すね毛を脱毛するなら医療脱毛が効果的!その理由を徹底公開!

何かのタイミングでヒザ下を露出する時、あなたは自信を持ってすねを出せますか?
自分のすね毛が気になってしまって、ファッションやレジャーを楽しめない方もいらっしゃるでしょう。

実際に「男性のどの部位の毛が一番気になるか」について女子大生にアンケートを取ってみると、足回りの毛は3位にランクインするほどの不人気ぶりです。

実施期間:2017年10月25日~2017年10月26日
調査方法:インターネット調査
対象者:現役大学生
有効回答数:男性109、女性132

すね毛は女性ウケも悪いようだし、何より自分が気にしてしまう。
そんな方にはすね毛脱毛をオススメします。
悩みの種となっているすね毛が無くなれば、ファッションやレジャー、日常生活がより気兼ねなく、より楽しく過ごせるようになるのではないでしょうか。

そこで今回は、すね毛の脱毛について取り上げます。
綺麗なすねを手に入れるための参考にしてみてください。

1.濃いすね毛こそ医療レーザー脱毛が効果的

「脱毛」というものについて考えたことはありますか?
実は、脱毛とは医療行為であり、医師の居る医療機関でしか施術することができません。
種類も、ニードル脱毛(針脱毛)と医療レーザー脱毛の2種類のみです。
どちらの方法も毛穴の奥にある毛を成長させる細胞を破壊するため、医療従事者でなければ扱えないと法律で決まっています。

ニードル脱毛とは、毛穴に針を挿入し、そこに電気を流すことで毛を成長させる細胞を破壊し、脱毛効果を得るものです。
この方法は古く120年程の歴史がありますが、毛穴ひとつひとつに施術をする必要があるため、多くの時間と費用を必要とします。
そのため、現在ではニードル脱毛のニーズは減少傾向にあります。

それに対して医療レーザー脱毛は、2000年頃から普及し始めた新しい手法です。
ニードル脱毛と違い、広い照射範囲をもつ脱毛機を使い短期間かつ安価に脱毛効果を得られるため、現在の脱毛は医療レーザー脱毛が主流となっています。
特にすね毛の場合、施術する面積が広く毛の数が多いため、医療レーザー脱毛は非常に効果的です。

ここではその医療レーザー脱毛について取り扱います。

1-1.すね毛が無くなる仕組み

医療レーザー脱毛は、黒いメラニン色素に反応するレーザーを使用し、毛乳頭という毛の成長をつかさどる細胞を破壊することで、脱毛効果を得ようとするものです。
レーザーを照射し、毛を通して熱を伝え、その熱によって毛乳頭を破壊します。

毛を通して熱を伝えるということは、毛と毛乳頭が繋がっている必要があるということです。
この仕組みに関係してくるのが「毛周期」というものです。

毛周期とは毛が生え変わるサイクルのことです。
成長初期、成長期、退行期、休止期の4つの段階があり、それぞれ毛の状態が異なります。
このうち、毛と毛乳頭が繋がっているのは成長期だけであり、このことから、全ての脱毛は成長期の毛にしか効果を示しません。

毛周期について詳しく知りたい方はこちらもご参考にしてください。
毛周期って何?毛周期への理解が効果的な脱毛になる!

1-2.すね毛を無くすために必要な回数・期間・金額

では実際にすね毛を脱毛しようとすると、何回で効果がでて、どの程度の期間通う必要があり、いくら程かかるのでしょうか。

まとめると以下のような数字になります。

・回数:5回

・期間:約1年

・金額:平均105,000円

この数字について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

1-2-1.回数

毛周期についてはまだ解明されていない部分も多いのですが、同じ時期に成長期に入る毛は全体の20%程度であると言われています。
つまり、1回の照射では最大で20%の毛にしか脱毛効果を出せず、どんなに効率的に脱毛を行ったとしても5回の施術は必要だということになります。

ただ、毛周期は個人差が大きく、個人の毛周期を把握することは不可能であるため、5回の照射では完全にツルツルにすることは難しいでしょう。

しかし、5回も照射すればほとんどの毛は無くなっているため、医療レーザー脱毛を扱うクリニックでは5回前後のコースを設けていることがほとんどです。
(ちなみに、1,2回目の照射では変化を実感する人は少なく、3回目以降で効果を実感する人が多いようです。)

1-2-2.期間

5回は照射の必要な脱毛ですが、1日1回照射して5日間で終わり、とはいきません。
ここでも毛周期が関係してきます。

休止期だった毛が成長期に入ったタイミングで照射をしなければ脱毛効果は得られないため、毛周期が巡るのを待つ必要があります。
すね毛の場合、8週~10週は照射の間隔を開ける必要があります。
照射の間隔が近いと、休止期のままの毛に照射をしてしまう可能性が高くなってしまうため、8週は間隔をあけ、毛が生え揃ってから照射をする必要があります。

つまり、脱毛を完了させるためには1年程度の期間を要するということになります。

1-2-3.金額

クリニックによって様々な料金が設定されていますが、5回コースや6回コースを見てみると、ランダムにチョイスした20院の平均金額は約105,000円でした。
最低金額が45,000円、最高金額が200,000円とかなり広い価格帯となっています。

クレジットカードの利用や医療ローンによる分割払いが可能なクリニックも多いので、金額が気になる方はクリニックに相談してみるのも良いでしょう。

2.すね毛を減らす脱毛以外の方法

医療レーザー脱毛以外にも、すね毛を減らす方法があります。
しかし、これからご紹介する方法には「脱毛」効果はございません。
脱毛という名前がついていますが、実際には「除毛」や「減毛」といった効果に留まります。

「除毛」とは、皮膚の表面に見えている毛だけを取り除くことを言います。

「減毛」とは、一時的に毛の生えてくる力を弱めるものです。

2-1.エステ脱毛(光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛)

エステ脱毛のメカニズムは医療レーザー脱毛と同じように、黒いメラニン色素に反応する特殊な光を使用しています。
しかし、光の照射レベルが低く毛穴の奥深くまで届かないため、毛の成長を遅らせる効果に留まります。

 

長期にわたって放置していると毛が再び成長するため、医療脱毛とは違いエステサロンに通い続ける必要があります。

2-2.家庭用脱毛器

こちらも医療レーザー脱毛と同じように、黒いメラニン色素に反応するレーザーを使用しています。
ただし家庭で扱えるよう、エステ脱毛よりもさらに低い照射レベルとなっています。

また、取り扱いがしやすいように業務用の脱毛機よりもかなり小型に作られているため、広い範囲を照射しようとする場合、多くの時間を要します。
家庭で行えるメリットはありますが、火傷などの肌トラブルのリスクについて自己責任となるので、そういたデメリットもあります。

2-3.除毛クリーム

クリームを肌に塗布することで、毛とクリームを化学反応させ、タンパク質である毛を溶かすものです。
すね毛を溶かすことで断面が丸くなるため、チクチクすることもありません。
しかし、独特の臭いを放つとともに、人によっては肌を痛めてしまう場合もあります。

また、クリームが毛穴の奥まで入り込むことは難しく、表面に出ている毛を一時的に除毛するだけの効果となります。

2-4.ワックス脱毛

温めたワックスを脱毛したい部位に塗布し、毛を巻き込んだ状態で乾かし、ワックスごと毛を抜くものです。
広い範囲をごく短時間で処理できるメリットがありますが、毛乳頭が毛穴に残っているため、時間が経てば再び毛は生えてきます。

また、ワックスの熱で毛穴を開くことで毛穴や皮膚へのダメージを軽減していますが、それでも引き剥がす際にはかなりの痛みを伴います。

3.まとめ

すね毛の脱毛には、少ない回数で確実な効果が見込める医療レーザー脱毛が最適です。

他にもすね毛を少なくする方法はありますが、一時的な効果に留まるため、その処理を施術し続けなければなりません。
そのため、長期的に見れば医療レーザー脱毛が経済的にもお得であると言えます。

もし自分のすね毛が気になっているのでしたら、ぜひとも医療レーザー脱毛を検討してみてください。