【309名の人事担当者が回答】社会人のヒゲの印象&印象を良くするヒゲの作り方

社会人のヒゲってあったらだめなの?ないのが常識ってほんと?
と気になっている方も多いのではないでしょうか。

ここ最近では、ヒゲを生やすことに寛容な会社も増えてきましたし、個性を表現するアイテムの一つとして前向きにとらえられているところもあります。とはいっても、ヒゲに対して不衛生・不潔なイメージを持っている人も少なくありません。

そこで、今回はヒゲを蓄える際の注意点、社会人ヒゲの印象をよくする秘訣をご紹介します。
ぜひ、この記事を参考にご自身のヒゲと向き合ってみてください。

1.社会人のヒゲに対する周囲からの印象について

社会人男性にとって、「身だしなみ・清潔感」は非常に大切なものです。とくに、多くの男性が通る就職活動においてや、人と関わることの多い営業マン、接客業の方は、なおさら重要です。

身だしなみの中でも男性における最も重要なパーツは「ヒゲ」です。最近では昔に比べ、ヒゲが世間的に認知されてきてはいるものの、業種によっては否定的な声も少なくありません。

この章では、全国の人事担当者・男女309名に聞いた「身だしなみ・清潔感」についてのアンケート結果をともに、お話ししたいと思います。

1-1.309名の人事担当者から見た社会人のヒゲの印象

人事担当者の309名のうち、307名が身だしなみ・清潔感を気にすると回答。      

※実施期間:2017年2月21日~2月22日(インターネット調査)
 対象者:現役人事担当者男女309名

99%以上の人事担当者が「身だしなみ・清潔感」を採用の一つの判断基準として見ているという結果となりました。

実際に人事担当者の意見を聞いてみましょう。

■サービス業はビジュアルは売り上げに直結する。 (36歳・男性)
■身だしなみがきちんとしていないと、仕事にかかわる基本的な所作にかける。 (53歳・男性)
■プレ社会人として、最低限の身だしなみは必用。 (57歳・男性)
■身だしなみが出来ていれば、全て良いというわけでなく、出来ていて当たり前だと思います。出来ていない人はマイナスからのスタートという印象。 (22歳・男性)
■身だしなみは社会人としての基本であるため、それが出来ない人は、仕事に対する姿勢も適当であるとみなすため。 (34歳・女性)
■生活のみだれは今後の仕事ぶりに直結する。  (34歳・女性)

※実施期間:2017年2月21日~2月22日(インターネット調査)
 対象者:現役人事担当者男女309名

男女別に見ても、身だしなみ・清潔感を求める声が強く、清潔感のない人は第一印象で悪い印象を持たれてしまいます。

身だしなみが整っていない人に比べて、身だしなみが整っている人は選考を通過する確率は上がりますか?
96.4%が「はい」と回答。

※実施期間:2017年2月21日~2月22日(インターネット調査)
 対象者:現役人事担当者男女309名

身だしなみを整えることは、就職活動においてだけではなく、社会人になってからもクライアント先や周囲の人間にあなたの誠意を表す重要なポイントになります。

中でも、7割以上の人事担当者が、身だしなみが整っていないと判断するポイントでは、髪型・寝癖の次にヒゲ(青ヒゲ・剃り残し)がランクインしています。※複数回答

※実施期間:2017年2月21日~2月22日(インターネット調査)
 対象者:現役人事担当者男女309名

スーツのシワや汚れよりも、ヒゲ(青ヒゲ・剃り残し)を見ているという衝撃的な結果になりました。
テレビCMや電車の中吊りなどでも脱毛の広告を見かけるようになったことから、よりヒゲ(青ヒゲ・剃り残し)に対する周囲の意見が厳しくなってきているのではないかと思います。

1-2.社会人における清潔感の重要さ

アンケート結果からは、ヒゲ(青ヒゲ・剃り残し)が周囲に清潔感のないイメージを与えてしまうということがわかりました。

社会人の身だしなみは、学生時代のおしゃれとは異なり、第一印象を良くするための基本的なマナーなので、どんな時も清潔感が重要です。ブランド物のスーツやネクタイを揃える事ではなく、まずはヒゲの剃り残しはないか、無精ヒゲが生えていないか、シャツにシワや汚れがないかを重点的にチェックしていきましょう。

また、清潔感にはもう一つ大事な役割があります。清潔感のある人は、周囲に好印象を与えることができ、信頼を得ることにもつながります。

極端な話、見た目がだらしなく、清潔感に欠けるような人とは、一緒にビジネスをしたいと思いません。清潔感を手に入れることで、必然的に相手からの信頼を得ることができ、ビジネスにおいてとても良い関係性が築けます。

1-3.まとめ

仕事を磨くという前に、まずは身だしなみ・清潔感を徹底することが大切です。身だしなみ・清潔感を保つためには、言われる前に行動をする必要があります。

無精ヒゲや自己処理での剃り残しが気になるようなら、脱毛クリニックや脱毛サロンで脱毛してしまうという方法もあります。シャツにシワができやすいのであれば、シワがつきにくい形態安定加工のものを選ぶことをおすすめします。

他にも、家を出るときに必ず鏡を見る習慣をつけていれば、うっかり寝ぐせで出社してしまったなんてことも回避できます。

相手に不快感を与えないように心掛けることはビジネス上とても大切です。清潔感のある身だしなみが、時に仕事を有利に運ぶこともあるということを覚えておきましょう。

2.社会人ヒゲが与える印象と許される業界・業種

2-1.社会人においてヒゲが与える相手への印象

ヒゲは口周り、あごや頬などに生える毛のことを言いますが、ビジネスシーンにおいて、ヒゲを生やしているとトラブルになってしまうことがあります。

業種や職種によってはヒゲに対して寛大なところもあります。例えば、アパレル系や美容師、クリエイティブ系ならむしろ個性やおしゃれとしてヒゲを残す人も多いかと思います。

しかし世の中の多くを占める営業や事務などの業種、就活や転職活動をする上では、ヒゲはNGとされています。

ヒゲの濃さが不衛生・不潔なイメージを与えがちだからです。就活や転職活動以外のビジネスシーンにおいても、きちんと処理されている人のほうが、取引相手に好印象を持ってもらえやすく、爽やかな印象を与えることができます。プライベートでファッションを楽しむのとビジネスマナーは全くの別物だということを、注意しておく必要があります。

2-2.ヒゲを蓄える際の注意点とは

前章では、ヒゲがOKな業種もあることをお話ししました。

アパレル関係や美容師、クリエイティブ関係の人たちはファッションとしてヒゲを取り入れてる方が多いと思います。これらの業種の方々たちは、きちんと毎日手入れを行い、清潔感のあるヒゲを保つ為に、時間とお金をかけてケアをしています。

ほとんどの人が、出勤前にシェービングを行っていたり、脱毛クリニックや脱毛サロンで要らないヒゲを脱毛するなどして、清潔感のあるヒゲを保つ為に様々な努力をしています。

同じヒゲでも、きちんと整えているのか、そうでないのかによっても、印象が大きく変わっていきます。ヒゲの状態というのは印象を大きく左右させる要因となるので、こまめに手入れをしていきましょう。

2-3.ヒゲを生やしている人が多い業界・業種

ヒゲを生やしている人が多い業界・業種をご紹介します。

2-3-1.アパレル業界とヒゲ

ヒゲを生やしている人が比較的多いアパレル業界です。ファッショナブルな衣料の製造、流通、販売をする産業なので、おしゃれに興味のある方が多いです。

ヒゲも個性の一つとして、アパレル業界では受け入れらえていますが、第一条件として、剃り残しのない手入れが行き届いたヒゲであることが大前提です。

2-3-2.美容師業界とヒゲ

美容室によっても異なりますが、比較的ヒゲを生やすことに寛大な業種です。おしゃれなヘアスタイルを提供する職業なので、アパレルと似ていますが、自分自身のファッションにも気を使います。

そういった意味でも、美容師はお客様と近い距離で接する接客業なので、清潔感のないヒゲは不清潔なイメージを与えてしまうので、日々の手入れが重要となります。

2-3-3.IT業界とヒゲ

IT業界でも、ヒゲを生やすことを受け入れている会社がありますし、もちろん部署によっては厳しいところもあります。

クリエイティブ系の企業では、服装に指定がなく、ヒゲや髪型についてもほぼ自由に勤務することが容認されている場合が多いです。とはいっても、ヒゲを生やしっぱなしで会社へ行くことは周囲を不快にさせたり、嫌悪感を抱かせてしまいますので、気を付けましょう。

2-3-4.芸能界とヒゲ

生き残りが激しい芸能界では、チャームポイントや個性を演出する材料としてヒゲを生やしている芸能人が多くいます。

ヒゲで連想する芸能人といえば、竹野内豊さんや玉山鉄二さん、オリラジのあっちゃんなどが挙げられるかと思います。業種としては、自由な世界ではありますが、不衛生に見られない程度に、おしゃれに整えられています。

2-4.まとめ

以上のように、業種や職種によってはヒゲを生やしても大丈夫なところもあります。ヒゲを生やすことで、昔は偉人の貫禄の証と言われていたり、今では自分の個性をアピールすることに繋がっています。

ですが、業種に限らずヒゲを生やしっぱなし、無精ヒゲや剃り残しがあるままで出勤することは不潔な印象を与えてしまいます。

毎朝ヒゲを剃る習慣をつけ、要らない毛は思い切って脱毛をしてしまうことで、清潔感のある印象を手に入れることができ、就職先の幅も広がります。ヒゲを残したままが良い人は、ヒゲがOKな会社であるか、事前に確認をしておく必要があります。

3.社会人においてヒゲが生えている人のメリットとデメリット

3-1.ヒゲを生やしていて得すること

メリットとして、以下の内容が挙げられます。

■男らしいワイルドな印象を与えられる
■個性がでる
■年齢が若くても貫禄がでる
■紫外線から肌を守ってくれる
■肌荒れを防ぐ

ヒゲがある無しで、男性の印象は大きく変わっていきます。ヒゲを生やすことでは、男らしく見られるや貫禄がでるといった、いい男度を高めてくれるメリットもあります。

そのほかにも、ヒゲの長さ・形・範囲にもよりますが、90~95%の割合で有害となる紫外線から顔の肌を守ってくれることが明らかになっています。このように男性にとっては、ヒゲを生やすことで良い面もあります。

3-2.ヒゲを生やしていて損すること

デメリットとして、以下の内容が挙げられます。

■きちんと整えられていないヒゲはだらしない印象を与える
■不清潔なイメージを与える
■実年齢より老けて見られる
■チャラいイメージを持たれる

最近でこそ、芸能人の影響などからヒゲを生やしている人が増えてきましたが、特定の業種に限られており、世間一般的にヒゲはフォーマルな場ではNGとされています。

ヒゲを生やすことに対して、「男らしい」などのいい面もあれば、「不清潔な印象」「だらしない」と信頼を得ることが出来ない場合も少なくありません。ヒゲは長すぎても短すぎても汚くなってしまいがちですので、非常に難しいファッションの一部だと言えます。

3-3.まとめ

これまでのメリット・デメリットを踏まえ、ビジネスにおいての結論から言うと、ヒゲがない方が得だと言えます。

長期休みなどのプライベートでヒゲを生やす分には問題はないですが、ビジネスにおいて信頼を得るためには生やしていない方が有利です。どんなに頭が切れて仕事ができたとしても、信頼をなくして、ビジネスは成り立たないからです。

4.印象をよくするデザインヒゲとは

4-1.デザインヒゲとは

デザインヒゲとは、ただヒゲを生やすということではなく、きれいな形や長さに整えたヒゲのことをいいます。ですが、デザインにもよりますが、部分的にヒゲ同士を繋げたデザインや丸みのあるデザインなど幅広くあるため、自分で行うのは技術が必要になり、かなり難しいです。

では、どうしたら良いのか。理想のデザインヒゲを手に入れるためには、大きく分けて3つの方法があります。

■レーザーを照射して毛根を焼き切ってしまう、医療レーザー脱毛法
■毛穴ひとつ一つに針を刺し、電流を流して毛根を破壊していく、ニードル脱毛(針脱毛)法
■毛根を破壊しない程度の光を照射し、減毛をおこなっていく、エステ脱毛(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛)法

プロによるこれら3つの脱毛という方法で、デザインヒゲを手に入れることが出来ます。「ほほのヒゲは無くしたいけど、鼻下とアゴのヒゲは薄くしたい」「鼻下とアゴ下は残したい」などの要望に合わせて、専門のスタッフがデザインヒゲ脱毛を行ってくれます。

最近では、アパレル業界やIT業界の方でも、ヒゲのデザイン脱毛を行う方が増えてきました。決まったデザインがあるのであれば、要らない部分のヒゲを脱毛して、毎日の手入れ時間を短縮することも出来ます。

デザインヒゲ脱毛は手入れの煩わしさから解放されるのと同時に、清潔感のあるおしゃれなヒゲを保つことができるメリットもあります。

4-2.デザインヒゲの種類

ヒゲは伸ばす場所や顔の形によって、似合うヒゲのデザインも変わってきます。今回はデザインヒゲを楽しむにあたり、参考になる様々なデザインヒゲを8パターンご紹介します。

■あごヒゲタイプ

あごヒゲだけを残したシンプルなスタイル。輪郭に沿ってラインをデザインすることでキレイな形になります。芸人のオリラジあっちゃんもこのタイプです。

■くち&アゴタイプ

鼻下とあごヒゲを残したシンプルで男らしいスタイル。それなりに清潔感を出すことができる人気のスタイルです。

■無精ヒゲ風タイプ

シンプルな無精ヒゲだからこそ毛量と形が大事です。ただし、ビジネスシーンにおいてはあまりふさわしくないかもしれません。

■くちヒゲタイプ

鼻下だけを残した定番スタイル。ビジネスシーンでもよく見かけるデザインですが、若い人には不向きかもしれません。

■ワイルドタイプ1

ワイルドながらも清潔感のある玉山鉄二さんスタイル。全体の毛量を薄めにすることがポイントです。

■ワイルドタイプ2

男らしくかっちりしたスタイル。あご下の形を整えることでワイルドながらも清潔感をキープできます。

■ワイルドタイプ3

あご下を広めに残した野性味あふれるスタイル。あごがシャープな人におすすめです。

■ワイルドタイプ4

意外と誰でも似合うワイルドな竹野内豊さんスタイルです。ビジネスシーンにおいてはあまりおすすめできません。

今回ご紹介した8パターン以外にも、いろんな種類のあるデザインヒゲですが、カミソリなどで自己処理を行うのには技術が必要であったり、手間やコストもかかります。長い目で見た場合には、脱毛クリニックや脱毛サロンなど、脱毛のプロにお任せしてしまう方が良いと思います。

4-3.まとめ

脱毛と聞くと、顔に生えるすべての毛という毛を処理して、いっさい毛が生えてこない状態をイメージする人もいますが、「部分的に残したい」や「薄くだけしたい」などの場合にも、脱毛が役に立ちます。

デザインヒゲを手に入れるためには、大きく分けて3つの脱毛法があります。

■医療レーザー脱毛法
■ニードル脱毛(針脱毛)法
■エステ脱毛(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛)法

それぞれ通う回数や期間、費用も異なってくるので、事前に確認を行っておくことをおすすめします。

5.社会人のヒゲとの付き合い方

社会人の朝は時間との戦いです。例えば、毎日ヒゲ剃りに5分間時間をかけているとしたら、30日で150分、365日で1800分つまり、1年間で30時間も毎朝ヒゲ剃りに時間を取られているのです。

そこで、1分でも貴重な朝の時間を無駄にしないためにも時短ヒゲ処理方法を2つご紹介します。

5-1.いっそのこと脱毛をしてしまう

ヒゲを気にする必要のある職業の方なら、思い切って脱毛をすることをおすすめします。

前章でも少し触れましたが、完全脱毛だけでなく、理想のスタイルにあわせたデザインでの脱毛も可能です。

毎朝、シェーバーで自己処理をし続け、その度に顔に傷をつけてしまっては大変です。シェーバーを買い続けること、肌のことを考えると、脱毛をしてしまった方が費用対効果などを考えても圧倒的に時間も費用もお得なのです。

それでは、脱毛にはどんな種類があるのか、どういった方法なのかを詳しく説明します。

5-1-1.医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛とは、レーザーを皮膚に照射する脱毛法で、太く黒いヒゲに対して永久脱毛が可能です。レーザーは、黒い毛に反応をし、熱を通じて毛根を破壊します。照射の最中は強い痛みを伴います。毛根を破壊されたヒゲは1週間~3週間をかけて自然と抜け落ちていきます。

ただし毛には毛周期と呼ばれる毛のサイクルがあり、その中でもレーザーに反応するのは「成長期」の毛に限られます。
そのため、成長期以外の毛には脱毛効果が得られないのがデメリットです。

毛周期の兼ね合いから、効果に満足いただけるまでの回数として5回の通院を推奨としています。

5-1-2.ニードル脱毛(針脱毛)

ニードル脱毛(針脱毛)は、その名の通り、針を使用して行っていく脱毛法です。

ヒゲを生やした状態で、毛穴に針を刺し、電流を流して毛根を破壊していくため、強烈な痛みを伴います。毛穴一本一本に対して、手作業で繰り返し針を刺していかなければいけないので、膨大な時間とお金がかかってしまいますが、医療レーザー脱毛では照射が難しいとされている白髪や産毛に対して、唯一永久脱毛の効果がある脱毛法です。

ただし、ニードル脱毛(針脱毛)も、生えている成長期の毛にしか施術を行えないため、毛が生えていないと脱毛効果が得られません。無くしたいヒゲの範囲にもよりますが、効果に満足いただけるまでの回数として5回の通院を推奨としています。

5-1-3.エステ脱毛(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛)

エステ脱毛(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛)は、皮膚に光をあてることによって一時的な脱毛効果を得る方法です。

光をヒゲに照射することで、毛根を弱らせ、ヒゲを生やしにくい状態にすることができます。医療レーザー脱毛やニードル脱毛(針脱毛)と違い、毛根を破壊するわけではないので、永久脱毛効果はありません。ですので、しばらく経つと生えてきてしまいます。

エステ脱毛(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛)においても、光に反応するのは「成長期」の毛に限られるため、生えていない毛には効果が得られません。

また、毛周期の関係から、エステサロンでは効果に満足いただくまでの回数として15~18回を推奨としています。

5-1-4.家庭用脱毛器

仕事で忙しく脱毛に通えない人のために、家庭で使用できる脱毛器が販売されています。

家庭用脱毛器は、エステサロン等で採用されているものとほぼ同じ仕組みで、エステサロンよりも弱いパワーでの照射になります。

自分の好きなタイミングで手軽に脱毛ができますが、デメリットとして永久脱毛効果はなく、照射のパワーが小さいため効果も得られにくいです。そのため、効果を得るにはプロのいる脱毛施設で行うことをおすすめします。

5-2.高性能なシェーバーを選ぶ

T字カミソリや低品質なシェーバーは、手軽に購入できる道具ではありますが、深剃りしやすく、誤って肌を傷つけてしまう可能性がとても高いです。

それに比べ、高性能なシェーバーは肌を保護しながら深剃りができ、ヒゲの濃さによってパワーをコントロールしてくれるヒゲセンサーという機能が付いているシェーバーもあります。ヒゲ剃りの時間を短縮させるには、刃の枚数が多ければ多いほど剃り残しの可能性は減らすことができます。

1年間で30時間も時間を無駄にしてしまっていたことを考えると、高性能なシェーバーに買い替え、浮いた時間をコーヒ−1杯飲む時間などの有意義な時間にあてることができます。

5-3.まとめ

社会人のヒゲとの付き合い方について、大きく分けて2つの方法をご紹介しました。

■いっそのこと脱毛してしまう
■高性能なシェーバーを選らぶ

脱毛法には、医療レーザー脱毛、ニードル脱毛(針脱毛)、エステ脱毛(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛)、また家庭用脱毛器を使用して自身で脱毛を行う方法の4つがあります。

デザインヒゲ脱毛を行う際は、脱毛法を問わず「ここのヒゲは残す」や「ここのヒゲは要らない」など、完成イメージを明確にしておく必要があります。また、カウンセリング時や照射前にもデザインのすり合わせは重要となってきます。

医療レーザー脱毛、ニードル脱毛(針脱毛)、エステ脱毛(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛)それぞれ通う回数や期間、費用も異なり、通う手間が発生するため、自宅から通いやすい場所を選ぶこと、また保証制度が充実しているかどうか、他社と比較をして決めることをおすすめします。

シェーバーに関しても、近年では高性能、高品質なものが発売されていますが、シェーバーの刃は消耗品であるため、買い替える手間とその都度、費用がかかってきてしまいます。

どちらもメリットとデメリットがありますので、よく検討した上で自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことをおすすめします。

6.まとめ

いかがでしょうか。日本では、ヒゲを生やすことに寛大な業種もあることを知ってもらえたかと思います。

業種によって、ヒゲに対する価値観の違いはありますが、ファッション性の高いセンスや技術を強みとして、提供しているアパレル業界や美容師業界、IT業界では、ヒゲも個性の一部としてとらえていることが多いようです。

とはいっても、仕事をする上で忘れてはいけないのが、清潔感のある身だしなみです。アンケート結果からも読み取れるように無精ヒゲや剃り残し、一切整えられていないヒゲは不清潔に見えてしまいます。

ヒゲを整えることは、社会人にとって大事なマナーです。相手にいい印象を与えられるよう、ヒゲの手入れは心がけましょう。