ヒゲ(髭)脱毛のデメリット9選!損をしない為の対策法とは?

ヒゲ剃りを楽にしたいからヒゲ脱毛に興味はあるけど、デメリットが不安でなかなかヒゲ脱毛をする勇気が出ないなんてことはありませんか?

ヒゲ脱毛には9個のデメリットがあります。

・1回では終わらない
・一定の費用がかかる
・痛みが伴う
・照射した部位は生えてなくなる
・照射直後はヒゲが濃くなる
・肌トラブルのリスクがある
・日焼け対策が必要
・ニキビ・ホクロには脱毛できない
・お肌の水分が奪われる

デメリットが9個もあると不安になってしまうかもしれませんが、これらのデメリットは対策出来るものがほとんどです。

ここでは、9個のヒゲ脱毛のデメリットとともに、ヒゲ脱毛で損をしない為の対策法をお伝えします。

この記事を読み終えていただければ、ヒゲ脱毛の不安を解消することができ、安心してヒゲ脱毛に挑むことができるようになります。ぜひ、参考にしてみてください。

0.デメリットを理解するために知っておくべきこと


デメリットを理解するためには、ヒゲ脱毛について知る必要があります。

ヒゲ脱毛の種類には、医療レーザー脱毛、ニードル脱毛、エステ脱毛、家庭用脱毛器があります。

これらのヒゲ脱毛について表にまとめたので、参考にしてみてください。

医療レーザー脱毛 ニードル脱毛 エステ脱毛 家庭用脱毛器
効果 永久脱毛 永久脱毛 一時的な減毛 一時的な減毛
仕組み 黒色(メラニン色素)に反応するレーザーで細胞を破壊 毛穴に針を刺し電気を通すことで細胞を破壊 黒色(メラニン色素)に反応する光で、細胞にダメージを与えて毛の成長を抑える 黒色(メラニン色素)に反応する光で、細胞にダメージを与えて毛の成長を抑える
場所 クリニック クリニック エステサロン 自宅
施術者 医療従事者 医療従事者 エステティシャン 自分

“ワックス脱毛”

  • ヒゲ脱毛を検討する際にワックス脱毛について考える人もいるかもしれませんが、ワックスを使ったヒゲ脱毛はおすすめしません。
  • ワックス脱毛は脱毛をしたい部分に専用ワックスを塗布し、乾いてから毛根ごと一気にはがすという脱毛方法です。
  • しかし、ワックス脱毛を行うことで肌が荒れてしまったり、出血を伴うこともあるためヒゲ脱毛には向いていません。

    ワックス脱毛を専門としているサロンにおいてもヒゲ脱毛は危険なため施術を受けられる場所はなかなかありません

1. ヒゲ脱毛におけるデメリット

ヒゲ脱毛には9つのデメリットがあります。

ここではヒゲ脱毛のデメリットとそれぞれのデメリットに対する対策法をお伝えします。

1-1.1回では終わらない

実はヒゲ脱毛は1回では完了しません。
その理由は、毛の生え変わるサイクルである毛周期が関係しています。

脱毛効果は、成長期初期と成長期の毛にしか発揮できず、これらの毛は全体の20%しかありません。
つまり、1回のヒゲ脱毛で最大でも20%しか効果が得られないのです。

そのため、ヒゲ脱毛をするには毛周期の期間に合わせ、何度か施術する必要があります。

毛周期って何?毛周期への理解が効果的な脱毛になる!

対策

ヒゲ脱毛を一番早く終わらせることが出来るのは、医療レーザー脱毛です。

医療レーザー脱毛であれば5~8回でヒゲ脱毛を終わらせることができます。

ヒゲ(髭)脱毛の回数は少なくとも5回!回数と脱毛方法の関係を徹底解明!

1-2.一定の費用がかかる

ヒゲ脱毛はプロにお願いしたり、専用の機材を購入するため費用が発生します。

ヒゲ脱毛にかかる平均費用は、脱毛方法によって異なります。

以下の表を参考にしてみてください。

ヒゲ脱毛の平均費用
医療レーザー脱毛 ¥81,500※1
ニードル脱毛 ¥410,160※2
エステ脱毛(一時的な減毛) ¥122,360※3
家庭用脱毛器(一時的な減毛) ¥46,815※4

※1医療レーザー脱毛実施首都圏大手クリニック5院の平均
※2ニードル脱毛実施医療機関5院の平均
※3エステ脱毛実施首都圏大手エステサロン5院の平均
※4大手メーカー5社 本体価格の平均

一見、ヒゲ脱毛は高額に見えますが、実はヒゲ脱毛をすると生涯のヒゲ剃りにかかる費用をカットすることができます。

ヒゲ剃りを30年毎日した時の平均費用とヒゲ脱毛の平均費用を比較してみましょう。

使い捨て2枚刃と電気シェーバーの生涯平均費用
使い捨て2枚刃
1本:50円
1日50円×30年間=547,500円
電気シェーバー
本体:15,000円
刃 :  5,000円
本体15,000円+刃5,000円×30年間
219,000,000円

このように長期的に考えると、ヒゲ剃りよりもヒゲ脱毛のほうが費用はかかりません。

しかし、施術以外に別途費用がかかる場合があります。
クリニックやエステサロンによっては無料で済むことがあるので事前に確認すると良いでしょう。

スグに分かる!ヒゲ(髭)脱毛の値段を徹底比較!

対策法

ヒゲ脱毛の費用を抑えるポイントは、割引や分割払いを上手に使うことです。

クリニックやエステサロンによっては、学割や紹介割などを併用して費用を抑えることが出来ます。

また、分割払いを使用すれば月々数千円単位でヒゲ脱毛をすることができます。

1-3.痛みが伴う

脱毛はヒゲを作る細胞にダメージを与えています。
ヒゲは太く、密集しているためレーザーや光が反応しやすく、個人差はありますが、痛みを感じやすいです。

特にニードル脱毛は、針に電気を通して毛根を焼くため、脱毛の中では一番痛みが伴います。

対策法

麻酔を使用する

医療レーザー脱毛ニードル脱毛の場合、医療機関で行えるので麻酔クリームや笑気麻酔で痛みを和らげてもらうことができます。

実際に医療レーザー脱毛でヒゲ脱毛をする人の多くが麻酔を使用しています。

※エステサロンで麻酔を使用することはできません。

日焼けをしない

レーザー脱毛やエステ脱毛、家庭用脱毛器ではメラニン色素に反応する脱毛方法です。

日焼けをした肌にレーザーや光を当てると、肌にまでレーザーや光が反応してしまい痛みが伴います。

そのため、脱毛期間中は日焼け対策をすることで痛みを和らげることができます。

1-4.将来生やしたい場合、生えなくなる

医療レーザー脱毛やニードル脱毛は永久脱毛です。

厳密には永久脱毛だからといって一生生えてこないというわけではなく、米国電気脱毛協会(American Electrology Association)は『最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法』が永久脱毛であると定義しています。

施術を重ねることで脱毛効果を高め、最終的にほぼ生えてこない状態になります。
エステ脱毛や家庭用脱毛器の場合、一時的な減毛・抑毛効果のため、照射しない時間が長くなれば元のヒゲの濃さに戻ります。

対策法

永久脱毛をする場合、将来ヒゲを生やす可能性があれば、「薄くしたい」などの要望を看護師に伝えましょう。
その旨を伝えることで、ヒゲの濃さを調節することも可能です。

1-5.施術直後はヒゲが濃くなる(泥棒ヒゲ)

施術直後はヒゲが一時的に濃くなってしまう「泥棒ヒゲ」になります。
実際にヒゲが濃くなったわけではありません。

肌の表面に出ていない成長途中のヒゲがレーザーや光の熱で膨張し、皮膚から透けて見えてしまうのが原因です。

基本的には5~7日でヒゲが抜け落ちて泥棒ヒゲは解消されます。

また、この「泥棒ヒゲ」は毛が柔らかくなっているため、ヒゲ剃りがうまくできないことがあります。

対策法

上記でも説明したように、「泥棒ヒゲ」は毛が柔らかくなるため、うまく剃ることができません。
その為、剃らないで「泥棒ヒゲ」を乗り切る解決法をお伝えします。

また、皮膚内のヒゲを抜こうとして、肌を傷つけてしまうと、別の肌トラブルを誘発する場合があります。

マスクをする

「泥棒ヒゲ」を手軽に隠すことができるのがマスクです。
ヒゲ脱毛直後の肌は大変デリケートなので柔らかい素材のマスクなど肌への接触が少ないものを選びましょう。

・サージカルマスク メジャーリーガー M-101w 白

728

ISO規格に基づいた皮膚刺激性テストで刺激性が全くないと証明されたマスク。

肌に触れる方の材質がシルク相当のポリセルロースというものでつくられています。

コンシーラーで隠す

 職場でマスクを使うことができない場合、コンシーラーでヒゲを薄く見せるという方法もおすすめです。

コンシーラーとは、にきびやクマなど部分的に肌の悩みを隠す際に使用する化粧品です。

最近では、メンズ用コンシーラーという男性専用化粧品も発売されているので化粧品を買うのに抵抗のある男性におすすめです。

ベジボーイ BBクリーム 20g

1,728

気になる点をカバーするだけでなく、UVカットやエイジングケア、保温、テカり消しをすることができます。

また、詳しい説明書も付いているので初めてでも安心して使うことができます。

1-6.肌トラブルのリスクがある

脱毛には肌トラブルが起こるリスクがあります。

●デメリットとなるリスク一覧
・赤み、ヒリヒリ感
・毛嚢炎、ニキビ
・火傷
・打ち漏れ
・内出血
・感染症

ここではリスクを下げることや起こってしまった場合の対応についてもお伝えいたします。

増毛化・硬毛化

  • 照射をしたことで脱毛をした部分から硬い毛が生えてくることがあります。ですが、原因は解明されていません。
    何らかの原因で効果的な熱に変換されず、毛根周囲の働きが逆に活性化してしまうのではないかと考えられています。
    上腕、うなじ、背中などの産毛が多い部位で起こることが多いので、ヒゲでこのようなリスクが起こることはほぼありません。

■赤み・ヒリヒリ感

脱毛直後、ほとんどの人に見られます。

これらは、レーザーの照射や、電流により発生した熱が原因です。

ヒゲはもともと毛が濃く太いので照射による熱量が多く炎症が起こりやすい傾向にあります。

大抵の場合は翌日までに治まりますが、肌が弱い方は数日間症状がみられる方もいます。

対策法

保湿

1日2回、朝の洗顔後と夜のシャワーの後に行います。
保湿の仕方は、初めに化粧水を肌に塗り、そのあとすばやく乳液を塗ります。
一般的には化粧水で水分をお肌に与え、乳液を付けることで化粧水のなじみをよくします。
しかし、忙しい男性や少し面倒に感じる男性におすすめなのが、化粧水と乳液両方入っているオールインワンの化粧水です。男性専用の化粧水に多く、洗顔後一本で保湿ができるのでおすすめです。

  • 無印良品 敏感肌用オールインワン美容液ジェル
  • ¥990
  • 男性でも立ち寄りやすく、コスパの良い手軽な無印良品。
  • 化粧水・乳液・美容液がひとつになった保湿ジェルで、洗顔後のお手入れが簡単にできます。
  • さっぱりしてべたべたしないのでおすすめです。
紫外線に注意する

赤みのある肌に紫外線が当たると赤みやヒリヒリ感が悪化してしまいます。
そのため、UV対策が必要です。
しかし、脱毛後の肌は敏感なため日焼け止めを塗ってしまうと肌への刺激が強く悪化してしまう可能性があります。
そのため、帽子やマスクの着用をおすすめします。

■毛嚢炎・ニキビ

施術した箇所に白いニキビのような出来物や赤いぶつぶつができてしまう症状です。

レーザーや光、針の熱によって毛穴がダメージを受けバリア機能が弱まり、雑菌が入り炎症が起こりやすくなります。

また、毛穴周辺が赤くなりニキビになることもあります。

対策法

肌を清潔に保つ

肌を清潔に保つことで防ぐことが出来ます。

脱毛後は肌がデリケートなのでゴシゴシと強い力で洗わず、泡で優しく洗うようにすると良いでしょう。

脱毛後の肌を清潔に保つことも大切ですが、衣類やタオル、枕カバーなど清潔感を保つことも大切です。

施術後のひげ剃りは電気シェーバー

ヒゲ脱毛の施術後、ヒゲ剃りは電気シェーバーがおすすめです。

電気シェーバーは、刃が直接肌に触れることがないため、傷が出来にくく毛嚢炎になりにくいです。

T字カミソリを使用する場合、逆剃りは皮膚を傷つけやすく毛嚢炎になるリスクが高まるので、ヒゲの生えている方向に合わせて順剃りをすると毛嚢炎のリスクを防ぐことができます。

火傷(やけど)

ヒゲ脱毛は、レーザーや光の熱、針による電流の熱によって効果を得ています。効果を得る為には十分な熱量が必要です。
そのため、火傷のリスクが伴います。

ニードル脱毛の場合、針の挿入の深さが不適切な場合にも火傷を誘発する可能性があります。

やけどの症状例として、肌の赤み・水ぶくれ・茶色のあざが挙げられます。
もしやけどの症状があればクリニックやサロンにすぐに連絡することが重要です。

対策法

日焼けをしない

人間の肌は日差しを受けると刺激から身を守るためにメラニン色素を作ります。
レーザーはメラニン色素に反応して脱毛効果を得る為、肌のメラニンに強く反応して火傷が起こりやすくなります。

火傷のリスクを防ぐには、脱毛前から日焼け止めや帽子でUV対策をすることが大切です。

 スタッフの照射技術をチェックする

医療レーザー脱毛・ニードル脱毛・エステ脱毛でヒゲ脱毛を行う際、体毛の濃さやその日の肌の状態など、様々な条件を見極めた上で、レーザーや光、針の出力を見極める必要があります。

そのため、施術者の技術が重要となってくるので脱毛が得意な医師や看護師、エステティシャンがいるクリニックやサロンをホームページなどでチェックすることが大切です。

家庭用脱毛器の照射レベルに気を付ける

家庭用脱毛器はエステ脱毛に比べ、光の出力が少ないです。

効果が出ないからといって、むやみやたらに光の出力を上げてしまうと火傷をしてしまいます
家庭用脱毛器は自分で行う脱毛のため、判断は自己責任になってしまいます。説明書の照射レベルを守ってヒゲ脱毛をしましょう。

■内出血


ニードル脱毛において、針で毛細血管に触れてしまうと内出血を起こしてしまうことがあります。

しかし、基本的に針の先端が血管をよけて通るので内出血が起こることはあまりありません。

内出血は長くても3週間後には治ります。

対策法

内出血の部分を冷やす

内出血後、すぐに患部を冷たいタオルや氷を入れたビニール袋に入れて冷やしてください。
内出血の部分を冷やすことで、皮膚内の出血や腫れを抑えることができます。
冷やす時に直接氷を患部に刺激を与えすぎて凍傷になってしまう可能性があるので、直接氷を肌に当てないようにしてください。

回復してきたら温める

内出血が黄色っぽくなってきた時が回復している状態です。
温めて血液循環を良くすると回復が早くなります。入浴や温湿布で温めるのが良いでしょう。

■感染症

近年では、クリニックやサロンが衛生管理を徹底しているので感染症のリスクは減りましたが、ごく稀にC型・B型肝炎やHIV、梅毒などの感染症のリスクがあります。

特に、ニードル脱毛は針を刺し脱毛効果を得ます。ヒゲを作る細胞を針で破壊すると、目では確認できないほどの出血をする場合があります。

もしこの針を使いまわしていたら、針に密着した血液を通し、次の患者が感染症になってしまう恐れがあります。

最近は感染症を防ぐため、針を患者ごとに変えるクリニックがほとんどです。

対策法

自分専用の針を購入するクリニックを選ぶ

患者同士の針の使いまわしによる感染症を防ぐため、患者が自分専用の針を購入するクリニックがあります。
自分専用の針を使用することで、感染症のリスクを大幅に防ぐことが出来ます。

1-7.日焼け対策が必要

医療レーザー脱毛や、エステ脱毛、家庭用脱毛器の場合、脱毛期間中日焼けをすることができません

なぜなら、これらのヒゲ脱毛は黒色(メラニン色素)に反応して脱毛効果を得るからです。

日焼けをしてしまうと、レーザーや光がお肌にも反応してしまい、火傷のリスクが高まります。

そのため、日焼け止めをこまめに塗ることや、帽子を被ることなどの日焼け対策をしなければなりません。

対策法

日焼け止めをこまめに塗ることを面倒に感じる方は、スプレータイプの日焼け止めがおすすめです。

クリームやローションタイプの日焼け止めだと塗る手間や手のべたつきが気になってしまう人もいますが、スプレータイプであれば手を汚さず簡単に日焼け止め対策ができます。

顔は皮膚が敏感なので、顔にも塗れる日焼け止めを使うことをおすすめします。

ライオスサンスクリーンスプレーレモンSPF50+ PA+++

¥1680

スプレータイプなので手を汚さず便利です。

この日焼け止めは体だけではなく、顔にも使えるためヒゲ付近の対策にはおすすめです。

1-8.ニキビ・ホクロには照射できない

照射をしたい部分にニキビやホクロがあると、照射ができない場合があります。

炎症であるニキビや、メラニン色素であるホクロには照射することができません。

ニキビやホクロにシールを貼ってレーザーや光が当たらないような処置を取ってくれるクリニックやサロンもあります。

家庭用脱毛器を使用する場合は肌トラブルを起こす場合があるので安易に照射するのはやめましょう。

対策法

ニキビが出来ないように洗顔をする

ニキビができる原因は、毛穴に皮脂やほこりが詰まってアクネ菌が炎症を起こすからです。
そのため皮膚を清潔に保つようにしましょう。

ロゼット 洗顔パスタ アクネクリア 120g (医薬部外品)

¥411

きめ細やかなクレイパウダーを含んだクリーミィーな泡で皮脂や毛穴詰まりをしっかり洗い落とし、

炎症を抑えニキビを防いでくれます。

生活習慣に気を付ける

ニキビやホクロを増やさない為にも、睡眠、バランスの良い食事を心がけましょう。
生活習慣が乱れ、新陳代謝が乱れると、ホクロの原因であるメラノサイトの働きが活発になり、ホクロの形成につながります。

また、普段脂っこい食事やインスタント食品ばかり食べると皮脂の分泌が増えます。その皮脂がつまりニキビができてしまいます。

これらを対策するためには、ビタミンをしっかり摂取し、緑黄色野菜と淡色野菜を避けないように両方食べましょう。

1-9.お肌の水分が奪われる(乾燥肌)

どの脱毛方法も、熱を発することで脱毛効果を得ています。

その熱で水分が奪われてしまうため肌が乾燥してしまいます。

肌がかさついてしまったり、粉がふくなどの症状が現れます。

対策法

保湿をする

顔は他の部位と比べ、皮膚が薄く乾燥を引き起こしやすい部位です。
日頃から保湿ケアを怠らない用意しましょう。
もし、乾燥肌の症状がひどい場合は、高保湿・高浸透成分の「セラミド」を配合したクリームがおすすめです。

キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム 40g

 ¥ 2,484  

薬局で買えるフェイス用のセラミド配合クリームです。

薄く塗っても潤いが続きます。

2.筆者のおすすめは医療レーザー脱毛

ここまでデメリットとその対策法について見てきましたが、意外にもデメリットは多いように思えます。

そこでデメリットに対して広く対策できる医療レーザー脱毛をおすすめします。

ここではおすすめする理由をご紹介します。

肌トラブルに対する適切な処置をしてくれる
医療レーザー脱毛は医療機関でしか行うことが出来ません。
医療機関では常に医師や看護師が常駐しているため、肌トラブルが起こってもすぐに適切な対応をしてもらえます。

痛みを軽減できる
ヒゲ脱毛には痛みを伴いますが、麻酔を使えば痛みを軽減することが出来ます。
医療レーザー脱毛は医療機関であるため麻酔を使用することが可能です。
ヒゲ脱毛の痛みが心配でも、麻酔を使用することで安心してヒゲ脱毛に望めます。

ヒゲ脱毛の費用が比較的安い
医療レーザー脱毛は一見高額に見えますが、長期的に見るとコスパが良いです。
施術回数は他のヒゲ脱毛と比べ比較的少なくて済み、永久脱毛の為ヒゲ脱毛が完了したらお金がかかりません。
また、クリニックにもよりますが、月々3000円などで支払いをする分割払いをできることもあります。
ヒゲ脱毛にお金をあまりかけたくない人であればおすすめです。

施術回数が比較的少ない
医療レーザー脱毛の施術回数は5~8回と、他の脱毛に比べて少ないです。
他のヒゲ脱毛に比べ、長期的に通う必要もありません。

効果的な脱毛ができる
永久脱毛の効果を得ることが出来る為、ヒゲを無くすことが出来ます。
普段のヒゲの処理が楽になり、青ヒゲも解消されます。
「将来ヒゲを生やしたくなるかもしれない」という人であればヒゲの永久脱毛を不安に思うかもしれません。しかし、「ヒゲを薄くする」「部分的に残す」ということはできるので医師や看護師に伝えることが大切です。

3.まとめ

ヒゲ脱毛のデメリットは9個です。

・1回では終わらない
・一定の費用がかかる
・痛みが伴う
・照射した部位は生えてなくなる
・照射直後はヒゲが濃くなる
・肌トラブルのリスクがある
・日焼け対策が必要
・ニキビ・ホクロには照射できない
・お肌の水分が奪われる

9個もデメリットがあると、ヒゲ脱毛を不安に思うかもしれません。
しかし、ほとんどのデメリットには対策はあります。

デメリットの対策で様々な面で安心できるのは医療レーザー脱毛です。
肌トラブルなどの対応や金額、脱毛期間を考慮するのであれば医療レーザー脱毛がおすすめです。

ヒゲ脱毛はメリットも多くあるので、デメリットでヒゲ脱毛を諦めるのではなくこの記事を読んで参考にしてみてくださいね。