【比較マップ付き】青ヒゲをなくすための8つの方法をご紹介!

「ヒゲ剃りしても青ヒゲが消えない」
「青ヒゲをなくしたいけど、方法がわからない」
このような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?

青ヒゲは、皮膚の中にあるヒゲが透けて見えることで生じます。

ヒゲは1本1本が太くて密集しており、そして顔の皮膚は薄いです。
そのため、皮膚の中にあるヒゲが透けて見え、青く見えるのです。

青ヒゲは目立たなくさせたり、ヒゲを脱毛することなくすことができます。

この記事では、青ヒゲをなくす様々な方法をご紹介するとともに、その中で筆者がおすすめする方法をお伝えします。


1.青ヒゲをなくす8つの方法

青ヒゲをなくす方法には大きく8つあります。
(1)コンシーラー
(2)正しいヒゲ剃り
(3)日焼け
(4)抑毛ローション
(5)エステ脱毛
(6)医療レーザー脱毛
(7)ニードル脱毛
(8)家庭用脱毛器

以下の図と表はこれらの方法を“青ヒゲがなくなるまでにかかる期間”“効果が持続する時間”で分類し、まとめたものです。

なくなるまでにかかる期間持続時間
コンシーラー2分数時間
正しいヒゲ剃り20分数時間
日焼け1,2ヶ月1,2ヶ月
抑毛ローション半年1,2ヶ月
エステ脱毛1年半年〜1年
医療レーザー脱毛1年永久
ニードル脱毛1年半永久
家庭用脱毛器1年半半年〜1年

この章ではこれらの方法についてご紹介します。

1−1.コンシーラー

コンシーラーを使用することで、青ヒゲを隠すことができます。

男性にはあまり馴染みがないかもしれませんが、コンシーラーとは隠したい箇所に使用する化粧品の一種です。
ここ最近では男性用のコンシーラーも多く発売されています。

コンシーラーは自分の肌色にあったものを選びましょう。

◯このような方におすすめ
・短時間で青ヒゲをなくしたい
・肌を傷つけたくない

◯青ヒゲがなくなるまでにかかる時間
2分程度

◯効果が持続する時間
数時間
汗をかいて流れてしまったり、シャワーを浴びたりすると効果はなくなります。

◯手順
(1)コンシーラーを青ヒゲが気になる部分に置くようにして塗る

(2)肌に置いたコンシーラーを優しく叩くようにして、肌に馴染ませる

(3)コンシーラーを塗った部分と塗っていない部分の境界線がわからないように、指で伸ばしてぼかす

コンシーラーの詳しい使い方はこちらの記事で紹介しています。
ぜひご参考にしてください。

◯相場
1,500円程度で購入することができます。

◯メリット
・短時間で青ヒゲをなくすことができる
・ドラックストアやネット通販などで、簡単に手に入れることができる

◯注意点
・自分の肌色にあった商品を選ぶ必要がある

◯おすすめコンシーラー

The saemチップコンシーラー
価格:470円(6.5g)
海外の商品ですが、安いのに効果的と話題のコンシーラーです。

1−2.正しいヒゲ剃り

正しいヒゲ剃りを行うことで、青ヒゲをなくすことができます。

正しいヒゲ剃りは、肌への負担を減らしつつ、より深剃りをすることが可能だからです。

深剃りするには、電気シェーバーよりも刃を直接肌に当てて剃るカミソリの方が適しています。

刃の枚数は多い方が、肌への負担を減らして剃ることが出来ます。

◯このような方におすすめ
・短期間で青ヒゲをなくしたい
・使い慣れたもので青ヒゲをなくしたい

◯青ヒゲがなくなるまでにかかる時間
15分程度

◯効果が持続する時間
数時間
ヒゲが伸びると青ヒゲに戻ります。

◯手順
(1)蒸らす
ヒゲは硬いため、深剃りするには蒸らして柔らかくする必要があります。

蒸したタオルを顎に1~2分当ててください。
蒸しタオルは水を絞ったタオルを電子レンジで1分ほど温めることで作ることができます。

(2)シェービング剤をつける
カミソリは刃を直接皮膚に当ててヒゲを剃るため、肌を傷つけやすいです。

カミソリ負けを防ぐためにも、シェービング剤を使用して下さい。

(3)剃る
毛の生える方向と同じ向きに剃る順剃りを心がけて下さい。

毛の生える向きと逆向きに剃る逆剃りは、カミソリ負けを起こす可能性が高いです。
青ヒゲが濃い部分だけにするようにしてください。

<順剃り>

<逆剃り>

(4)後処理
シェービング剤と一緒にヒゲを洗い流してください。

冷たい水で洗い流すことで毛穴が引き締まり、青ヒゲが目立ちにくくなります。

ヒゲ剃りの正しい手順の詳細はこちらの記事でも紹介しています。
ぜひご参考にしてください。

◯相場
5枚刃のカミソリは11,000円程度で、シェービング剤は500円程度で購入できます。

◯メリット
・短時間で青ヒゲをなくすことができる
・ヒゲの剃り方を工夫するだけで青ヒゲをなくすことができる

◯注意点
・正しいやり方で行わないとカミソリ負けを起こす

◯おすすめのカミソリ


Schick 5枚刃 ハイドロ5 プレミアム
価格:836
ハイドログライドジェルを搭載しているため、滑りを良くして肌を守ってくれます。
スキンガード付き5枚刃が肌の動きをコントロールして摩擦を軽減します。

◯おすすめのシェービング剤


Schick薬用シェーブガード
価格:411
薬用成分の働きで、肌をやさしく保護しカミソリ負けを防いでくれます。
敏感肌の方には特におすすめです。

1−3.日焼け

日焼けをすることで、青ヒゲを目立たなくすることができます。

青ヒゲは皮膚の奥にあるヒゲが透けて見えることで生じます。
そのため、日焼けすると肌の色とヒゲが同化して目立たなくなるのです。

青ヒゲは色白の方のほうが目立ちやすいと言われています。

◯このような方におすすめ
・お金をかけずに青ヒゲをなくしたい
・自分のイメージを変えたい

◯青ヒゲがなくなるまでにかかる時間
1,2ヶ月
急激な日焼けは、肌への負担が大きいので避けて下さい。

◯効果が持続する時間
個人差はありますが、おおよそ2ヶ月で元の肌色に戻ると言われています。

◯手順
紫外線を浴びることで日焼けをすることができます。

しかし、紫外線を浴びすぎるとシミや炎症の原因になるので、以下の2点を意識して日焼けして下さい。
(1)日に当たる時間は1日1時間以内にする

(2)サンオイルを使用する

日焼けサロンで日焼けする場合は、スタッフと相談した上で日焼け時間を決めて下さい。

◯相場
日光を浴びて日焼けする場合、費用はかかりません。

日焼けサロンを利用する場合は、地域差はありますが1回1,000円~で日焼けできます。

◯メリット
・お金をかけずに青ヒゲをなくすことができる
・男らしいイメージを付けることができる

◯注意点
・日差しが強い夏場の昼の時間は避ける
・1日1時間以上は日に当たらない

1−4.抑毛ローション

抑毛ローションには、ヒゲの発毛を抑える効果があり、青ヒゲをなくすことができます。

抑毛ローションは発毛の関わる酵素の働きを抑えることで、ヒゲの発毛スピードを抑えます。

しかし、抑毛効果を得るには数ヶ月ほど使用する必要があります。

また、抑毛ローションの効果は個人差によるところが大きいです。
そのため、抑毛ローションを使用しても、青ヒゲがなくなるほどの抑毛効果を得られるとは限りません。

◯このような方におすすめ
・自宅で青ヒゲをなくしたい
・手間をかけずに青ヒゲをなくしたい

◯青ヒゲがなくなるまでにかかる時間
半年
効果を感じるのに半年ほどかかります。

◯効果が持続する時間
1,2ヶ月
個人差はありますが、1,2ヶ月で元のヒゲに戻ります。

効果を持続させ続けるには、使い続ける必要があります。

◯手順
(1)洗顔する
しっかり毛穴の汚れや皮脂を洗い流してください。

(2)ヒゲを剃る
ヒゲを剃ることで抑毛ローションの成分が、毛穴に浸透しやすくなります。

(3)抑毛ローションを塗布する
手のひらに適量を取り、青ヒゲが気になる部位に馴染むように塗って下さい。

朝や夜など1日に複数回使用することで効果が上がります。

◯相場
1,500円~4,000円ほどで購入できます。

◯メリット
・購入してすぐ始められる
・スキンケア効果がある

◯注意点
・人によってはあまり抑毛効果が出ないことがある

◯おすすめの抑毛ローション


Mens Shave Loss Lotion
価格:2,000
男性のために作られた抑毛ローションです。
ムダ毛ケアとスキンケアがこれ一つで行えます。

1−5.エステ脱毛(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛)

エステ脱毛はヒゲを一時的に減毛させる効果があるため、青ヒゲをなくすことができます。

エステ脱毛は特殊な光を照射し、これが発毛に関わる細胞にダメージを与えることで、一時的な減毛効果を得ます。

一時的な減毛効果であるため、脱毛の施術を止めると再び青ヒゲに戻ってしまいます。

◯このような方におすすめ
・プロの手によって青ヒゲをなくしたい
・毎日のヒゲの処理を軽減させたい

◯青ヒゲがなくなるまでにかかる期間
1

エステ脱毛を受け始めてから、1年ほどで青ヒゲがなくなったと感じる方が多いようです。

1年間かかる理由は以下の通りです。
(1)毛には毛周期があり、成長初期→成長期→退行期→休止期というサイクルを繰り返している

(2)エステ脱毛はこの成長初期と成長期の毛にしか脱毛効果を発揮することができない

(3)毛周期は個人差はあるが、ヒゲは2ヶ月ほどと言われている

(4)エステ脱毛で青ヒゲがなくなるまで脱毛するには、この毛周期(約2ヶ月)の間隔にあわせて8回ほど施術をする必要がある

◯効果が持続する期間
半年~1

エステ脱毛は一時的な減毛効果しかないため、施術をやめると半年~1年ほどで青ヒゲに戻ってしまいます。
効果を持続させるためには施術を受け続ける必要があります。

◯手順
エステ脱毛はエステサロンで受けることができます。

施術を受ける前にカウンセリングにて肌の状態や毛質・毛量のチェックを受けた後、施術を行います。
施術はエステティシャンによって行われます。

また、施術をする際はヒゲを剃毛する必要があります。

◯相場
122,360円
※エステ脱毛実施首都圏大手5社の平均

照射範囲や照射回数によって価格が決まります。

◯メリット
・再びヒゲを生やしたいと思った時に生やすことができる
・痛みが強くない
・受けられるエステサロンの店舗数が多い

◯注意点
・脱毛をやめると青ヒゲが戻ってくる
・ほくろやニキビがある箇所には照射できない
・日焼けしていると施術を受けられないことがある

1−6.医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛には永久脱毛効果があるため、青ヒゲをなくすことができます。

医療レーザー脱毛は特殊なレーザーを照射し、これが発毛に関わる細胞を破壊することで、永久脱毛効果を得ます。

永久脱毛ですので、脱毛が完了すれば再び青ヒゲに戻ることはありません。

◯このような方におすすめ
・青ヒゲを永久的になくしたい
・プロの手によって青ヒゲをなくしたい
・自己処理が面倒に感じる

◯青ヒゲがなくなるまでにかかる時間
1年
青ヒゲがなくなる程度まで脱毛するには1年ほど必要になります。

エステ脱毛同様に、毛周期で成長初期と成長期の毛にのみ脱毛効果を与えることができます。

そのため、医療レーザー脱毛で青ヒゲがなくなるまで脱毛するには、毛周期(約2ヶ月)の間隔にあわせて5回ほど施術をする必要があります。

エステ脱毛に比べると脱毛効果が高いため、少ない施術回数で青ヒゲをなくすことができます。

◯効果が持続する時間
永久
永久脱毛効果があるため、脱毛を完了させると青ヒゲが戻ることはありません。

◯手順
医療レーザー脱毛は医療機関(クリニック)で受けることができます。

施術を受ける前に医師によるカウンセリングにて、肌の状態や毛質・毛量の診察を受けます。
その後、医療従事者によって施術が行われます。

また、施術をする際はヒゲを剃毛する必要があります。

◯相場
81,500円
※首都圏大手クリニック5院の平均

照射範囲や照射回数によって価格が決まります。

◯メリット
・青ヒゲを永久的になくすことができる
・医療機関のため医師が常駐しており安全性が高い

◯注意点
・ほくろやニキビがある箇所には照射できない
・日焼けしていると施術を受けられないことがある
・強い痛みを感じることがある

1−7.ニードル脱毛(針脱毛)

ニードル脱毛も医療レーザー脱毛同様に永久脱毛効果があるため、青ヒゲを根本的になくすことができます。

ニードル脱毛は毛穴ひとつひとつに電気を流すことで、発毛に関わる細胞を破壊し、永久脱毛効果を得ます。

永久脱毛ですので、脱毛が完了すれば再び青ヒゲに戻ることはありません。

◯このような方におすすめ
・青ヒゲを永久的になくしたい
・プロの手によって青ヒゲをなくしたい

◯青ヒゲがなくなるまでにかかる時間
1年半
青ヒゲがなくなる程度まで脱毛するには1年半ほど必要になります。

ニードル脱毛は毛穴ひとつひとつを手作業で処理するため、一度に広範囲を脱毛することができません。
そのため、青ヒゲをなくすまでに時間がかかってしまいます。

毛周期の成長初期・成長期にのみに脱毛効果を発揮するため、毛周期(約2ヶ月)に合わせて施術を行います。

◯効果が持続する時間
永久
永久脱毛効果があるため、一度脱毛を完了させると青ヒゲが戻ることはありません。

◯手順
ニードル脱毛は医療機関(クリニック)で受けることができます。

施術を受ける前に医師によるカウンセリングにて、肌の状態や毛質・毛量の診察を受けます。
その後、医療従事者によって施術が行われます。

エステ脱毛や医療レーザー脱毛とは異なり、施術をする際はヒゲを剃毛する必要はありません。
施術者が毛穴を目視で確認する必要があるからです。

◯相場
410,160円
※ニードル脱毛実施医療機関5院の平均

処理する毛穴の数や施術時間によって価格が決まります。

◯メリット
・青ヒゲを永久的になくすことができる
・医療機関のため医師が常駐しており安全性が高い
・ほくろがあっても脱毛を受けられる

◯注意点
・ヒゲの毛量によっては高額になる
・強い痛みがある

1−8.家庭用脱毛器

家庭用脱毛器もエステ脱毛同様にヒゲを一時的に減毛させる効果があるため、青ヒゲをなくすことができます。
脱毛効果を得る仕組みはエステ脱毛と同様です。

一時的な減毛効果であるため、照射を止めると再び青ヒゲに戻ってしまいます。

しかし、エステ脱毛と比べると照射出力が弱いため、長期間にわたって照射し続けなければ減毛効果を感じることはできません。

青ヒゲをなくすまでに時間はかかってしまいますが、家庭用脱毛器は自宅で扱うことができます。

そのため、自宅で青ヒゲをなくしたい方には向いているでしょう。

◯このような方におすすめ
・自宅で青ヒゲをなくしたい
・毎日のヒゲの処理を軽減させたい

◯青ヒゲがなくなるまでにかかる時間
1年半
エステ脱毛と比べ光の出力が弱いため、青ヒゲがなくなるまでにより時間がかかってしまいます。

◯効果が持続する時間
半年~1

エステ脱毛と同様に一時的な減毛効果しかないため、施術をやめると半年~1年ほどで青ヒゲに戻ってしまいます。
効果を持続させるためには照射し続ける必要があります。

◯手順
(1)ヒゲを剃る
ヒゲが伸びた状態で照射すると火傷する可能性があります。

(2)照射する箇所を冷やす
冷やすことで火傷などの肌トラブルを防ぐことができます。
保冷剤などを使用してください。

(3)照射する
照射口を肌と垂直になるように当てて照射してください。

(4)保湿・冷やす
照射後は肌が乾燥している状態です。
保湿を心がけましょう。

正しい手順で行わないと火傷などの肌トラブルが起こる可能性があります。

家庭用脱毛器の説明書をしっかり読んでから使用するようにしてください。

◯相場
安いもので7,000円ほど、高いもの70,000円ほどで購入できます。

◯メリット
・自宅で青ヒゲをなくすことができる

◯注意点
・脱毛をやめると青ヒゲが戻ってくる
・正しく使用しないと火傷する恐れがある
・ほくろやニキビがある箇所には照射できない

◯おすすめの家庭用脱毛器


ケノン脱毛器
価格:69,800
高感度センサーが搭載されており、肌に触れると自動で照射してくれるため、脱毛が始めての方でも簡単に使用することができます。

青ヒゲをなくす方法には抜毛(ワックス脱毛)や除毛クリームなどがあります。

しかし、これらの方法は肌を強く傷つけるため、肌トラブルを引き起こす可能性が高いです。

炎症などを起こしても自己責任となってしまうため、これらの方法は避けて下さい。


2.青ヒゲをなくすなら医療レーザー脱毛がおすすめ

青ヒゲをなくすなら医療レーザー脱毛が最もおすすめです。

医療レーザー脱毛は永久脱毛効果があり、青ヒゲの根本的な原因であるヒゲをなくすことができます。
永久脱毛ですので、脱毛が完了すると青ヒゲに悩む必要はなくなります。

また、医療レーザー脱毛は脱毛する毛量を指定して脱毛することが可能です。

そのため、青ヒゲがなくなる程度に抑えて脱毛することができます。

以下の写真は、医療レーザー脱毛を1回受けた時の青ヒゲの経過写真です。

およそ2週間でヒゲが抜け落ち、一時的に青ヒゲがなくなりますが、毛周期がありますので2ヶ月ほど経つと青ヒゲに戻ってしまいます。

施術を5回程度受けることで、青ヒゲの解消が期待できます。

施術内容:熱破壊式YAGレーザー
副作用(リスク):毛嚢炎など

ニードル脱毛にも永久脱毛効果はありますが、時間面と費用面から医療レーザー脱毛を推奨します。

ニードル脱毛は毛穴ひとつひとつを手作業で処理していくため、一度に広範囲を施術することができません。

それに比べ、医療レーザー脱毛では広範囲のヒゲを一度に処理することができるため、ニードル脱毛に比べ短期間で脱毛することができます。

費用面では、医療レーザー脱毛の方がニードル脱毛よりも安く抑えることができます。

医療レーザー脱毛は照射範囲や施術回数によって価格が決まるのに対し、ニードル脱毛は施術する毛穴の数や施術時間によって価格が決まります。

ヒゲは他のムダ毛に比べると毛量が多いため、医療レーザー脱毛の方が低価格で脱毛することができます。

<青ヒゲがなくなるまでかかる時間比較>
医療レーザー脱毛ニードル脱毛
1年1年半
<費用比較>
医療レーザー脱毛ニードル脱毛
81,500円*1410,160円*2

※1 首都圏大手クリニック5院の平均
※2 ニードル脱毛実施医療機関5院の平均


3.まとめ

この記事で青ヒゲをなくす8つの方法を紹介しました。
(1)コンシーラー
(2)正しいヒゲ剃り
(3)日焼け
(4)抑毛ローション
(5)エステ脱毛
(6)医療レーザー脱毛
(7)ニードル脱毛
(8)家庭用脱毛器

これらの方法はそれぞれ“青ヒゲがなくなるまでにかかる期間”“効果が持続する時間”が異なります。

青ヒゲをなくすには、永久脱毛効果がある医療レーザー脱毛が最もおすすめです。

医療レーザー脱毛は永久脱毛効果があるため、脱毛を完了してしまえば青ヒゲに悩む必要はなくなります。

ニードル脱毛にも永久脱毛効果はありますが、医療レーザー脱毛はより短期間で安く、青ヒゲをなくすことができます。

青ヒゲをなくすには医療レーザー脱毛がおすすめですが、短期間で青ヒゲをなくしたいという方は、この記事で紹介した他の方法で悩みを解決してみてください。

メンズリゼなら低価格で始めやすい

ヒゲ脱毛を検討していて、「脱毛したくない部位が含まれている」「自分のしたい部位だけで脱毛すると高くなる」といったことを感じたことはありませんか?
人それぞれヒゲの生え方は大きく違います。
そのため、脱毛したいヒゲや残したいヒゲなど、求めることは千差万別です。

求めている脱毛プランが見当たらない場合は、メンズリゼのセレクトヒゲ脱毛」というプランがオススメです。
セレクトヒゲ脱毛」であれば、自分の好きな部位だけを選んで、自分だけのプランを組むことができます。
自分にとって無駄な部位が組み込まれていないため、無駄な費用がなくお得に脱毛を始めることができます。

このプランであれば、分割払いを活用することで、月々3,000円ほどでヒゲ脱毛を受けることができます。

男性にとってヒゲにまつわる悩みは大きいものでしょう。
ヒゲ脱毛をすれば、日々のヒゲ剃りにかかる時間や費用を削減できるだけでなく、肌荒れやニキビなどの肌トラブルについても悩まされなくなるでしょう。

ヒゲ脱毛を考えているのであれば、一度メンズリゼに行ってみるのが良いでしょう。
医師によるカウンセリングは無料です。
ヒゲ脱毛を検討しているのであれば、男性脱毛専門のメンズリゼがオススメです。