高校生でもヒゲ(髭)脱毛はできる!男子高校生のためのヒゲ脱毛徹底ガイド

「高校生になってから、他の同級生に比べてヒゲが濃い気がする・・・」
「ヒゲが濃いせいで、学校行く前に毎朝念入りにヒゲを剃る生活が嫌だ」

など、高校生になってからヒゲを濃く感じるようになったり、急激にヒゲが伸びるようになって無くしたいと思っていませんか?

濃いヒゲを無くすには、ヒゲ脱毛をすることが効果的です。
ヒゲ脱毛は、高校生でも受けることができます

ヒゲ脱毛はお金がかかるイメージがありますが、クリニックやエステサロンによっては学割などの割引でお得に受けることが出来ます。

しかし、高校生がヒゲ脱毛をする際に注意すべき点や確認すべきことがあります。

この記事では、高校生がヒゲ脱毛をする時に知っておくべきことを徹底解説します。

また、ヒゲ脱毛の流れや高校生がヒゲ脱毛をすることのメリットなどについてもお伝えします。

この記事を読んで、コンプレックスを解消する方法を知っていただき、理想の高校生活を手に入れる準備をしてください。


1.高校生でもヒゲ脱毛は可能

高校生でもヒゲ脱毛を受けることが可能です。
黒いヒゲが生えていれば、年齢制限は特にありません。

ヒゲ脱毛を考えていらっしゃる方の中には、「脱毛」というとどうしても「女性がするもの」というイメージがあり、少し通いづらさを感じている方もいるのではないでしょうか。

しかし、近年では男性脱毛を専門としたクリニックやエステサロンがあります。

通っている患者さんやお客さんは、似たような悩みを持つ男性しかいないため、周囲の目を気にせず通うことができます。

実際に、未成年でもクリニックやエステサロンでヒゲ脱毛を受けている方は多くいらっしゃいます。

また、詳しくは後述しますが、高校生や学生であれば学割を利用することができるため、お得にヒゲ脱毛を受けることが出来ます。

そのため、男子高校生がヒゲ脱毛を受けることは珍しいことではありません。


2.高校生がヒゲ脱毛を受ける時の注意点

1章では、ヒゲ脱毛を受けることができるということをご説明しましたが、高校生がヒゲ脱毛する時に知っておくべきことが2つあります。

⑴ 高校生がヒゲ脱毛をするには親権者の同意書が必要
⑵ またヒゲが生えてくることがある

これら2点についてここではご説明いたします。

2-1.高校生がヒゲ脱毛をするには親権者の同意書が必要

高校生がヒゲ脱毛をする場合、親権者の同意書が必要となります。

同意書を入手する方法は2パターンあります。

・オフィシャルサイトで同意書をダウンロード
・カウンセリング後に同意書を受け取る

同意書を手に入れたら親権者のサインを貰い、クリニックやエステサロンに同意書を渡します。

しかしクリニックやエステサロンでは同意書だけでなく、契約やカウンセリングの際に、親権者の同伴を必要としていることもあります。

また同伴が出来ない場合は、自宅に確認の電話が入ることがあります。

同意書が必要なことや同伴が必要であることを考えると、高校生がヒゲ脱毛をするには親権者の同意が必須になります。

親権者の方には、あらかじめヒゲ脱毛をすることを話すようにしましょう。

2-2.またヒゲが生えてくる可能性がある

個人差はありますが、若いうちにヒゲ脱毛をすることで、またヒゲが生えてくる可能性があります

男性は、10代の第二次性徴期にテストステロンという男性ホルモンが増加し始めます。

テストステロンには、ヒゲなどの毛を発達させる作用があり、テストステロンが増加することで、しっかりとした濃いヒゲが生えてくるようになります。

このテストステロンは20代前半が増加のピークとなっているため、高校生がヒゲ脱毛をする場合、新しいヒゲが生えてしまう可能性があります

しかし、テストステロンの増加については個人差があるものなので、高校生全員に当てはまるということではありません。

このようなリスクが起こりうるということを覚えておきましょう。


3.高校生の特権「学割」でお得にヒゲ脱毛

ヒゲ脱毛をしたいけど、お金がかかるなあ…と思っている方もいるでしょう。

実は、医療脱毛もエステ脱毛も、高校生の特権である「学割」でお得にヒゲ脱毛ができる場合があります。
そのため、クリニックやエステサロンを選ぶ時は「学割の有無」をオフィシャルサイトやカウンセリングで確認すると良いでしょう。

ヒゲ脱毛には、永久脱毛効果がある「医療レーザー脱毛」と一時的な減毛・抑毛効果となる「エステ脱毛」の2種類があります。
通常、医療レーザー脱毛やエステ脱毛をした際に、効果が実感できるまでにかかる平均価格は以下の通りです。

ヒゲ脱毛の種類平均価格
医療レーザー脱毛81,500円
※1首都圏大手クリニック5院の平均
エステ脱毛122,360円
※2首都圏大手エステサロン5社

学割では、10%や20%、30%など、割引率はクリニックやエステサロンによって変わります。

【学割シュミレーション】
医療レーザー脱毛エステ脱毛
割引前¥81,500¥122,360
10%¥73,350¥110,124
20%¥65,200¥97,888
30%¥57,050¥85,652

学割があることで、確かに支払いの負担は軽減されますが、それでもまだ高いと感じてしまうでしょう。
しかし分割払いを利用すれば、月々約3,000円でヒゲ脱毛が始められます。

月々分割(24回払い)シュミレーション
医療レーザー脱毛エステ脱毛
月々¥3,396月々¥5,098

(※医療脱毛で分割払いをする場合、月々の支払いは3,000円以上で利用できます)

このように、月々3,000円であれば高校生でも手が届く価格帯になっています。
学割を使えば安く脱毛をすることができるので、学割のあるクリニックやエステサロンを選びましょう。

ヒゲ脱毛は、安い買い物ではありません。
自分でヒゲ脱毛の支払いが出来ることが理想ですが、支払いが難しい場合は保護者の方に相談する必要があるでしょう。

総額の値段を伝えることにハードルを感じるようなら、分割払いの値段を伝えるのも良いかもしれません。
月々3,000円であれば、自力で払うための保証人になってもらうにも、保護者の方に出してもらうにも、伝えやすい値段ではないでしょうか。


4.高校生がヒゲ脱毛をはじめる時の実際の流れ

いざヒゲ脱毛をしようと決めても、初めてのヒゲ脱毛は不安ばかりですよね。
ここでは、高校生がヒゲ脱毛をするときに必要な物と、実際の契約までの流れをご説明いたします。

高校生がヒゲ脱毛をする時に必要な物

身分証明書本人確認や年齢確認のため、身分証明書が必要となります。
例)健康保険証、学生証または生徒手帳(学割を使用する人)、パスポート、住民基本台帳カードなど
印鑑契約書に捺印することがあります。
親権者同意書親権者の署名、捺印が入っているもの。
現金、通帳またはキャッシュカード、クレジットカードカウンセリングや処置料、薬代で現金が必要になることがあります。

4-1.契約までの流れ

①カウンセリング予約
インターネットや電話でカウンセリング予約をします。

カウンセリングは無料で受けることが出来るクリニックやエステサロンもあるので、予約する前にチェックすると良いでしょう

②カウンセリング
医療レーザー脱毛であれば医師か看護師、エステ脱毛であればエステティシャンが行います。

カウンセリングでは、脱毛に関する基礎知識について説明してもらえます。

また、ヒゲや肌の状態を確認したり、不明点や不安なことを解消する場でもあります。

高校生が脱毛する際は、親の同伴が必要な場合があります。

必要なもの

・身分証明書
・親権者の同意書

③契約・支払い方法
―契約
カウンセリング後は、実際に受ける脱毛メニューを決めます

カウンセリングを通して、「もう少し考えたい」「他のところも見たい」となった場合は、契約を進める上での手続きは行いません。
また、カウンセリングを無料で行っている場所であれば、支払いも発生しません。

脱毛メニューを決める際は、自分がヒゲを無くしたい部分や予算などにあったものを選びます

ヒゲ全体を脱毛できるものや、気になる部分だけを選んで脱毛できるメニューなどがあるので、悩んだ場合はクリニックやエステサロンのスタッフと相談しながら決めることができます。

脱毛メニューを決めたら、契約手続きと支払い方法を選びます。

―支払い方法
支払い方法はクリニックやエステサロンによって異なりますが、大きく分けて3種類あります。

・現金一括払い
・クレジットカード
・医療ローン(医療脱毛のみ)

・現金一括払い
現金でヒゲ脱毛の料金を払う方法です。
現金一括払いをすることで特典をつけてくれるエステサロンもあります。

・クレジットカード
カード払いです。クリニックやエステサロンによって異なりますが、一括・分割・リボ・ボーナス一括などの支払い方法があります。
親権者の方に相談しましょう。

・医療ローン
医療脱毛の場合のみ使用できます。各クリニックが提携しているクレジット会社と契約して、一括で払えないようなものを分割払いできる方法です。
高校生でも医療ローンを契約することは可能です。

ローンの分割の仕方には条件があります。
月々の支払額は3,000円以上、支払いの分割回数は60回以内です。
その範囲であれば、自由に支払い額、分割回数を選ぶことができます。

高校生が医療ローンを契約するには、連帯保証人が直筆でサインを書く契約書が必要になります。

また医療ローンは、クレジット会社の審査が必要です。
審査を行う時間帯に連帯保証人に確認の連絡が必要となります。
審査が通ると契約が成立です。

後々、トラブルにならないためにも支払い方法については、しっかり親権者の方と話し合いましょう。

必要な物

・学割を使用する場合=生徒手帳や学生証

④カウンセリング終了・施術日の予約
初回の脱毛する日を予約します。

4-2.施術の流れ

①来院・来店
予約した日時にクリニックやエステサロンに行きます。

②照射
施術ルームでベッドに横たわります。
照射前に、看護師やエステティシャンが肌質、毛質をチェックします。

その後に、照射漏れ対策の為に消せるマーカーでマーキングが行われます。

施術者が、肌質や毛質に合わせてレーザーや光の出力を調整し、照射していきます。

ヒゲ脱毛の照射時間は約30分かかります。

③アフターケア
最後に、照射による赤みや痛みを緩和するためのアフターケアがあります。

アフターケアは、クリニックやエステサロンによって対応が異なります。

・クリニック
照射による炎症を抑える薬を塗ってもらうことが出来ます。

医療機関だからこそ、同じ薬を処方してもらうこともできます。

脱毛機によっては、アフターケアとして冷却を行います。

・エステサロン
冷却ガスで冷却をすることで炎症を緩和させます。


5.ヒゲ脱毛は痛みが伴う

ヒゲ脱毛には痛みが伴います。

特に、医療レーザー脱毛は永久脱毛効果をもたらすほどのレーザーの出力があるため、痛みを強く感じやすい傾向にあります。

しかし、このヒゲ脱毛に伴う痛みは緩和することが出来ます
痛みの緩和方法は、4つあります。

<冷却>
施術前・施術中・施術後に患部を冷却してもらうことで痛みを緩和することができます。

こまめに患部を冷やすことで、皮膚の感覚が麻痺し痛みを感じにくくなります。

冷却は、痛みを緩和するだけでなく炎症を抑えることもできます。

<麻酔>
クリニックで脱毛をする際に限りますが、施術中に麻酔を使用することで痛みを軽減することが出来ます。

麻酔は脱毛料金の他に別途お金が3000円ほどかかることがあります。

麻酔の料金はクリニックによって変わるので、使用する場合は事前にカウンセリングで確認しましょう。

<体温を上げない>
施術後は皮膚がダメージを受けた状態になっているため、直射日光や激しい運動、入浴で体温をあげてしまうと脱毛後のヒリヒリ感を悪化させてしまいます。

ヒゲ脱毛の直後は、帽子を被って直射日光を防いだり、激しい運動は控えて対策をしましょう。

<保湿>
肌が乾燥していると、角質に含まれる水分が低下しており肌がダメージを受けやすい状態です。

ダメージが受けやすいということは、痛みを増加させてしまいます。

ヒゲ脱毛をしている期間は5-2でも説明しましたが、洗顔後に化粧水や乳液で保湿を行いましょう


6.高校生でヒゲ脱毛をすることのメリット

高校生でヒゲ脱毛をするには注意すべき点も多くありますが、高校生でヒゲ脱毛をすることで、得られるメリットもたくさんあります。

6-1.女子ウケが良くなる

ヒゲが濃いことで老けて見られてしまったり、女子から不衛生なイメージを持たれてしまうことがあります。

また、濃いヒゲをどうにかするために、念入りにヒゲ剃りを行っているのに、それがお肌にダメージを与えてしまうことで、ニキビや剃り負けなど、肌トラブルを起こしてしまいます。

せっかくヒゲに気を使っているのに、肌トラブルのせいで、身だしなみに気を使っていないと女子に思われてしまうこともあるでしょう。

このように、ヒゲが無くなれば肌荒れのリスクを解消することができるだけでなく、清潔感のある印象を与え、爽やかモテ男子になることができます。

高校生のみなさんに歳が近い、女子大生に行ったムダ毛に関するアンケートがあります。

132人いる女子大生のうち65.2%が「男性のムダ毛が気になったことがある」と回答しました。

さらに、男性の体毛でヒゲが一番気になると回答したのは46.2%です。

女子にとって、ヒゲはマイナスポイントになってしまうようです。

このようにヒゲ脱毛をすることで、女子ウケが良くなるというメリットがあります。

※実施期間:2017年10月25日~2017年10月26日
調査方法:インターネット調査
対象者:現役大学生
有効回答数:男性109、女性132

6-2.コンプレックスの解消

ヒゲ脱毛をすることで、「同級生よりヒゲが濃い」という悩みやコンプレックスを解消することができます。

また、ヒゲを何度も剃ったことで起こる肌荒れに嫌気をさしている人や、合宿などでヒゲがだんだん濃くなってしまうのが気になる、剃っているのを見られたくないなどの悩みも解消することが出来ます。

同級生の目を気にすることも無くなりますし、今後自分のヒゲの濃さで悩むことも無くなります。

6-3.長期的にみるとコスパが良い

実はヒゲ剃りを毎日するのにかかる費用と、ヒゲ脱毛をする費用は、長期的に見るとヒゲ脱毛の方が安くなることがあります。

1本50円の使い捨て2枚刃のカミソリ(10本入り500円)を40年間使用したとして、
1日50円×40年間=730,000円

本体が15,000円の電気シェーバーで5000円の刃を40年間使用した時は、本体が15,000円と刃5,000円×40年間=215,000円
となります。

しかしヒゲ脱毛をすると、医療レーザー脱毛なら81,500円エステ脱毛なら122,360円でヒゲ剃りを楽にすることが出来ます。

このように長期的な目で見ると、ヒゲ脱毛をした方がヒゲも無くなり経済的にもお得です。

6-4.ヒゲ剃りの時間を削減できる

ヒゲ脱毛をすることで、毎朝の髭剃りの時間を削減することが出来ます。

高校生は毎朝早い時間に起きて準備をしなければならないでしょう。

特に部活動で朝練をしている人はヒゲ剃りの時間を短縮できたら楽ですよね。

毎朝、5分ヒゲ剃りをしている人が今後40年間続けたら以下のような時間がかかります。
1日5分×40年間=73,000分(1,216時間)

一方、ヒゲ脱毛は1回にかかる時間が30~40分です。
医療レーザー脱毛なら5~8回の施術(150分~320分)エステ脱毛なら12回から(360分~)の施術で、ヒゲ剃りが楽になるほどの効果を実感できるでしょう。

つまりヒゲ脱毛をすることで、毎朝早く起きてヒゲ剃りをする時間を削減できます。

医療レーザー脱毛であれば半年程度、エステ脱毛では1年ほど通えばヒゲ剃りの時間を削減することができます。


7.ヒゲ脱毛を受ける上で必要な知識

ヒゲ脱毛を受ける上で、知っておくべきことが5点あります。
安心してヒゲ脱毛を受ける為にも、ここで確認しましょう。

7-1.日焼けをしない

医療レーザー脱毛や、エステ脱毛は黒色に反応したレーザーや光を使用して脱毛効果を得ています。

日焼けをした肌に、このレーザーや光を当ててしまうと日焼けした肌にレーザーや光が反応してしまうため火傷をするリスクが高まります。

サッカーや野球など野外で部活動をしている人は特に日焼けをしやすい環境にいると思うので、こまめに日焼け止めを塗るなど日焼け対策が必要です。

7-2.ニキビには照射できない

実は、脱毛をしたい部分にニキビがあると施術することができないことがあります

ニキビにレーザーや光を当ててしまうと、炎症を悪化させてしまいます。

基本的にはニキビを避けることで施術できますが、ニキビの量や度合いによっては照射を断られることもあります。

思春期ニキビは、成長期に肌の皮脂量が増えることでできるニキビです。

洗顔で皮脂を除去し、皮膚のターンオーバー作用があるビタミンAを摂取してニキビを予防・改善しましょう。

7-3.スキンケアが必要

ヒゲ脱毛をした後は、レーザーや光による熱量で肌の水分が奪われ、肌がデリケートになっています。

そのため、ニキビのような炎症を起こしやすくなります。

この炎症を防ぐためには、スキンケアをする必要があります。

スキンケアとは、以下の2点です。
・洗顔=清潔感を保つため
・保湿(化粧水や保湿クリーム)=肌に水分を与えるため

脱毛期間中に保湿をすることで、より強いレーザーや光を照射することができるため、脱毛効果をより高めることができます。

脱毛期間中は化粧水や乳液を使用して保湿をしっかりしましょう。

日頃からスキンケアをすることで、高校生特有のニキビも防ぐことが出来ます。

7-4.副作用が伴う

ヒゲ脱毛には副作用が伴います。

脱毛をした後に「泥棒ヒゲ」というヒゲが濃く目立ってしまう症状が現れます。

レーザーや光で焼けたヒゲが膨張しているのが原因です。
泥棒ヒゲを剃ろうとすると、ハリがなく柔らかいのでうまく剃ることができないことがあります。

しかし、1週間ほどでこの泥棒ヒゲは抜け落ち、解消されます

無理に剃ろうとすると肌荒れしてしまうことがあるので、無理に剃ったり抜いたりしないようにしてください。

7-5.肌トラブルのリスク

ヒゲ脱毛には、肌トラブルを起こすリスクがあります。

肌トラブルとは、毛嚢炎・ニキビ、火傷、赤み・ヒリヒリ感です。

毛嚢炎・ニキビ

毛穴に雑菌が入り、肌にニキビのようなぶつぶつができてしまいます。
洗顔や保湿で肌を清潔で健康に保つことでリスクを軽減できます。

火傷


レーザーや光の熱で火傷をしてしまうことです。
脱毛に利用する熱が多すぎると火傷をしてしまいます。
症状は、一般的な火傷と変わらず、皮膚表面が赤くなってしまいます。
クリニックであれば、医師が常駐しているため万が一の際に適切な処置をしてもらえます。

赤み・ヒリヒリ感

ヒゲ脱毛後、赤みやヒリヒリ感は、ほとんどの方に起こる症状です。
多くの場合は、翌日にはおさまります。
ステロイドなどの軟膏を塗ることで処置することが出来ます。


8.まとめ

いかがでしょうか。

高校生でもヒゲ脱毛をすることは出来ます。

また、学割や分割払いを使用して無理のない支払いをすることも可能です。

注意すべき点は、高校生がヒゲ脱毛をする際には親権者の同意が必要であることと、高校生でヒゲ脱毛をすると今後ヒゲが生えてくるリスクがあるということです。

また、ヒゲ脱毛は痛みが伴うことがあります。

しかし、高校生のヒゲ脱毛はメリットも多くあります。

・女子ウケが良くなる
・コンプレックスの解消
・長期的にみるとコスパが良い
・ヒゲ剃りの時間を削減できる 

また、高校生の特権である学割も使用することができます。

ヒゲ脱毛を受ける上で、以下の5つは必要な知識です。

ヒゲ脱毛を受ける前に確認しましょう。

・日焼けをしない
・ニキビには照射できない
・スキンケアが必要
・副作用が伴う
・肌トラブルのリスク

ヒゲ脱毛をして、夢の高校生ライフを過ごし周りと差をつけてくださいね。

メンズリゼなら低価格で始めやすい

ヒゲ脱毛を検討していて、「脱毛したくない部位が含まれている」「自分のしたい部位だけで脱毛すると高くなる」といったことを感じたことはありませんか?
人それぞれヒゲの生え方は大きく違います。
そのため、脱毛したいヒゲや残したいヒゲなど、求めることは千差万別です。

求めている脱毛プランが見当たらない場合は、メンズリゼのセレクトヒゲ脱毛」というプランがオススメです。
セレクトヒゲ脱毛」であれば、自分の好きな部位だけを選んで、自分だけのプランを組むことができます。
自分にとって無駄な部位が組み込まれていないため、無駄な費用がなくお得に脱毛を始めることができます。

このプランであれば、分割払いを活用することで、月々3,000円ほどでヒゲ脱毛を受けることができます。

男性にとってヒゲにまつわる悩みは大きいものでしょう。
ヒゲ脱毛をすれば、日々のヒゲ剃りにかかる時間や費用を削減できるだけでなく、肌荒れやニキビなどの肌トラブルについても悩まされなくなるでしょう。

ヒゲ脱毛を考えているのであれば、一度メンズリゼに行ってみるのが良いでしょう。
医師によるカウンセリングは無料です。
ヒゲ脱毛を検討しているのであれば、男性脱毛専門のメンズリゼがオススメです。