ヒゲは印象が悪い?営業マンのヒゲはありかなしか、徹底解説!

一般的に営業マンのヒゲはタブーとされていますが、それほどまでにヒゲは取引相手に悪い印象を与えるのか?と疑問に思っている方もいると思います。

実際に、商品よりも自身を売り込まなければいけない営業マンにとって「清潔感」は重要度が高く、ヒゲがあることで「不潔感」「不衛生」「だらしない」といった印象を取引相手に与えてしまうことが多々あります。

そこで今回は、営業マンにとってヒゲはどういった印象を与えるのか、そこから分かるヒゲが「なし」である理由、どうしたら清潔感のあるヒゲを維持し、好印象を取引相手に与えられるのかを解説します。

ぜひこの記事を読んで、営業マンにとってのヒゲの在り方を理解し、成果の上げられる営業マンになるきっかけとしてみてください。

脱毛が解決します
脱毛が解決します

1.ビジネスシーンにおける清潔感の重要性

常に成果を求められる営業マンにとって、成果を出せる人・出せない人の違いとして「清潔感」の有無よく挙げられます。

メンズリゼで行った企業の人事担当者309名へのアンケート結果によると、面接の際の判断基準として気にするポイントとして「身だしなみ・清潔感」と答えた割合は99.4%でした。
ほぼ全員が重要視する理由は、それが「第一印象」そのものだからです。
面接時間はわずか10分~30分だけと短く、その時間内で学生たちの印象を見定めるため、身だしなみや清潔感を判断材料としてチェックする人事担当者は多くいます。

それが自社の商品を売り込む営業マンともなると、取引先にとって商品を買った時の損得感情が大きく、その判断がより厳しく、シビアなものになります。しかしながら、営業は「売るのは商品ではなくて、自分自身である」という言葉がよく言われるように取引先から見て、魅力があるように商品以上に常に自分自身やその「清潔感=誠実感」を磨きあげる必要があります。

面接において重視しているポイント

  • ※メンズリゼ調べ(2017年)

 

1-1.ヒゲが与える相手への印象

ヒゲは口周り、あごや頬などに生える毛のことを言いますが、ビジネスシーンにおいて、ヒゲを生やしているとトラブルになってしまうことがあります。業種や職種によってはヒゲに対して寛大なところもあります。
例えば、アパレル系や美容師、クリエイティブ系ならむしろ個性やおしゃれとしてヒゲを残す人も多いかと思います。

しかし営業マンにとって、ヒゲは敬遠されることが多くあります
ヒゲの濃さが不衛生・不潔・だらしないといったイメージを与えがちだからです。営業という場においてきちんと処理されている人の方が、取引相手に清潔感や爽やかな印象を与え、好印象を持ってもらいやすいのです。

1-2.営業マンのヒゲはNG

前項までにご紹介した通り、商品以上に自分を売り込まなければいけない営業という場において、ヒゲはおすすめできません。人を相手にする以上、清潔感を与えるにはヒゲがないことがベターです。
さらに、このことをしっかりと理解し、営業を行っている人がいる中で、この点をないがしろにしていると、営業の成果を上げられないだけではなく、他社や自社の競争相手に差をつけられてしまうことも事実です。

ヒゲの不潔感は名刺交換や商品の売り込み等、向い合わせになる取引相手にはどうしても目に入ってしまいます。ヒゲを処理することはもちろんのこと、営業前には生えてきてしまっていないか、剃り残しはないかを確認することが鉄則です。

 

脱毛が解決します
脱毛が解決します

2.営業マンにおけるヒゲの処理・手入れは必須項目

ここまでに営業マンにとって「清潔感」が不可欠なこと、そのために「ヒゲは処理すべき」だということを述べましたが、ヒゲが濃い場合や普段から手入れをしていない場合、剃り残しを起こしやすく、特にアゴ下は目で確認しながらの処理が難しいため、剃り残しを誘発します。剃り残しはただ生えているよりも清潔感に欠け、不快感が増します。

では、営業マンとしてどのようにヒゲを処理すれば、取引相手に清潔感のある印象を与えられるのかをこの章でご紹介します。

2-1. 清潔感を与えるヒゲ剃りの方法

取引相手に清潔感を与えるには正しい手順でヒゲを剃ることが大切です。
正しい手順でヒゲ剃りを行えば、しっかりと深剃りができ、肌への負担や痛みも軽減することができます。

2-2.面倒なら思い切ってなくす【脱毛】

営業マンのようにヒゲの処理が不可欠な場合、思い切って脱毛をすることをおすすめします。
毎朝や営業前にカミソリやシェーバーで自己処理をし続けることで、その分の時間が無駄になってしまうこと、カミソリやシェーバーを買い続けること、さらには自己処理を続けることで肌に負担がかかり、肌を傷つけ、逆に清潔感から遠のいてしまうことを考えると、脱毛をしてしまった方が費用対効果を考えても圧倒的に時間も費用もお得です。

その一番有効的な方法が、永久脱毛をすることです。永久脱毛は、医療機関でしか受けられないので、万が一、肌トラブルが起こってしまった場合も医師による迅速な対応が可能です。また、施術時に痛みを軽減するための麻酔を使用することができるので、痛みに弱い方や敏感肌の方でも安心して脱毛を受けられます。

永久脱毛にはニードル脱毛(針脱毛)と現在の一般的な方法として医療レーザー脱毛2種類あります。

医療レーザー脱毛

  • 医療レーザー脱毛とは、レーザーを皮膚に照射する脱毛法です。
    レーザーは、黒い毛に反応するので、毛根の毛を作る細胞を熱破壊し、再び毛が生えるのを止める理由から、永久脱毛効果があります。
    毛根を破壊された毛は1週間~3週間をかけて自然と抜け落ちていきます。

ニードル脱毛(針脱毛)

  • ニードル脱毛(針脱毛)は、毛を5㎜程度生やした状態で行います。
    専用の針を毛穴に直接刺し、電流を流して毛根を破壊することで毛を生えさせなくさせ、永久脱毛効果があります。

※ニードル脱毛(針脱毛)は医療レーザー脱毛に比べ、膨大な時間と価格の差がかかり、また扱っている医療機関が少ないため、現在の主流は医療レーザー脱毛です。

今回ご紹介した永久脱毛以外の方法では、ヒゲを根絶することは出来ません。
毎朝、営業前のヒゲ処理の煩わしさや、綺麗にヒゲ処理できないことに悩み、定年までヒゲ処理と付き合うくらいなら、いっそのこと永久脱毛を行った方が生涯的に多くのメリットがあります。

 

脱毛が解決します
脱毛が解決します

3.営業職でもヒゲが許される業種一覧

営業マンのヒゲに対する印象として「不潔」「不衛生」「だらしない」といったものをご紹介しました。
例えば、衛生面として清潔感を重視する食品業界や、信頼関係が欠かせない金融業界では特にヒゲは敬遠されます。
一方、一部の業界ではヒゲが受け入れられるケースもあります。そこでこの章では営業職でもヒゲが許される業種を紹介します。

・アパレル業界

・美容・理容業界

・外資系

・IT

・クリエイティブ

・芸能界

もちろん、営業マンがヒゲを生やしても許されるかは各企業の方針によって異なるため、上記の業界が必ずしも許されるというわけではありません

しかしながら、こういった業界はヒゲを1つの自己表現、個性として受け入れるケースも少なくありません

ヒゲを蓄える際の注意点

  • ヒゲが許される業界でも「きちん手入れされたヒゲ」と、「無精ヒゲや剃り残しのヒゲ」では、取引先に与える印象は大きく変わってきます。これらの業界の方々は、きちんと毎日お手入れを行い、清潔感のあるヒゲを保つ為に、時間とお金をかけてケアをしています。
    ほとんどの人が、出勤前のシェービングや、脱毛サロンや脱毛クリニックで要らないヒゲを脱毛するなどして、清潔感のあるヒゲを保つために様々な努力をしています。
    ヒゲの手入れ次第では、その個性が悪く捉えられてしまう恐れもあるので、こまめな手入れが必要です。

 

脱毛が解決します
脱毛が解決します

4.まとめ

この記事では営業マンにヒゲがないことがベターであるとご紹介しました。

その理由は以下の通りです。

・商品よりも自身を売り込まなければいけない営業マンにとって「清潔感」は重要度が高い

・ヒゲがあることで「不潔感」「不衛生」「だらしない」といった印象を取引相手に与えてしまう

上記の理由から営業マンにとってヒゲは「なし」です。
一方、ヒゲが受け入れられる業界があることも事実です。しかしながら、清潔感が最重要の営業マンにとってヒゲの有無に関わらず、ヒゲの手入れは不可欠です。

清潔感のあるヒゲを維持するために、正しいヒゲ処理や脱毛という方法もあります。自分に最適な方法を選択し、清潔感に好印象を取引相手に与えることで、成果の上げられる営業マンへの一歩を踏み出しましょう。