痛みで、なんとか耐えられるレベルです)

続きはこちら

初回が痛すぎたので今回は憂鬱との戦いで激痛を覚悟して来ましたが、1回目より痛みがましでした。

鼻下、顎付近は相変わらずの痛みですが、揉み上げ、頬、喉はチクチクするくらいでした。

続きはこちら

バチ!バチ!という音とともに冷たいような暖かいようなものが肌に触れ、すぐに輪ゴムで打たれたような痛みが来ます笑

2回目ということもあり、幸いにも施術時間も短く10分程度でした。

痛いのが苦手な方は、麻酔をしてもらうか、一気に照射してもらいましょう。笑

我慢する時間が長ければ長いほどつらい..

続きはこちら

頬の照射は相変わらずゴムでパシッと弾かれたみたいな刺激で、皮が厚い部分はあまり感じないのですが、皮膚が薄い部分は結構痛いです。

力を入れて耐えていたのがバレたのか、スタッフさんには終始お気遣いしていただいておりました。笑

続きはこちら

 4位 あご下 ★★☆☆☆


全身の他の部位に比べると痛みを感じやすいですが、他のヒゲに比べると比較的に痛みが弱い部位です。
ヒゲの他の部位は麻酔を使用する人が多いですが、あご下だけの場合は麻酔を使用しない人も多いです。

【あご下脱毛の体験談】

麻酔がなかったので、痛さを我慢しようとしたところ、ヒゲの濃くないところは強い痛みを感じることはありませんでした。

しかし、ヒゲの濃いところはやはり痛い。

スタッフからは「やっぱり痛いですよねぇ」と声をかけていただいたものの、うまくリアクションを返せなかったぐらいには痛かったです。

とは言え、そうこうしているうちに処置が完了。

続きはこちら

今回も麻酔なしで行いました。やはり前回麻酔なしでやりましたが、まだ痛いです。

が、少し慣れてきた気もします。口元から遠い部分はそこまで辛くないです。

続きはこちら

施術時の痛みは、スタッフの方が「ゴムで弾いた感じ」と言っていましたが大体そんな感じです。耐えられない程の痛みではありません。

また、施術中は「少し休憩いれますか?」や「やっぱり痛いですよねー」など常に気を使って下さったので、安心して施術を受けることが出来ました。

続きはこちら

1-2.なぜヒゲの永久脱毛は痛いのか

永久脱毛とは、毛穴ひとつひとつに対して針を差し込み、毛穴奥深くある毛乳頭に電気を与えることで、毛根を死滅させるニードル脱毛(針脱毛)と、毛包に存在する毛を再生させる細胞(幹細胞)をレーザーによって破壊することにより「永続的な脱毛効果」を得る医療レーザー脱毛の2種類しかありません。毛根や細胞を破壊する行為は医療行為にあたり、医師が存在しないエステサロンでの施術は法律で禁止されています。

毛根や細胞を破壊する行為は皮膚にダメージを与えるため少なからず痛みを伴います

医療レーザーに関して言えば、毛の黒の色素に反応し熱を発しているため、太く濃い、密集しているヒゲにはより反応がしやすく、効果を感じやすい反面、強い痛みも感じやすくなります。
また、顔は全身の中でも皮膚が薄く、刺激に敏感な部位でもあるため余計に痛みを感じやすい傾向があります。

もちろん痛みへの耐性や毛量や、部位によって痛みの感じ方・大きさは異なるので、それぞれの痛みの具合に合った対策方法・緩和方法を選びましょう。

 

メンズ脱毛専門のメンズリゼ
メンズ脱毛専門のメンズリゼ

2.ヒゲの永久脱毛の痛みを緩和する方法

ここまでにヒゲの永久脱毛の痛みについてご紹介しましたが、その痛みを緩和するために取れる手段があります。

 【クリニックで行える方法】

スタッフの声かけ

些細なことではありますが、例えば痛い部位の医療レーザー脱毛の照射を行う際に「ここは痛いですよ」「あと少しで終わりますよ」等の声があるだけで心構えやモチベーションが変わってきます。
また、会話があることで意識を痛みでない方向に向かせることや、痛みを和らげる効果が期待できます。

スタッフが自分のペースに合わせた施術の間隔を調整してくれたり、小休憩を挟んでくれるので、強い痛みには我慢し過ぎずに、施術最中でもスタッフに申し出てみてください。

クーリング

施術前、施術中、施術後にご希望に応じてしっかりとクーリングを行います。患部を冷却することで照射後の炎症を抑えられるだけでなく、痛みも緩和する効果があります。赤みだけでなく強い痛みがある場合には、その場でクリニックに相談しましょう。

麻酔

出来る限り痛みを緩和した状態で施術を受けたいという場合には麻酔の使用も可能です。麻酔は医療機関だからこそ使用できる方法で、実際にヒゲの施術では多くの人が麻酔を使用しています。

手軽に塗れる塗布麻酔のタイプや、笑気麻酔などがあるので、クリニックの医師や看護師に相談しながら使用有無を決めましょう。

麻酔クリーム(皮膚麻酔)

塗るタイプの麻酔。使用する場合、塗布してから30分経たないと効果が現れない。
麻酔クリーム内の成分であるリドカイン(キシオロカイン)にアレルギーを持っていると、アレルギー反応を起こしてしまう可能性がある。

笑気麻酔(ガス麻酔)

ガスタイプの麻酔で、特殊な機械で吸入して使用する。
吸入すると次第にお酒に酔ったような“ほわ~ん”とした状態になることによって、痛みに対する不安を感じなくなり、痛みそのものも感じにくくなる。


【クリニックで行った痛み緩和の体験談】

今回施術をしてくださった看護師さんは大変気さくな方で、私の緊張が伝わったのか、リラックスできるように話しかけてくださり、気持ちがスッと楽になりました。

照射の際には痛みの強い部分について、数字をカウントしながら照射をしてくださったり、驚くほどテンポのよい照射をしてくださり、3回目の施術を乗り切ることができました。

続きはこちら

施術中は痛みはありましたが、施術後は冷やしていただけますし、ほとんど痛みはありません。

赤みなども出ないので施術後から普通に外に出られますし、翌日も気になりません。

続きはこちら

初回の施術で痛みがどれ程のものか分かりませんでしたが、麻酔をお願いしました。

頬への照射は平気でしたが、鼻下と顎下の痛みはかなり強かったです。

鼻下は休憩を挟みながらゆっくり照射していただき、「あと◯回で終わりです」「痛いですよね」といった声掛けも時折あったので不安が和らぎ、あまり苦痛を感じる事なく済みました。

続きはこちら

前回も塗るタイプの麻酔を使用したのですが、上手く塗る事が出来ず、痛い思いをした箇所を重点的に塗ってみました。

その甲斐があってか、施術中の痛みはほぼ気になりませんでした。

続きはこちら

 【自分で行える方法】

クーリング

クリニックで行える方法でも紹介したクーリングですが、もし家に着いた後にそういった症状が起きた場合は、固く絞ったタオルや保冷剤をタオルで巻いたものなどで患部を冷やしましょう。

皮膚や体温を上げない(直射日光、入浴、激しい運動、過度なアルコール摂取等)

施術後は患部の皮膚がダメージを受けることで熱を帯びた状態になっています。そのため直射日光、入浴、激しい運動、過度なアルコール摂取等でさらに体温をあげてしまうと、さらに肌の赤みやヒリヒリ感を悪化させてしまう可能性があります。
※シャワー程度は問題ありませんが、入浴の際はタオルでこする等の患部への刺激は控え、手で優しく洗い流すようにしましょう。

保湿

肌の乾燥は皮脂分泌量の低下や角質細胞間脂質などの減少により角質の水分含有量が低下している状態です。これは肌のバリア機能が弱まっており、ダメージを受けやすくなっている状態で、これでは痛みを増幅させてしまいます。
ただでさえ顔は他の部位と比べ、皮膚が薄く乾燥を引き起こしやすい部位なので、日頃のケアが大切です。特にお風呂あがりの肌は入浴前よりも水分が不足し、敏感肌になりやすいため、10分以内を目安に保湿クリームや化粧水などで保湿を行いましょう。

【自分で行った痛み緩和の体験談】

帰りに近くのコンビニでアイスを購入し、顔を冷やしながら帰宅したところ、顔の赤みも長引くことなく、1日のうちに収まりました。

毎回、照射後は赤みが酷く、家族から非常に心配されていた(家族は脱毛に通っていることは知りません。)のですが、それもありませんでした。

冷やすことの大切さを痛感したところです。

続きはこちら

照射後すぐに鏡でチェックすると首周りが少し赤くなっていました。

1時間後、家に帰って、鏡を見ると赤みは引いていました。

入浴はせずに、シャワーを軽く浴びて、化粧水でたっぷりと保湿をしています。

続きはこちら

施術後は特に普段と変わりませんでしたが、少し乾燥しやすくなるとのことだったので、化粧水を使って保湿をすることを心掛けました。

施術翌日の髭は普段より少し硬いかなと思いましたが、それ以降は特に気になることはなく過ごしていました。
なので私の場合は2回施術を行った現在、目立ったお肌トラブルはありません。

続きはこちら

施術初日と数日間は肌が赤くガサガサのように荒れてしまい熱を持っていますので、お肌のケアをしっかりした方が良いです(*´꒳`*)

保湿や必要により冷たい濡れタオル等で冷やすのが良いです(*´ω`*)

続きはこちら

 

メンズ脱毛専門のメンズリゼ
メンズ脱毛専門のメンズリゼ

3.まとめ

ヒゲの永久脱毛はニードル脱毛(針脱毛)と医療レーザー脱毛でのみ行うことができ、痛みは全身の中でも強く感じやすいです。
具体的には、【あご下<ほほ・もみあげ<あご<鼻下】の順で強い痛みを感じますが、痛みは緩和することも可能です。

【クリニックで行える痛みを緩和する方法】

  • ・スタッフの声かけ

    ・クーリング

    ・麻酔(塗布麻酔、笑気麻酔 等)

【自分で行える痛みを緩和する方法】

  • ・クーリング

    ・皮膚や体温を上げない(直射日光、入浴、激しい運動、過度なアルコール摂取等)

    ・保湿

ヒゲの永久脱毛は確かに痛みを伴います。
しかし、しっかりと対策を行うことで痛みの緩和は可能です。

ぜひこの記事をヒゲの永久脱毛を痛さを乗り越える参考にしてみてください。