金玉脱毛は女性にモテる!?金玉脱毛をおすすめする3つの理由とメリット

男が金玉の脱毛をするなんて女性に引かれるんじゃ…と思っている方も多いのではないでしょうか?

そんな男性の皆さんに朗報です!

「デリケートゾーン(VIO)のムダ毛に気を使っている男性はどう思いますか?」※というアンケートに対して、69%の女性が「よい」と回答をしました。

このアンケート結果から、意外にも女性たちは男性のデリケートゾーン脱毛に対して前向きであるということが分かりました。

この記事では、なぜ女性が男性のデリケートゾーン脱毛を支持するのか、金玉脱毛をすることで得られるメリットや脱毛方法などをご紹介していきます。

※現役女子大生100名を対象にインターネットアンケート調査を実施
(調査実施期間:2018年4月17日~4月24日 インターネットアンケート調査)

1.金玉脱毛が女性から支持される理由

なぜ女性からは、男性の金玉脱毛が支持されるのでしょうか?

実は、そこには3つの理由があります。
その理由を知って、女性のことをきちんと理解してあげましょう。

1-1.お互いセックスの気持ち良さが増す

ムダ毛がある同士だとジョリジョリと毛が擦れ合う感覚があるのはわかると思いますが、金玉のムダ毛が無くなることで、男性の陰部と女性の陰部の接触率が高くなり、肌同士が直に触れ合うことができます。
お互いの肌が触れ合いやすくなったことで女性だけでなく男性の感度も上がります。

また、男性はより奥まで挿入することができ、男女ともにセックスの気持ち良さが増すことでしょう。

1-2.肌やコンドームが傷つかない

セックス時にムダ毛が皮膚に巻き込み、体と体をこすり合わせてしまうと男性器や女性器を傷つけてしまうことがあります。

また、擦れて痛いだけでなく、太く濃い毛がコンドームを突っ切って、コンドームが破け、避妊の失敗や感染症のリスクをあげてしまうことがあります。

金玉のムダ毛がなくなることで、これらのトラブルを回避することができ、男性はコンドーム着用の際もスムーズに行えるでしょう。

1-3.口の周りに毛がまとわりつかない

オーラルセックスの際に、女性は口の中にムダ毛が入り込んでくることがよくあります。
口に入ったムダ毛を取るために中断し、再開をしてもまた口にムダ毛が入ってきてしまって女性がセックスに集中できていないなと感じたことはありませんか?

しかし、金玉のムダ毛が無くなることで、女性はオーラルセックスの最中に口の中にムダ毛が入ってくることを軽減でき、オーラルセックスに集中できるので、男性にとってもメリットに感じることでしょう。

2.金玉脱毛で得られるメリット

では具体的に、男性が金玉の脱毛をすることのメリットはどのようなところにあるのかをご紹介していきます。

2-1.清潔感が増す

男性器周辺の毛は衣服や下着に包まれているため、汗をかくシーズンは特に蒸れやすく、かゆみが気になったりする人も多いのではないでしょうか?

汗をかいたままの状態でいると、嫌な臭いやかゆみを誘発し、雑菌が繁殖して不衛生になってしまうようなこともあります。
脱毛をすることで、これらの悩みを改善し、清潔さをキープしながら快適に過ごせるでしょう。

2-2.毛が巻き込まれなくなる

男性器周辺のムダ毛が皮に挟まってしまう状態のことをいいます。

日本人男性には、アンダーヘアの処理があまり広まっていないこともあり、毛が皮に巻き込まれるという症状に悩まされている方も多いようです。
金玉の脱毛を行うとことで、そういった不意の痛みから解放され、ストレスなく快適に過ごすことができるでしょう。

2-3.介護者に迷惑をかけなくて済む

自分が介護を受ける側になった時、排泄の世話で介護してくれる人が楽に処理できるように、将来の介護を見据えて金玉を含む陰部の脱毛を選択する人が増えてきています。

毛があることにより取りきれなかった排泄物が原因で炎症を起こしてしまう可能性もあります。
また、介護者側からはおむつ交換や陰部洗浄の際手間がかかるといった声もあります。

金玉の脱毛によって、見た目の清潔さの以外にも、衛生的な環境を保てるでしょう。

3.金玉の脱毛方法を徹底比較!

金玉の脱毛には、家庭用脱毛器、ワックス脱毛、エステ脱毛(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛)、医療レーザー脱毛、ニードル脱毛(針脱毛)の5つの方法があります。

そして、全てに共通して言えることは、どの方法を取っても、痛みを伴います。
痛みの度合いには個人差がありますが、医療レーザー脱毛とニードル脱毛は医療機関なので、痛みを軽減させる方法として麻酔の使用が可能です。

それぞれの脱毛方法の効果についても、永久脱毛と一時的な除毛・減毛の2種類に分けられます。

永久脱毛 一時的な除毛・減毛
医療レーザー脱毛 家庭用脱毛器
ニードル脱毛 ワックス脱毛
エステ脱毛

医療レーザー脱毛とニードル脱毛は永久的な脱毛効果を得られるのに対し、家庭用脱毛器やワックス脱毛、エステ脱毛は一時的な除毛・減毛効果に留まるため、処理をし続ける必要があります。

それでは、もっと詳しくそれぞれどんな特徴があるのかを分かりやすく解説していきます。

3-1.家庭用脱毛器

家庭用脱毛器とは、皮膚に特殊な光をあて、毛が生えてくるスピード遅らせていく脱毛方法です。
家庭用の脱毛器なので、使用するにあたり資格は不要で、一般の方でも使用できる手軽な脱毛器です。

効果:毛を生成する組織を破壊するだけの効果はないため、一時的な減毛効果にとどまります。
平均費用:39,800円(8社の平均)
期間:2年以上
※減毛効果を実感できるまで
推奨回数:20回〜
※減毛効果を実感できるまで

家庭用脱毛器のメリット

・自分の好きなタイミングに使用できる
・サロンやクリニックに出向く手間が省ける
・金玉周囲以外の全身にも使用できる
・回数の制限が無い
・衛生的
・自分の予算に合った製品を選べるため、無駄がない

家庭用脱毛器のデメリット

・時間がかかる
・永久的な脱毛効果はない
・手の届かない箇所であるため照射が難しい
・肌を痛めてしまう危険性がある
・仕上がりにムラがでてしまう可能性がある

家庭用脱毛器の注意点

・施術を行う際は、強い光から目を守るために、サングラスを着用する
・ほくろと色素沈着が激しい箇所は、光が反応をして火傷を起こす可能性が高まるため、あてられない
・毛が生えたままの状態だと、皮膚の表面に出ている毛まで熱を持ってしまい、火傷の危険性があるため、カミソリやシェーバーであらかじめヒゲを剃毛しておく必要がある

3-2.ワックス脱毛

陰部のワックス脱毛は、別名ブラジリアンワックスとも呼ばれています。ワックスと呼ばれる液体を肌に直接塗り、毛とワックスとが接着する性質を利用し、毛を引きはがす脱毛法です。

効果:毛を引き剥がしているだけなので、毛根は破壊されず、またしばらくすると生えてきてしまいます。
平均費用:セルフの場合は、2931円(10社の平均)
エステサロンで行う場合は、男性器6,296
1回あたり/都内主要エステ10店舗の平均)
期間: 終わりがない
推奨回数:終わりがない

 ワックス脱毛のメリット

・見た目の即効性がある
・粘膜部分の施術も可能
・所要時間が早い
・白髪も処理できる
1回あたりの値段が安い

ワックス脱毛のデメリット

・永久的な脱毛効果はない
・初めての人はコツが必要
・埋もれ毛や肌荒れのリスクがある
・強い痛みがある
・別途、保湿などのアフターケア代がかかる

ワックス脱毛の注意点

毛が5㎜以上生えていないと脱毛できないため、毛抜きやカミソリでの自己処理は禁止

3-3.エステ脱毛

エステ脱毛(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛)とは、特殊な光を皮膚に照射することで、光が黒い色素に反応をして、毛の発育を抑えるという脱毛法です。

効果:光は毛根を破壊できないので、一時的な減毛効果にとどまります。
平均費用:男性器49,350円
5回あたりの都内主要エステ10店舗の平均)
期間: 2〜3
※減毛効果を実感できるまで
推奨回数:15〜18
※減毛効果を実感できるまで

エステ脱毛(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛)のメリット

・プロによるムラのない脱毛ができる
・長期間通うことで、自己処理の手間が省ける
・キャンペーンが多い

エステ脱毛(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛)のデメリット

・永久的な脱毛効果はない
・時間とお金がかかる
・医療機関ではないため、火傷や肌荒れなどのトラブルに処置ができない
・脱毛期間中は生活に気を配る(日焼けNG、保湿ケアが必要)

 エステ脱毛(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛)の注意点

・ほくろがある箇所は、光が反応をして火傷を起こす可能性が高まるため、施術できない
・毛が生えたままの状態だと、皮膚の表面に出ている毛まで熱を持ってしまい、火傷の危険性があるため、カミソリやシェーバーであらかじめ剃毛をしておく必要がある

3-4.医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、医療機関で行う脱毛方法です。医療用の強力なレーザーを皮膚や毛髪に含まれるメラニン色素に対してレーザーを照射し、毛根を破壊していく方法です。

 効果:永久脱毛の効果があります。
平均費用:男性器137,282
5回あたりの都内主要クリニック10院の平均)
期間: 半年〜1年半
推奨回数: 58

医療レーザー脱毛のメリット

・永久脱毛の効果がある
・広範囲を一気に処理できる
・少ない回数で満足のいく効果が得られる
・医師や看護師が常駐している
・痛みが心配な人は麻酔の使用が可能である

医療レーザー脱毛のデメリット

・白髪には効果が得られない
・個人差はあるが、強い痛みを伴う場合がある 

医療レーザー脱毛の注意点

・ホクロがある箇所は、レーザーが反応をして火傷のリスクが高まるため、施術ができない
・毛が生えたままの状態だと、皮膚の表面に出ている毛まで熱を持ってしまい、火傷の危険性があるため、カミソリやシェーバーであらかじめヒゲを剃毛しておく必要がある

3-5.ニードル脱毛(針脱毛)

ニードル脱毛(針脱毛)は、医療機関で行う脱毛方法です。毛が生えている毛穴に一本一本細い針を直接毛穴に入れ、電流を流して毛根を破壊していく方法です。

 効果:永久脱毛の効果があります。
平均費用:35本で2,500
期間: 半年〜1年半
推奨回数: 5〜8 

ニードル脱毛(針脱毛)のメリット

・永久脱毛の効果が得られる
・白髪も脱毛できる
・医師や看護師が常駐している
・痛みが心配な人は麻酔の使用が可能である 

ニードル脱毛(針脱毛)のデメリット

・個人差はあるが、強い痛みを伴う場合がある
・一気に広範囲の脱毛をすることが難しい 

ニードル脱毛(針脱毛)の注意点

・毛が生えている状態でないと脱毛できないため、毛抜きやカミソリでの自己処理は禁止

4.これってどうなの?金玉脱毛において男性が気になるポイント

金玉の脱毛を検討するにあたり、以下のような口コミなどを見かけたことはありませんか?

・精子への影響がある?
・ED(勃起不全)になる?
・脱毛してくれる人の性別って?
・どんな体勢で脱毛するの?

この章では、金玉脱毛において男性が気になることの真相を解説していきます。

4-1.精子への影響がある?

金玉脱毛によって精子に悪影響を及ぼすというのはデタラメです。

脱毛で使用されるレーザーや光は、黒色の色素のみに反応するため、白色の精子や白髪には反応しません。
心配であれば、念のためカウンセリング時に医師やスタッフに確認しておきましょう。

4-2.ED(勃起不全)になる?

レーザーや光を陰茎・陰嚢にあててても、勃起力に影響を及ぼすことはありません。
反対に、毛がなければ不衛生にもなりづらいため、セックスに前向きになれるでしょう。

また、男性器周辺の毛がなくなることでスッキリし、男性器が以前よりも大きく見えるというメリットが挙げられます。

4-3.施術してくれるスタッフの性別は?

男性専門でないクリニックやサロンでは、男女もしくは女性のみの看護師・スタッフであることが多いです。

そのため、女性にデリケートな部分を見られるのに抵抗がある、恥ずかしいという方は、男性専門クリニックを選ぶか、男性看護師やスタッフが在籍していて、なおかつ指名ができるかをあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

4-4.どんな体勢で脱毛するの?

脱毛の際にどんな体勢で行うのか気になる方は多いと思います。

多くの脱毛クリニックやサロンでは、専用の紙パンツを履いたり、全て脱いでガウンを着たり、タオルを巻くところなどがあります。

着替えが終わったら、ベッドの上に仰向けに横になり、看護師やスタッフの指示で足を開いて金玉の脱毛を行います。

5.まとめ

女性からの金玉脱毛に対する印象についてですが、69%の過半数の女性が金玉脱毛に対してポジティブに考えています。

また、金玉脱毛で得られるメリットには、以下が挙げられます。

・清潔感が増す
・毛が巻き込まれなくなる
・介護者に迷惑をかけなくて済む

興味のある方は、今回紹介した脱毛方法で金玉脱毛を始めてみてはいかがでしょうか?