【早見表付き】スグ分かる!あなたのニーズに応じたヒゲ(髭)脱毛方法4選

「ヒゲ脱毛したいけど、クリニックやサロンに通う時間がない」や「できるだけ短時間でヒゲを無くしたい」など、今の自分に合ったヒゲ(髭)脱毛の方法を知りたい!

 

そんな悩みを抱えて、この記事にたどり着いた方が多いのではないでしょうか。

 

実は、ヒゲ(髭)脱毛には大きく分けて、2パターンあります。一つは脱毛のプロに任せる方法と、もう一つは自分で行う方法です。

 

そこで、今回はプロに任せる医療レーザー脱毛、ニードル脱毛(針脱毛)、エステ脱毛(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛)と家庭用脱毛機の4つの方法をニーズに応じて分かりやすく、そしてそれぞれの特徴やメリット・デメリットとともに紹介していきます。

 

分かりやすくポイントをお伝えしますので、自分に合ったヒゲ(髭)脱毛方法を見つけて、煩わしいヒゲとおさらばして、悩みを解消させましょう!

 

 

1.あなたのニーズに応じたヒゲ(髭)脱毛の方法がスグ分かる早見表

男性のニーズに応じた様々なヒゲ(髭)脱毛の方法を表にまとめました。

 

ニーズ
医療レーザー脱毛
■できるだけ早くヒゲを無くしたい
■永久的にヒゲを無くしたい
■ヒゲを一気に処理したい

ニードル脱毛
(針脱毛)

■金銭的に余裕がある
■永久的にヒゲを無くしたい
■ヒゲを一部無くしたい

エステ脱毛
(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛)

■時間に余裕がある
■肌が弱い
■通いやすさ重視
家庭用脱毛器
■自宅で済ませたい
■自分の好きなタイミングで脱毛したい
■できるだけ安く収めたい

 

回数
医療レーザー脱毛
5~8回

ニードル脱毛
(針脱毛)

5~8回

エステ脱毛
(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛)

15~18回
家庭用脱毛器
20回~

 

平均費用
医療レーザー脱毛
12万円前後

ニードル脱毛
(針脱毛)

178万円前後(毛の薄さにより異なる)

エステ脱毛
(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛)

18万円前後
家庭用脱毛器
3~7万円

 

期間
医療レーザー脱毛
半年~1年半

ニードル脱毛
(針脱毛)

半年~1年半

エステ脱毛
(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛)

2~3年※減毛効果
家庭用脱毛器
2年以上※減毛効果

 

メリット
医療レーザー脱毛
■永久脱毛の効果がより期待できる
■広範囲にわたるヒゲを一気に処理できる
■医師や看護師が常駐しているため、安全性が高い
■医療機関のみでしか取り扱えない麻酔の使用が可能

ニードル脱毛
(針脱毛)

■永久脱毛の効果がより期待できる
■医療レーザー脱毛では処理できない白髪にも適している
■医師や看護師が常駐しているため、安全性が高い
■医療機関のみでしか取り扱えない麻酔の使用が可能

エステ脱毛
(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛)

■プロによるムラのない脱毛ができる
■2~3年通えば、毛の生えてくるペースが遅くなり、自己処理の手間が省ける
■キャンペーンが多く、格安で脱毛できる
家庭用脱毛器
■衛生面で安心
■いつでも気軽に使用できる
■予算や希望に合った製品を選べる

 

デメリット
医療レーザー脱毛
■白髪には脱毛効果が得られない
■過度な日焼けをした肌には照射ができない
■個人差はあるが、場所によっては強い痛みを伴う

ニードル脱毛
(針脱毛)

■脱毛前にヒゲを伸ばす必要があるため、業種によっては難しい
■かなりの時間を費やす
■その他の脱毛方法と比較をすると費用が高い
■長時間強い痛みを伴う
■技術者が少ない

エステ脱毛
(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛)

■時間がかかる
■医療機関ではないため、火傷や肌荒れなどのトラブルに処置ができない
■永久的な脱毛効果はない
家庭用脱毛器
■時間がかかる
■永久的な脱毛効果はない
■あご下など見づらい箇所の照射が難しい
■肌を痛めてしまう危険性がある
■仕上がりにムラがでてしまう可能性がある

 

注意点
医療レーザー脱毛
■日焼けした肌、ほくろやタトゥーがある箇所には、火傷のリスクが高まるため、照射できない
■脱毛前の毛抜きでの処理は脱毛効果が得られなくなるためNG

ニードル脱毛
(針脱毛)

■毛が生えている状態でないと脱毛できないため、施術前の自己処理や毛抜きはNG

エステ脱毛
(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛)

■日焼けした肌、ほくろやタトゥーがある箇所には、火傷のリスクが高まるため、照射できない
■脱毛前の毛抜きでの処理は脱毛効果が得られなくなるためNG
家庭用脱毛器
■強い光から目を守るために、サングラスを着用必須
■日焼けした肌、ほくろやタトゥーがある箇所には、火傷のリスクが高まるため、照射できない
■脱毛前の毛抜きでの処理は脱毛効果が得られなくなるためNG
医療レーザー脱毛

ニードル脱毛

(針脱毛)

エステ脱毛
(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛)
家庭用脱毛器
ニーズ

■できるだけ早くヒゲを無くしたい

■永久的にヒゲを無くしたい

■ヒゲを一気に処理したい

■金銭的に余裕がある

■永久的にヒゲを無くしたい

■ヒゲを一部無くしたい

■時間に余裕がある

■肌が弱い

■通いやすさ重視

■自宅で済ませたい

■自分の好きなタイミングで脱毛したい

■できるだけ安く収めたい

回数 5~8回 5~8回 15~18回 20回~
平均費用 12万円前後 178万円前後(毛の薄さにより異なる) 18万円前後 3~7万円
期間 半年~1年半 半年~1年半

2年~3年
※減毛効果

2年以上
※減毛効果

メリット 

■永久脱毛の効果がより期待できる

■広範囲にわたるヒゲを一気に処理できる

■医師や看護師が常駐しているため、安全性が高い

■医療機関のみでしか取り扱えない麻酔の使用が可能

■永久脱毛の効果がより期待できる

■医療レーザー脱毛では処理できない白髪にも適している

■医師や看護師が常駐しているため、安全性が高い

■医療機関のみでしか取り扱えない麻酔の使用が可能

■プロによるムラのない脱毛ができる

■2~3年通えば、毛の生えてくるペースが遅くなり、自己処理の手間が省ける

■キャンペーンが多く、格安で脱毛できる

■衛生面で安心

■いつでも気軽に使用できる

■予算や希望に合った製品を選べる

デメリット×

■白髪や産毛には脱毛効果が得られない

■過度な日焼けをした肌には照射ができない

■個人差はあるが、場所によっては強い痛みを伴う

■脱毛前にヒゲを伸ばす必要があるため、業種によっては難しい

■かなりの時間を費やす

■その他の脱毛方法と比較をすると費用が高い

■長時間強い痛みを伴う

■技術者が少ない

■時間がかかる

■医療機関ではないため、火傷や肌荒れなどのトラブルに処置ができない

■永久的な脱毛効果はない

■時間がかかる

■永久的な脱毛効果はない

■あご下など見づらい箇所の照射が難しい

■肌を痛めてしまう危険性がある

■仕上がりにムラがでてしまう可能性がある

注意点

■日焼けした肌、ほくろやタトゥーがある箇所には、火傷のリスクが高まるため、照射できない

■脱毛前の毛抜きでの処理は脱毛効果が得られなくなるためNG

■毛が生えている状態でないと脱毛できないため、施術前の自己処理や毛抜きはNG

■日焼けした肌、ほくろやタトゥーがある箇所には、火傷のリスクが高まるため、照射できない

■脱毛前の毛抜きでの処理は脱毛効果が得られなくなるためNG

■強い光から目を守るために、サングラスを着用必須

■日焼けした肌、ほくろやタトゥーがある箇所には、火傷のリスクが高まるため、照射できない

■脱毛前の毛抜きでの処理は脱毛効果が得られなくなるためNG

※平均費用と期間は効果を実感できるまでのもの    

2.ニーズに応じたヒゲ(髭)脱毛方法4選

2-1.できるだけ早く毛をなくしたい=医療レーザー脱毛

 

医療レーザー脱毛:医療用の強力なレーザーを皮膚に照射し、熱を通じて毛根を破壊していきます。広範囲のムダ毛を一気に脱毛することができ、永久脱毛効果が得やすい脱毛法です。

推奨回数:5〜8回
ヒゲ(髭)脱毛の平均価格:12万円前後

フロー:
【カウンセリング】
医師による脱毛法の説明、脱毛をしたい部位の肌状態を診断します。

【デザインの決定】
照射を行う範囲やデザインをマーキングします。

【テスト照射】
照射は、看護師が担当します。1回目の照射の際には、レーザーに対する皮膚の反応を確認するためにテスト照射を行います。

【本照射】
毛質や肌の状態をこまめに確認しながら、照射を行います。痛みに耐えられない場合は、麻酔も使用できます。

【アフターケア】
施術後に軟膏を分布して終了です。
脱毛後は、保湿を心がけ、日焼けには注意をしましょう。

医療レーザー脱毛のメリット
■永久脱毛の効果がより期待できる 
■広範囲のムダ毛を一気に処理できるため、短時間で終わる
■医師や看護師が常駐しているため、安全性が高く、万が一のトラブルにも迅速に対応してくれる
■医療機関のみでしか使用が許されていない麻酔が使用できる

×医療レーザー脱毛のデメリット
■医療レーザーは黒い毛にしか反応しないため、白髪には脱毛効果がない
■過度な日焼けをした肌には火傷のリスクが高まるため、照射できない場合がある
■個人差はあるが、部位によっては強い痛みを伴う

医療レーザー脱毛の注意点
■過度に日焼けした肌、ほくろやタトゥーがある箇所は、レーザーが反応をして火傷のリスクが高まるため、脱毛前後の日焼けには注意が必要
■毛抜きで毛を抜いてしまうとレーザーが反応せず、脱毛効果が得られないため、毛抜きでの自己処理は禁止
■毛が生えたままの状態だと、皮膚の表面に出ている毛まで熱を持ってしまい、火傷の危険性があるため、カミソリやシェーバーであらかじめヒゲを剃毛しておく必要がある

2-2.金銭的に余裕がある=ニードル脱毛(針脱毛)

ニードル脱毛(針脱毛):毛が生えている毛穴一本一本に長さ5mmほどの針(ニードル)を刺し、電流を流して毛根を破壊していく脱毛法です。医療レーザー脱毛では難しいとされている白髪に対しても、効果が得られやすいといわれています。しかし、一本一本繰り返し針を刺していくので、膨大なお金と時間がかかります。

推奨回数:5〜8回
ヒゲ(髭)脱毛の平均価格:178万円前後

フロー:
【カウンセリング】
医師による脱毛法の説明、脱毛をしたい部位の肌状態を診断します。
カウンセリング当日に施術を行う場合は、自己処理を1週間~10日前に中止し、毛を生やした状態で来院します。

【毛の消毒】
施術部位を清潔にするため消毒を行います。クリニックによっては、痛みの軽減のためにアイシングを行ってから施術を行う場合や、蒸したタオルなどを肌に当て、事前に毛穴を開かせる場合があります。

【テスト脱毛】
施術は看護師が担当します。1回目の脱毛の際には、その人に最適な出力を確かめるため、テスト脱毛を行います。 また、同時に肝炎などの感染を防ぐため、血液検査も行います。

【脱毛開始】
針を毛穴に挿入し、電流を流して脱毛を行います。痛みに耐えられない場合は、麻酔も使用できます。

【アフターケア】
施術後は、アイシングを行い、軟膏を分布して終了です。

ニードル脱毛(針脱毛)のメリット
■永久的な効果が得やすい
■医療レーザー脱毛では処理しきれない白髪や産毛にも効果がある
■日焼けした肌でも大丈夫
■医師や看護師が常駐しているため、安全性が高く、万が一のトラブルにも迅速に対応してくれる
■医療機関のみでしか使用が許されていない麻酔が使用できる

×ニードル脱毛(針脱毛)のデメリット
■脱毛前にムダ毛を伸ばしておく必要がある
■1本1本確実に処理していくため、膨大な時間がかかる
■一本ずつの施術になるため、長時間激しい痛みを伴う
■技術者が少ない

ニードル脱毛(針脱毛)の注意点
■毛が生えている状態でないと脱毛できないため、毛抜きやカミソリでの自己処理は禁止

2-3.時間に余裕がある=エステ脱毛(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛)

エステ脱毛(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛):皮膚に光をあてることで、毛根を弱らせ、一時的に脱毛効果を得る方法です。見た目は医療レーザー脱毛に似ていますが、エステ脱毛(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛)は毛根の破壊ができず、しばらくすると生えてきてしまうため、通い続ける必要があります。

推奨回数:15〜18回
ヒゲ(髭)脱毛の平均価格:18万円前後

フロー:
【カウンセリング】
カウンセラーによる脱毛法の説明、注意点などの説明があります。

【デザインの決定】
照射を行う範囲やデザインをマーキングします。

【冷却ジェルの塗布】
火傷の防止と痛み軽減のために冷却ジェルを塗布します。

【施術】
毛質や肌の状態を確認しながら、当て漏れが無いよう施術を行います。

【アフターケア】
施術後に保湿クリームを分布して終了です。

エステ脱毛(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛)のメリット
■プロの手によるムラのない脱毛ができる
■しばらく通えば、毛が生えてくるペースが遅くなり、自己処理の回数がグンと少なくなる
■キャンペーンが多く、格安で脱毛できる
■毛根を破壊しないので、肌へのダメージが少ない
■店舗数が多いため、通いやすい

×エステ脱毛(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛)デメリット
■効果を実感するまでに時間がかかる
■医療機関でないため、万が一の火傷や肌荒れなどのトラブルに対応できない
■一時的な減毛であるため、通い続けなくてはいけない

エステ脱毛(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛)の注意点
■過度に日焼けした肌、ほくろやタトゥーがある箇所は、光が反応をして火傷を起こす可能性があるため、脱毛前後の日焼けには注意が必要。
■毛抜きで毛を抜いてしまうとレーザーが反応せず、脱毛効果が得られないため、毛抜きでの自己処理は禁止
■毛が生えたままの状態だと、皮膚の表面に出ている毛まで熱を持ってしまい、火傷の危険性があるため、カミソリやシェーバーであらかじめヒゲを剃毛をしておく必要がある

2-4.自宅で済ませたい=家庭用脱毛器

家庭用脱毛器:

脱毛をするためにエステやクリニックに通うのが面倒な人におすすめな自宅で手軽に光脱毛が行える機器です。エステ脱毛と同様に、光脱毛は毛根の破壊ができないため、永久的な脱毛効果はありません。

推奨回数:20回〜
平均価格:3〜7万円

フロー:
【アイシング】
使用する前に、光をあてる部位をしっかりとアイシングします。

【サングラスを装着】
家庭用脱毛器を使用中は、光から目を保護するためにサングラスを着用します。

【照射】
ほくろや濃い色素沈着を起こしている箇所は避けて照射します。

【アフターケア】
乾燥を防ぐためにお手持ちの化粧水や保湿クリームで保湿をして終了です。

家庭用脱毛機のメリット
■自分専用だから衛生面で安心
■自分の好きなタイミングや時間帯に手軽に使用できる
■予算や希望に合った製品を選ぶことができる

×家庭用脱毛機のデメリット
■効果が実感できるまでに時間がかかる
■永久的な脱毛効果が得られない
■あご下など鏡を使用しても見づらい箇所の照射が自分では難しい
■火傷のリスクや肌を傷めてしまう危険性がある
■仕上がりにムラが出てしまう可能性がある

家庭用脱毛機の注意点
■施術を行う際は、強い光から目を守るために、サングラスを着用する
■過度に日焼けした肌、ほくろやタトゥーがある箇所は、光が反応をして火傷のリスクが高まるため、脱毛前後の日焼けには注意が必要
■毛抜きで毛を抜いてしまうとレーザーが反応せず、脱毛効果が得られないため、毛抜きでの自己処理は禁止
■毛が生えたままの状態だと、皮膚の表面に出ている毛まで熱を持ってしまい、火傷の危険性があるため、カミソリやシェーバーであらかじめヒゲを剃毛しておく必要がある

3.ヒゲ(髭)脱毛の魅力

ヒゲ(髭)脱毛の魅力と、ヒゲ(髭)脱毛をするとどんな良いことがあるのかをご紹介していきます。

3−1.朝の時間に余裕が持てる

忙しい朝の時間を有効に使いたいビジネスマンやヒゲのデザインにこだわりのある男性は、毎朝ヒゲ剃りに費やしていた時間をギュッと短縮させることができ、ゆとりある朝を過ごすことが出来ます。

3−2.青ヒゲが解消される

青ヒゲの原因は、自己処理したヒゲの断面が皮膚の中から透けて見えてしまうことです。どんなに深剃りをしても、毛根までは剃れないため、皮膚の中にはヒゲが残ってしまいます。
特に、色白な方やヒゲが濃い方に多く見られますが、毛根を破壊し、ヒゲを生えさせなくすることで、根本的に青ヒゲを解消することができます。また、夕方にヒゲが生えてくる心配もなくなるので、仕事の終わりの飲み会やデートも気軽に楽しめます。

3−3.清潔感UP

ヒゲ(髭)脱毛をすることで、ヒゲの剃り残しや青ヒゲに悩まされることがなくなり、周囲にも「身だしなみに気を使っているんだな」と清潔感を印象付けられます。また、清潔感があると思ってもらえれば、相手に好印象を持たせることができるかもしれません。

3−4.女性からの好感度UP

ヒゲは人目につくので、きれいに整えられたヒゲを保つことで、女性から好印象を持たれやすいです。

恋愛対象者の男性に対して清潔感を求める女性の場合は、ヒゲを整えているとプラス要素となり、好感度UPにつながりやすいようです。

3−5.社会人のエチケット

職種や業種によっては、ヒゲをOKとする会社もありますが、就活生はもちろん、営業や接客の仕事をしている社会人は、相手に不快な思いをさせないよう、ヒゲを整えることは社会人において最低限のエチケットとされています。

ヒゲ(髭)脱毛をすることで、爽やかな印象を手に入れることができ、自身の仕事においてのパフォーマンス向上にもつながることでしょう。

3−6.自己処理による肌荒れを回避

特に、あごやあご下は曲面を含む形状なためシェービングが難しく、ケガをしやすい箇所です。傷ができると人目が気になりますし、傷口からの雑菌が感染症を引き起こす場合もあります。

ヒゲ(髭)脱毛をすると、これらのリスクを軽減させることができ、肌を傷つける回数がグンと減ります。

3−7.若く見られやすい

ヒゲを生やしていると実年齢より上に見られることが多いです。もちろん、それを意図する場合もあるかとは思います。ヒゲは顔の印象を大きく左右させるため、個人差はありますが、ヒゲの濃さや毛量、ヒゲがなくなることで実年齢より、若く見られやすいです。

また、頻繁にヒゲ剃りをする必要がなくなるため、肌荒れが解消され、水分を保った健康的で若々しい肌を保てます。

3−8.カミソリ代やシェーバー代のコストを節約

ヒゲの自己処理をし続けるとした時、ヒゲ剃りの定番とも呼ばれているのが、カミソリとシェーバーではないでしょうか。

例えば、使い捨ての2枚刃のカミソリを使用した場合に、10本入り500円のものを購入したとして、1本50円となかなかの安さです。ですが、1日50円×40年間(1日5分間と想定)で730,000円かかります。

シェーバーの場合には、本体が15,000円で刃5,000円×40年間(1日3分間と想定)で215,000円かかります。また、衛生面や安全面を考えた場合にも、自己処理だと肌トラブルのリスクがより高まります。

結果、長い目で見た場合、自己処理をし続けるよりも、ヒゲ(髭)脱毛をした方が大幅なコストの節約に繋がります。

4.まとめ

ニーズに応じた4つのヒゲ(髭)脱毛方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

■医療レーザー脱毛
■ニードル脱毛(針脱毛)
■エステ脱毛(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛)
■家庭用脱毛器

ヒゲの濃さや毛質、個人差はありますが、ヒゲ(髭)脱毛をするにあたって自分がどんなヒゲになりたいかをきちんと明確にしておく必要があります。

ご紹介した4つの方法の中からどれが今の自分のニーズとマッチするのか、自分に合ったヒゲ(髭)脱毛方法を見極めて、選んでくださいね。